Recipe

塩レモンの爽やかエビマヨ

今年ブームになり、もはや定番調味料の一員なのではないかという『塩レモン』。塩味のカドもとれてまろやかな味なのにレモンの酸味が効いて、さっぱりと食べれるまさにミラクル調味料ですね!今回はクリーミーなエビマヨを塩レモンでさっぱりおつまみに変身させちゃいましょう!

材料

海老(バナメイエビ)
10匹(身のみで約100g)
片栗粉
適量
適量
塩レモン
刻みの状態で小さじ1/4
塩レモン(液)
小さじ1/4
コショウ
少々
ニンニク
1/2片
ごま油
適量
<ソース>
マヨネーズ
大さじ2
ケチャップ
小さじ2
ヨーグルト
小さじ1/2
はちみつ
少々
塩レモン
刻みの状態で小さじ1/2
塩レモン(液)
小さじ1/2
レタス(飾り用)
適量(お好みで)
ノーワックスレモン
2個
50g※レモンの重量の約20%が目安です。

作り方

Step1

ソース用の材料をボウルに入れ、良く混ぜ合わせておく。海老下味用のレモンも一緒にみじんきりにしておく。

Step2

海老の殻を外し、背の中央を1/3ほど切り目を入れて包丁の刃先などで背ワタを引き抜き、海老のアクを取る(ポイント参照)。その後洗い流してペーパーで水気をよくふいておく。

Step3

海老を新しいボウルに入れ塩レモン・塩レモンの液・胡椒をかけて良くもみこむ。その後片栗粉をまぶしておく。

Step4

フライパンの底がかぶるくらいのごま油を入れ、にんにくを入れ熱する。香りがでてきたら海老を入れ中火で両面を揚げ焼きにする。焼きあがったらペーパーの上などで軽く油をきり、ソースに絡めてできあがり。

Step5

保存ビンを煮沸消毒し冷ましておく。

Step6

レモンを薄切りや串切りにし、塩、レモン、塩、レモンと順に重ねていく。冷蔵庫で1~2週間、塩が溶けてレモンの皮が柔らかくなったら出来上がり。

Point

※海老のアク抜きは海老の生臭さを取り旨味を引き出します。ひと手間ですが是非やってみてください。
ボウルに塩・片栗粉・ごく少量の水を入れた中に海老を入れ良く揉みます。灰色になってきたら、片栗粉がアクを吸収した印。洗い流したら、水気をしっかりとふき取りましょう。
※海老を焼いているうちに油の温度が上がりすぎるとにんにくがパチッと弾けてくるかも。その場合は火加減を少し弱めてください。

ひとことコメント

塩レモンは市販もされていますが簡単に仕込めるので、是非自家製を作ってみてください。エビマヨのソースにも刻み塩レモンをたっぷりいれて、酸味が効いてビールもすすみます!季節の変わり目は疲れも出る時。しっかりビタミンCもビールもチャージして、明日からも頑張りましょ♪

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン
emikohatanaka フードコーディネーター

ビール女子のおかげでビールの美味しさに目覚めた遅れてきたルーキー。元パティシエ、ヴァンドゥース。ビールとスイーツの好バッテリーを夢見る洋菓子マニアなお調子者。 料理が苦手な人も手軽に出来るおつまみを今宵もゆるりと模索中。。。

この料理に合うビールは
ベルジャンホワイト

ベルジャンホワイトに合わせたいレシピ

emikohatanakaのレシピ

おうちで一人飲みレシピ

人気レシピランキング

こちらの記事もおすすめ


ページ上部へ