Recipe

パンドカンパーニュdeキッシュ

本日は卵とクリームを使って作るフランス、アルザス・ロレーヌ地方の郷土料理「キッシュ」をご紹介します。キッシュは作ってみると意外に簡単なのですが、仕事帰りに作るにはパイ生地を用意して焼くのが面倒!そんな時にはパンドカンパーニュを使えば、簡単に美味しいキッシュが完成です!

本日は卵とクリームを使って作るフランス、アルザス・ロレーヌ地方の郷土料理‛キッシュ’を、ご紹介します。キッシュは作ってみると意外に簡単なのですが、仕事帰りに作るにはパイ生地を用意して焼くのが面倒!!そんな時にはパンドカンパーニュを使えば、簡単に美味しいキッシュが完成です。ほどよい酸味と粉のうまみが豊富なパンドカンパーニュが香ばしく、キッシュの味を引き立てます。パンチのあるビールと一緒に召し上がれ♪

Recipe by 三田 純子

材料

<2個分>
パンドカンパーニュ(小)
2個
ベーコン(厚切り)
40g
タマネギ
1/4個
カマンベールチーズ
1/4個
少々
コショウ
少々
オリーブオイル
小さじ1
<アパレイユ>
2個
生クリーム
50ml
牛乳
50ml
ピザ用チーズ
40g
パルメザンチーズ
大さじ1
ナツメグ
少々
小さじ1/2
コショウ
少々

作り方

Step1

ベーコンを5㎜幅に切り、たまねぎを薄切りにする。オリーブオイルを熱したフライパンでベーコンとたまねぎがしんなりするまで炒め、塩こしょうを少々ふる。粗熱をとっておく。

Step2

それぞれのパンドカンパーニュに包丁で四角く切り目を入れ、手やフォークなどで中身をくり抜く。(アパレイユが漏れないよう、外側を厚めに残す。)

Step3

アパレイユを作る。ボウルに卵を入れほぐし、他の材料を加えよく混ぜる。Step1のベーコンとたまねぎを加え混ぜる。

Step4

Step2でくり抜いたパンドカンパーニュにカマンベールをちぎりながら入れ、Step3のアパレイユを注ぐ。

Step5

180度に温めたオーブンで25分~30分焼きできあがり。(全体を揺らし、アパレイユがゆるく動くようなら、再度オーブンで5分~10分ほど焼く。)

Point

※基本のアパレイユ(キッシュの種)の作り方さえ覚えれば、具材はお好きな物でアレンジができます。キノコ類やほうれん草など冷蔵庫にあるもので作ってみて下さい。時間がある週末にはパイ生地で作ってみても(18cmのタルト型一つ分が作れます。)。市販の冷凍パイシートを使えば手軽にキッシュが楽しめますよ♪ ※オーブンによって焼き時間・温度が異なるので調整して下さい。 ※くり抜いたパンはそのままでも美味しいですが、オーブンで一緒に焼けばまたカリッと美味しくいただけます。

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン
junko/三田 純子 フードコーディネーター

元国際線CA。結婚を機にスクールを経てフードコーディネーターへ転身。旅好き、ビール好き、体を動かすこと大好きな運動系女子。ビールを飲むと無性に道路の白線の上で側転をしたくなる~。世界一周して世界中のビールとおつまみを堪能することが夢です♪

この料理に合うビールは
リアルエール

リアルエールに合わせたいレシピ

junko/三田 純子のレシピ

おうちで一人飲みレシピ

人気レシピランキング

こちらの記事もおすすめ


ページ上部へ