記事

コンテンツ

コミュニティー

ビール女子SNS

ビール女子について

お酒は二十歳になってから。

Bar 【随時更新】クラフトビールが飲める新宿の編集部おすすめビアバー17選

2023/08/18

日本を代表する繁華街、新宿

ひとくちに新宿といっても、エリアによってまったく雰囲気が変わるところがこの街の魅力です。新宿と聞いて、まっさきに歌舞伎町を思い浮かべる人もいれば、新宿西口エリアのオフィスビルや思い出横丁、新宿御苑を挙げる人もいるでしょう。

(写真:Unsplash by Chris Yang
そんな新宿にはビールを楽しめるスポットもたくさん。新宿の街と同じく、お店のエリアに沿った雰囲気のお店もあれば、この場所にこんな空間が?と驚くお店も。

ぜひ2軒、3軒とハシゴしてその違いを楽しんでみてくださいね。


ビア&カフェBERG(ベルク)


最初に紹介するのは、JR新宿駅東口改札から徒歩15秒、ルミネエスト新宿店の地下1階にある「ビア&カフェBERG(ベルク)」。喫茶時代から40年以上に渡り営業を続けている、歴史ある老舗。「新宿のビール屋さんといえば?」という問いに対して、最初に名前が上がることも多いほどの有名店です。

幅広い客層に愛されるこの店には、マダム達、デート中の若きカップル、一人でサクッと立ち飲みをする背広の紳士など、様々な人が行き交います。


営業時間は7時~23時。モーニングにはトーストとコーヒー、ランチならカレーセット。カフェタイムにはパティシエのスイーツやオリジナルデザートなど。立ち飲みにはホットドッグとビールなど、食事の楽しみ方もさまざまです。ソーセージやハム、焼き菓子などが並ぶレジ前のショーケースもワクワクするラインナップ。テイクアウトもできます。

ビールは、『エーデルピルス』や『サッポロ生ビール 黒ラベル』などのほかに、クラフトビールもラインナップ。深みのある喫茶店の雰囲気の中で味わうビールは、至福そのものです。


おすすめビール『ハレヤマ』(ベルク×ベアードビール)

静岡県のブルワリー・ベアードビールとベルクがコラボして醸造したオリジナルビール「ハレヤマ」。ビアスタイルはセッションIPAで、最初の一口からすぐに爽快な苦みがグッとやってきて、温度が上がるにつれてほのかに味わい深いホップや麦の甘みも顔を出してきます。飲みやすくてスルスル喉を通るのに、舌に残る印象は深みがある。

好きなドリンクをスッと飲んで、好きなフードをパッとつまんで、サクッと過ごして帰る。そんな過ごし方が醍醐味な、ベルクにぴったりの1杯です。


おすすめ料理「ベルクドッグ」

温かくてふわふわなパンに、肉の旨みが詰まったシンプルなソーセージを挟んでいただく「ベルクドッグ」は、このシンプルさがたまらない。素朴な優しさ・おいしさが詰まった、心をくすぐられる1品です。マスタードとケチャップはお好みで入れてもらえます。

 ビア&カフェBERG(ベルク)

〇住所:東京都新宿区新宿3-38-1 ルミネエスト新宿店 B1F
〇交通:JR新宿駅東口改札から徒歩15秒
〇TEL:03-3226-1288
〇営業時間:7:00~23:00 (L.O.22:30)
〇定休日:なし
〇HP:http://www.berg.jp/index.htm
〇Instagram:https://www.instagram.com/berg_shinjuku_tokyo
■関連記事:女子が「ビア&カフェBERG(ベルク)」でカレーを食べる時は。


ワイワイジーブルワリー&ビアキッチン


都心の閑静な住宅街に突如現れる醸造所「ワイワイジーブルワリー&ビアキッチン(以下、Y.Y.G.)」。京王新線・新宿駅から徒歩3分の場所にあります。

ビルの中の、1階と7階がY.Y.G.。1階にはカウンターや背の高いテーブル、そしてテラス席があります。ガラス張りの工場の中にはステンレスの大きなタンクが並び、併設するバーでは職人の方たちが作る高品質でクリエイティブなビールを世界一新鮮な状態で楽しむことができます。



対して7階には、さらにゆったり食事を楽しめる空間が広がっています。平日には仕事帰りのグループが多く、休日はお昼から営業しているのでカップルやおひとり様、外国人などで賑わいます。


新宿の景色と青空が大きな窓ガラスから見える、おしゃれで最高なロケーションなので、ちょっと背伸びをしたい時のデートにもおすすめ。


おすすめビール『新宿ペールエール』(Y.Y.G. BREWERY)
新宿ペールエールは右から2番目
定番ビールのひとつ「新宿ペールエール」。優しい清涼感にシトラスフレーバーが特徴で飲み心地の良い一杯です。定番ビールだからこそ、いつでも楽しめるような苦みや香りのバランスを重視しているそう。その他のビールにも、“代々木”など縁のある地名がビール名に採用されていたりと、飲んでいてワクワクします。


おすすめ料理「大山地鶏のフライドチキン」

ビールと共に、仲間と一緒に楽しめるようなシェアスタイルのフードを提供している、Y.Y.G.。おすすめフードは、「大山地鶏のフライドチキン」。新鮮な素材にこだわった、メリハリのある味わいなのでビールとの相性も抜群です!

