beergirl's style Column キリンのクラフト第二弾『Willy』と味わうおうちパーティとは?

2014/09/03

ビールが好きな女性に向けて、ビールを楽しむ様々なシーンを提案する、“beergirl Style♡”。

今回は、先日キリンビール株式会社のECサイト「DRINKS」にて予約が開始され、10月に順次送付予定のキリンのクラフトビールプロジェクト第2弾、『SPRING VALLEY Willy』を一足お先に頂きながら、ビール女子的!“ビールで楽しむおうちパーティ”をご紹介します。

 

キリン SPRING VALLEY Willy

 

おうちでのホームパーティ。気の知れたお友達を呼んで、休日の昼間に楽しむビールは本当に美味しいですよね。でも、ちょっと準備が面倒・・・、おうちでやるのにいろいろ揃えなくちゃいけなくて、結局お金かかりそう・・・。

そんなホームパーティもビール女子的にアレンジして、楽しく、美味しく、そして経済的に!ということで、ポイントを押さえるべく、ホームパーティはお手の物!ビール女子フ―ドコーディネーターチームのおうちビール女子会に潜入してきました♪

 

 

 

 ビール女子的!ホームパーティー三カ条とは?


 

 1. おうちにあるグラスを数種類用意

実はグラスによっても味わいや香りが変わるのはワインばかりではありません。グラスの形や薄さで楽しむと話題もぐっと広がります。人数分のグラスが揃っていなくても、よくあるビール用のグラスではなくても、ワイングラスなど大小いろいろと出してみて、いくつか種類があると好みのグラスをゲストが選んで使えます。

おうちなんだから、全てをきれいに揃えなくても、ゲストが自分好みにカスタマイズして楽しめるのでOK!気軽に行きましょ、気軽にね♪

 

ホームパーティ グラス

 

 

2. ちょっとした工夫でプチプラグッズをフル活用♪

この日、きれいにセッティングされていたテーブルグッズはプチプラグッズをうま~く活用していました♪ 日常生活の中で発見した布地やランチョンマットをテーブルサイズにちょうどよい長さでカットして端っこをチクチクっと縫ってしまうことで、あたかもレストランのようなセッティングに♡

ビール女子 ホームパーティ

 

3.ちょっとだけ特別なビールを用意!

せっかくおうちで飲むのだから、話題性のあるビールを持ち寄ると会話も弾みます。事前に持ち寄るものを決めておくのが被らなくてスマートですが、多くの場合、お料理はホストが用意してくれることも多いので、ゲストはビールを持って行きましょう!今回持って行ったのはキリンビールのクラフトビールプロジェクト第二弾『SPRING VALLEY Willy』を編集部から持参。ラベルこそ入っていませんが、確かにキリンの『SPRING VALLEY Willy』です。

 

キリン SPRING VALLEY

 

 


キリンのクラフトビールプロジェクト『SPRING VALLEY BREWERY』


キリンビール株式会社が“ビールを新しく、面白く。ワクワクするビールの未来を提案”をテーマに、象徴的なブランドとして立ち上げた『SPRING VALLEY BREWERY』プロジェクト。自然と共存したイノベーティブなものづくりを行うクラフトビールブランドとし、ブルワリー併設店舗およびキリン社で運営するオンラインショップで、今までにないビール体験を提供するとのこと。また、これからの時代に向けた食のあり方やライフスタイルを提案し、お客様に「知る楽しさ」と「選ぶ楽しさ」を提供することで、ビール離れが進むと言われている若年層にとっても、ビールをもっと魅力的なカテゴリーにしていきたい、というプロジェクトの概要を7月16日(水)に発表。7月31日(木)に第一弾『496』が発売され、大きな反響とともに5日で完売。この8月27日(水)には第二弾商品『Willy』が予約開始されている。


 

 

いざ、話題のビールを試飲してみました


キリンビールの提案する“ワクワクするビールの未来”とは、どんなところにあるのか?ビール女子的にもワクワク。ビール女子フードコーディネーターチームでは今回、ホームパーティでのお料理とともにいただきました。

今回の『Willy』は来年展開する同ブランドのピルスナータイプのビール、『SPRING VALLEY BREWERY Copeland』のプロトタイプ品。麦芽の旨味と甘味、アロマホップの上質な香りと苦味が複雑に調和した、ピルスナータイプの無濾過ビールで、一杯目だけではなく、他のビールを楽しんだ後にもまた飲みたくなるビールとのこと。

 

 

キリン スプリングバレー

 

どれどれ、といただいてみるフードコーディネーターチームの面々の感想は・・・

「フルーティーな香りで飲みやすい」

「苦みもあるけど、嫌な感じがない」

「クラフトビール初心者の方にも入りやすいのでは?」

などなど。

 

そして、当日用意された食事が進むと、「後に抜けるビールの酸味がその日の食事と合って非常にさわやかな印象」という声も!

 

そのお料理のメニューとは・・・

〇ビールがすすむ!えだまめ台湾風

〇アボカドとクレソンのクリームチーズサラダ

〇ヒラメのはちみつオレンジソース

〇鶏肉とパプリカの煮込み

〇バターナッツパンプキンのニョッキ~豆乳ソース~

〇梨のスパイシーブラウニー

 

と、見た目にも華やかで、かつ、今回試飲した『Willy』のアロマホップの上質な香りに合うのでは??と考えられたメニュー。

特に今回のメニューで『Willy』と合う、と好評だったのは「アボカドとクレソンのクリームチーズサラダ」と、「ヒラメのオレンジソース」。両方のお料理に使われている柑橘と『Willy』のフルーティな感じが掛け算されて口の中に爽やか~な風が。

どれもとっても難しいレシピはなく、一般家庭のキッチンで実践しやすいメニューです。ポイントを押さえるだけで簡単に美しくできる“おもてなし”メニューでお友達を呼んだ、“ビール女子的ホームパーティ”も良いのではないでしょうか?

 

それぞれの詳しいレシピは順次ビール女子Kitchenで公開予定ですので乞うご期待!!

すでに掲載中のレシピにも、おうちで気軽に作れるもてなしメニューが多数公開中ですのでチェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

LINE@

ライターの紹介

アイコン
yucco/ 瀬尾 裕樹子 アドバイザー

某ブルワリーでの勤務経験をきっかけにビール女子を創刊。ビールの多様性を楽しむビール文化を日本に根付かせるため日々奮闘中。

新着記事

今週の人気ランキング