記事

コンテンツ

コミュニティー

ビール女子SNS

ビール女子について

お酒は二十歳になってから。

Recipe

旨味を凝縮!鯛の『湯煮』

ひとつまみの塩とお湯で沸騰しないようにゆっくりと煮る『湯煮』は、魚の臭みを取り除いて中に旨味を閉じ込める調理法です。シンプルながらも最大限に魚の旨味が感じられます。ふっくらと仕上がった身はもちろん、煮汁は薄口醤油などで調味して澄まし汁へ。旨味を含んだ『昆布』も細く切って残さず召し上がれ。

Recipe by 舞子

材料

<2人分>
タイ(切り身)
2切れ(手に入れば1尾でも)
昆布
10cm
小さじ1/2
<好みで>
万能ネギ、ポン酢、醤油など
各適量
木の芽
1~2枚

作り方

Step1

タイは流水でサッと洗い、すぐにキッチンペーパーで水気をふく。鍋に昆布をひいてタイを乗せ、かぶるくらいの水と塩を入れて中火にかける。鍋の縁がほんの少し沸々してきたら弱火にし、途中アクを取りながら15~20分煮る。

Step2

フライ返しなどを使ってタイの身が崩れないように、昆布、煮汁と共に盛り付け、木の芽を飾る。刻んだ万能ネギとポン酢などお好みの調味料を添える。

Point

『沸騰させない火加減』で優しく煮込むのが最大のポイントです。

ひとことコメント

いろんな魚で試せます。お祝い事やおもてなしには、ウロコやエラ、内臓を取り除いて処理した魚を、丸ごと1尾で30~40分煮るとインパクト大!北海道の漁師さんの間ではキンキを湯煮にして、ウスターソースで食べるのが定番とか。

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン
舞子 管理栄養士

「食べちゃダメ」ではなく、「食べるためにどうするか」を提案することをモットーとしたビール好き管理栄養士。約10年の病院勤務を経て、現在は食育セミナーやレシピ提案など気ままに活動中。

この料理に合うビールは
バーレイワイン

バーレイワインに合わせたいレシピ

舞子のレシピ

人気レシピランキング

こちらの記事もおすすめ


いいね!