 ワイワイジーブルワリー&ビアキッチン

〇住所:東京都渋谷区代々木2-18-3 1F・7F
〇交通:京王新線 新宿駅から徒歩3分
〇TEL:03-6276-5550
〇営業時間:
【火~金】17:00~23:30
【土】12:00~23:30
【日祝】12:00~22:00
〇定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)
〇HP:http://www.yygbrewery.com/
〇Instagram:https://www.instagram.com/y.y.g.brewery_and_beer_kitchen/

ブラッセルズビアプロジェクト新宿


“クリエイティブ”と“クラフト”にこだわるベルギーの醸造所「ブラッセルズビアプロジェクト」。都営新宿駅・6番出口から徒歩1分の場所にある「ブラッセルズビアプロジェクト新宿」は、その世界初出店となる店舗です。

1Fはタップルーム、2Fにはゆったりとした座席がある隠れ家風バルで、カップルやお友だち同士、会社の飲み会などで気軽に利用することができます。


日本のクラフトビールシーンを盛り上げるべく、ベルギー直輸入クラフトビールはもちろんのこと、世界中から日本まで厳選したゲストビールをラインナップ。ここでしか味わえない味と時間を堪能することができます。

店名にもなっている「ブラッセルズ・ビアプロジェクト」のビールは、都内随一と言える品ぞろえ。その他にも、ホップの苦味と豊かな香りが堪能できる、ベルギーを代表する『セゾン・デュポン』をはじめ、作り手の想いがふんだんに詰まったベルギー直輸入ビールと個性あふれるクラフトビールが揃います。


おすすめビール『Wunder Lager』(ブラッセルズ ビア プロジェクト)
(Wunder Lagerは写真右から2番目)
低アルコールながらリッチなアロマと味わいを目指したホッピーラガー。淡いペールイエローで、オレンジやパイナップルを思わせる爽快なホップアロマと軽快な飲み口が喉の渇きを癒してくれます。


おすすめ料理「ローディットポテト」

フライドポテトの上に盛りつけられた色鮮やかな具材が目を引く「ローディットポテト」は、ビールにもワインにもよく合います。BBQソースの味わい、キノコの酸味、サムライソースがオールジャンルのドリンクにぴったり!

 ブラッセルズビアプロジェクト新宿

〇住所:東京都渋谷区代々木2-20-16
〇交通:都営新宿駅6番出口から徒歩1分
〇TEL:050-5570-4649
〇営業時間:
【平日】17:00~23:00(L.O. 22:30)
【土日祝】11:30~23:00(L.O. 22:30)
〇定休日:なし
〇Instagram:https://www.instagram.com/bbp_shinjuku/

プティデリリウム タップ カフェ 新宿サザンテラス店


JR代々木駅北口から徒歩5分、新宿サザンテラス内にある「プティデリリウム タップ カフェ」。かわいいピンクのネオンが目印です。

新宿では珍しいオープンエアのテラス席が完備されているので、夏はビアガーデンコースもオススメです。ベルギーから買い付けたインテリアやシャンデリアも見どころの一つ。


自慢は、直輸入樽生ベルギービール12種類50種類以上のボトルビール。キリリと冷えたビールを専用グラスで楽しむことができます。

カクテルも幅広く用意されていたり、甘いフルーツビールも多数提供したりしているので、ビールが苦手な人が一緒でも安心。むしろ「ビールっておいしいかも…!」とビール沼にハマらせるきっかけになるかも。ちなみに、代々木駅や新宿駅からのアクセスが良く、カフェだけの利用もokです。


おすすめビール『デリリウムトレメンス』(ヒューグ醸造所)

ビールの名前である「デリリウムトレメンス」とは、「アルコール中毒による幻覚症状」という意味。8.5%と高アルコールながらも、ついつい飲みやすい口当たりなので、気づいたら酔っ払って目の前にピンクの象やドラゴンやワニが現れる…という作り話から名づけられました。ビアスタイルはゴールデンエール。力強いボディながらも、滑らかでうっとりするような味わいです。


おすすめ料理「牛ハラミ、四万十ポーク、大山鶏盛り合わせ」


岩手県産黒毛和牛『門崎熟成肉』、半頭買い高知県産『四万十ポーク』、銘柄鶏『大山鶏』と、お肉3種の食べ比べを楽しめる欲張りな盛り合わせ。お肉は柔らかく、肉のうまみがしっかりしているので、塩をつけるだけでおいしい。どんなビールにも合う、最強コンボです。

