記事

コンテンツ

コミュニティー

ビール女子SNS

ビール女子について

お酒は二十歳になってから。

海老と里芋の揚げしんじょ

今日は8月~12月に旬を迎える里芋を使って、『海老と里芋の揚げしんじょ』をご紹介します。里芋はたんぱく質、ビタミンB群、ビタミンCなどを豊富に含み栄養価が高いのに、食物繊維が豊富で低カロリーなんです。ビールのおつまみは揚げ物が最高だけど、揚げ物はカロリーが気になる。。。そんなビール女子にもってこい!!海老のプリッとした食感と里芋のサクッとした食感に、香ばしく揚げた衣のサクサク感が美味しい一品です♪あぁ、ビールが飲みたくなってきた~。

■こちらもチェック:『お正月にお家で食べたい12品のおつまみレシピ

材料

2個
大さじ1
小さじ2
小さじ2+適量
塩(お好みのもの)
少々
大さじ2
小さじ1
大さじ2
少々
少々
大さじ1/2

作り方

1

里芋は良く洗い泥を落としたら、熱湯で5分ほど茹で、冷水にとって手で固い外皮をむく。みじん切りにする。

2

海老は殻をむき、背わたを除く。ボウルに海老とAの塩と水を入れ混ぜ、片栗粉を加えて揉み洗いする。片栗粉が汚れてきたら、水で手早く洗い流しキッチンペーパーなどで水気をとる。包丁でかるくたたいて細かくし、Bで下味をつける。

3

ボウルにstep1とstep2を入れ、パセリ、卵白、片栗粉小さじ2を加え混ぜる。6等分ほどに分けて丸め、片栗粉を薄くまぶす。

4

揚げ油を中温に熱し、step3を入れる。表面がきつね色に色づいたら高温にし、表面をカリっとさせる。

5

すだち又はレモンを絞り、お好みの塩をつけて召し上がれ。

ポイント

※Step1の里芋の下処理をすると、固い外皮が簡単につるっとむけます。手はかゆくならないし、特徴であるぬめりやうまみも残ります。
※海老はAを使って下処理をすると臭みが抜け美味しくなります。またフードプロセッサーを使うよりも、包丁で叩いて細かくする方が、海老のプリッとした食感が残り、美味しいです。
※揚げ油の中温は160~170度くらいです。菜箸を油に入れたときに、箸全体から細かい泡が立つくらいです。高温は180~190度くらいで、菜箸を入れると勢いよく泡が出るくらいを目安にしてください。

ライター紹介

アイコン
junko/三田 純子 フードコーディネーター

元国際線CA。結婚を機にスクールを経てフードコーディネーターへ転身。旅好き、ビール好き、体を動かすこと大好きな運動系女子。ビールを飲むと無性に道路の白線の上で側転をしたくなる~。世界一周して世界中のビールとおつまみを堪能することが夢です♪

お気に入りのレシピを
シェアしよう!

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

こちらの記事もおすすめ