Recipe

塩麹の鶏から揚げ~ネギソースがけ~

2014/09/29
から揚げを塩麹を使って柔らかくジューシーに、またネギソースでさっぱりと香ばしく仕上げました。塩麹で鶏肉を漬けるとデンプンやタンパク質を分解して、旨味や甘味を引き出し美味しく柔らかくなります。

香ばしくカリッと揚げたから揚げは、ビールのおつまみに外せないですね。そんなから揚げを塩麹を使って柔らかくジューシーに、またネギソースでさっぱりと香ばしく仕上げました。塩麹で鶏肉を漬けるとデンプンやタンパク質を分解して、旨味や甘味を引き出し美味しく柔らかくなります。塩麹には美味しくなるだけでなく、乳酸菌の効果で便秘解消、ビタミンB群が体の代謝を高め美肌効果やアンチエイジングの効果もあるそう。美味しいビールを飲みながらから揚げを食べて、きれいにまでなれたらなんて幸せ!さっそくビールと一緒にいただきましょう♪

材料

・鶏もも肉 2枚

☆塩麹 大さじ2
☆にんにく(すりおろし) 1/2片
☆しょうが(すりおろし) 1/2片
☆しょうゆ 小さじ1
☆こしょう 少々

・卵 1個
・薄力粉 大さじ2
・片栗粉 大さじ2
・サラダ油(揚げ油) 適量

作り方

Step1

鶏もも肉の余分な脂を取り除き、ひと口大に切り分ける。ビニールに鶏肉を入れ、塩麹を入れ良くもみ込む。残りの☆を加えてよく混ぜ、30分ほど冷蔵庫に入れ下味をつける。

Step2

ネギソースを作る。ネギをみじん切りにし、ネギソースの材料を全て混ぜ合わせる。

Step3

下味のついた鶏肉をバットなどに移し、溶いた卵をからめ、次に薄力粉を加えてもみ込む。揚げる直前に片栗粉をまぶす。

Step4

サラダ油をフライパンの底から1cmほど入れ、中火で熱する。中温になったら鶏肉を1切れずつ入れて、ときどき上下を返しながら4分ほどかけて揚げ、いったん油から上げる。油の温度を高温に上げ、から揚げを戻し入れる。1分ほどでこんがりと揚がったら、網を敷いたバットなどに取り出し、油を切る。

Step5

熱々のから揚げにStep2のネギソースをかけて召し上がれ。

Point

※揚げ油の中温は160~170度くらいです。菜箸を油に入れたときに、箸全体から細かい泡が立つくらいです。高温は180~190度くらいで、菜箸を入れると勢いよく泡が出るくらいを目安にしてください。
※から揚げを揚げる時は最初中温でじっくりと。一度油から上げている間も余熱で中まで火が通ります。最後に高温で二度揚げすることが、カリッとジューシーに揚げるコツです。

ひとことコメント

から揚げはネギソースをかけなくても美味です。揚げたままのから揚げとネギソースをかけたから揚げ2種類用意すれば、もう箸が止まりません!!

LINE@

ライターの紹介

アイコン
junko/三田 純子 フードコーディネーター

元国際線CA。結婚を機にスクールを経てフードコーディネーターへ転身。旅好き、ビール好き、体を動かすこと大好きな運動系女子。ビールを飲むと無性に道路の白線の上で側転をしたくなる~。世界一周して世界中のビールとおつまみを堪能することが夢です♪

この料理に合うビールは
ピルスナー

junko/三田 純子のレシピ

もっと見る

ピルスナーのレシピ

彼氏と食べたいのレシピ

今週の人気レシピ