Recipe

ローズマリー香る鶏もも肉のコンフィ

2015/06/22

皮はパリッとお肉はやわらか! 鶏もも肉のコンフィをお家で作ってみませんか? 今日はあっと言わせちゃうこだわり料理を食卓へ♪ 作り置きできます。

recipe by Nao

材料

2人分
・鶏もも肉骨付き2本
・ローズマリー4本
・岩塩 肉の重さの1.2%
・にんにく 適量
・オリーブオイルもしくはサラダ油 適量

付け合わせ
・じゃがいも2個
・オリーブオイル 適量
・塩、こしょう
・ベビーほうれん草
・ドレッシング(バルサミコ酢1:オリーブ油3 ※塩こしょうで味付け)

作り方

Step1

岩塩、ローズマリーを鶏肉にまぶしてラップをし、一晩置く。

Step2

一晩あけたら軽く水で流す。キッチンペーパーでしっかり水気をとる。耐熱容器に入れ、鶏肉が顔を出さないようにたっぷりと油を注ぐ。ローズマリーとにんにくも入れる。

Step3

80℃ に余熱を入れたオーブンで、2 時間〜3 時間じっくりじっくり火を入れる。竹串がすっと通るようになる。

Step4

食べるときにフライパンで皮目をぱりっと焼き上げる。
※油がはねる場合があるので注意!

Step5

付け合わせのじゃがいもは、横に 5㎜ 幅にスライスをする。フライパンにコンフィで使った油を気持ち多めに入れて、ソテーする。塩こしょうで仕上げる。

Step6

ほうれんそうを散らし、じゃがいもをのせ、ドレッシングをまわしかけ、その上に鶏をのせます。最後にローズマリーを散らして完成です。

Point

油の温度は 80~90℃ がベスト。それ以上になると肉がかたくなってしまうので気をつけて。オーブンが無い場合は、ガスコンロで鍋を火にかける方法でも作れますよ。温度計をさして温度をみながら加熱しましょう。

ひとことコメント

▼油に浸かった状態で冷蔵庫で保存すれば 1 ヶ月以上もちます。こってり系なので、さっぱりサラダと相性◎。ほぐしてサンドイッチにはさんでもおいしいです。

▼コンフィとはフランス料理で、漬け込む、というようなニュアンスがあります。油で肉類をじっくり煮るのもコンフィですが、果物の砂糖漬けもコンフィというのです。ご存知でしたか? フランス南西部でポピュラーな料理、鴨のコンフィを家庭で手に入りやすい鶏でアレンジいたしました。

ライターの紹介

アイコン
NaoMikami 料理家

大根踊りの農大で栄養を学び、よさこいにあけくれた学生生活を経て、給食の先生としてかわいい子どもたちと働く傍ら、料理を作る喜びに目覚め、料理の勉強をするために勢いで渡仏。星付きレストランで働いた後帰国して今にいたる。料理とフランスとダジャレをこよなく愛するビール女子ですボンジュール。

この料理に合うビールは
ペールエール

NaoMikamiのレシピ

もっと見る

ペールエールのレシピ

彼氏と食べたいのレシピ

今週の人気レシピ

もっと見る

SNSソーシャルアカウント

フォローしてね

ビール女子