ピルスナー

〜性格〜

協調性があり、馴染みやすい、真面目で優等生で清純。でもどこかキラキラと輝いている、いないと寂しがられる存在。

ピルスナー(Pilsner)

1842年に現在のチェコのピルゼンで誕生した、黄金色のビール(ボヘミアンピルスナ-)。 淡色麦芽・ノーブルホップ・軟水を用いる。それを真似てもう少し色が薄く、ボディが軽くてドライなジャーマンピルスナ-が誕生し、日本の大手メーカーもお手本としたので日本人にとっても馴染み深い。

  • 味の特徴
  • 発祥国
  • チェコ
  • 発酵方法
  • 下面発酵「ラガー」
  • アルコール度数
  • 4.0〜5.0%
  • ビールの色
  • ピルスナー

世界初の金色のラガービール

世界中で飲まれるビールのうち、実に7割を占めるといわれるピルスナーは、1842年に現在のチェコのピルゼンで誕生しました。世界初の金色のラガービールと言われており、日本人がもっとも親しんできたスタイルです。

飲んでおきたい『ピルスナーウルケル』

ピルスナーの元祖とも言われる『ピルスナーウルケル』は、チェコのピルゼンでのみ醸造されているビールです。伝統的な「ハラディンカ」という注ぎ方で提供されるのが大きな特徴。伝統を守り、注ぎ手によって伝えられてきたビールは、ぜひ飲んでおきたい一品です。

ピルスナーに分類されるビール

Beerchara border

普段から飲み慣れたビールではなく、新しい刺激がほしい!と考えている貴方に、
ぜひとも飲んでほしいおすすめのビールを厳選して紹介します!

もっと見る

ピルスナーにあうレシピ

Beerchara border

思わずビールが飲みたくなる!
家飲みがもっと楽しくなる!
ビールに合うお手軽で絶品おつまみレシピをご紹介♪

もっと見る
ページ上部へ