 プティデリリウム タップ カフェ 新宿サザンテラス店

〇住所:東京都渋谷区代々木2-2-1 新宿サザンテラス内
〇交通:JR代々木駅北口から徒歩5分
〇TEL:050-5592-5195
〇営業時間:11:00~23:00
〇定休日:なし
〇Instagram:https://www.instagram.com/petitdelirium/

麦ノ音


西武新宿駅・正面口から徒歩約4分の場所にある「麦ノ音」。“洗練されたセレクトを歌舞伎町でも”をコンセプトに、繁華街のイメージとは一変して、穏やかで心地のいいムードを放つクラフトビールとナチュラルワインのお店です。


まるでセレクトショップかのような個性的なセレクトが魅力で、国産にこだわった6タップのストイックなクラフトビールと、一本一本丁寧に選んだナチュラルワインはどことなくエッジが効いたラインナップとなっています。


営業時間が17時~29時(=朝の5時!)までと長いため、食事を目的に来店する人や、深夜にお酒を楽しみに来る人など、ゆっくり落ち着いた時間を過ごしたいときにも好まれるのだとか。カウンター席ではスタッフと会話を楽しみたい常連さんの姿も。また、店内は広いので大人数での利用にもぴったりです。

タップは「ヨロッコビール」「反射炉ビヤ」「奈良醸造」「HINO BREWING」「BE EASY BREWING」「福岡クラフト」「Devil Craft 」「2nd Story Ale Works」「NOMCRAFT BREWING」など、人気のブルワリーが様々。缶では海外のクラフトビールを提供しています。


おすすめビールは、その日の気分に合わせてスタッフに聞いてみてください」とのこと。料理や、シチュエーション、変わった一杯から外せないビールまで、提案してくれますよ。


おすすめ料理「朝〆ハツと砂肝のスパイシーソテー」


おつまみのおすすめは「朝〆ハツと砂肝のスパイシーソテー」。朝〆の鶏から取れる新鮮なハツと砂肝を使用しているため、ふっくらコリコリとした食感に。ピリッとスパイシーな味で、レモンなどを絞ると爽やかな味わいに変化します。IPAなどガツンとしたビールと相性抜群!

 麦ノ音

〇住所:東京都新宿区歌舞伎町1-12-15 新宿第7ビル B1
〇交通:西武新宿駅 正面口から徒歩約4分
〇TEL:03-6273-9541
〇営業時間:17:00~29:00
〇定休日:なし
〇HP:https://mugioto.com/
〇Instagram:https://www.instagram.com/mugino_oto/

EXBAR TOKYO plus


JR新宿駅・東南改札から徒歩3分の場所にある「EXBAR TOKYO plus」。なんと、ゲームやエンタメ施設で名を馳せる株式会社タイトーが手がける、アメリカンスタイルのアミューズメントバー。ゲームセンターの中にあるバーコーナーで、お酒を飲みながらゲームやスポーツ観戦を楽しめます。


0次会や2次会のちょい飲みにぴったりで、ダーツなどのアーケードゲームをしながらビールを楽しむ人が多いそう。



こだわりは、自社開発のオリジナルセルフビールサーバー12タップ。ガソリンスタンドのように、好きなビールを好きな量だけ注ぐことのできるシステムは遊び心とエンタメ性に溢れていて、飲む以外の体験ができてとっても楽しい!10種類のクラフトビールとハイボール、シードルなどが楽しめます。



おすすめビール『トラッズエール』(TT brewery)

リンゴ果汁を加えたフルーツビール「トラッズエール」は、甘くさわやかな風味で、何杯でも飲みたくなる味わい。EXBAR TOKYO plusでしか飲めないオリジナルビールです。


おすすめ料理「EXBARホットドッグ」


香りの豊かさが食欲をそそる、オリジナルのハーブソーセージを使ったホットドッグ。サイズが大きく食べ応えもあるので、お店で一番人気の一品。ビール片手に思いっきりかぶりつきましょう!

 EXBAR TOKYO plus

〇住所:東京都新宿区新宿3-35-8 ワールドビル B1F
〇交通:JR新宿駅 東南改札から徒歩3分
〇TEL:050-5571-6408
〇営業時間:10:00~1:00(L.O. 23:00)
〇定休日:なし
〇HP:https://exbar.jp/index.html
〇Instagram:https://www.instagram.com/exbartokyo/

ビール工房 新宿


東京を中心に展開する「ビール工房」。2017年に8号店目として、新宿野村ビル地下2階に「ビール工房 新宿」がオープンしました。西新宿駅2番出口から徒歩4分のところにあります。


東京・西新宿の高層ビル群という大都会のど真ん中で、できたてのオリジナルビール飲むことができるのは大きな魅力。常時10タップのビールが提供されています。



オフィスビルということもあり、平日の店内は会社員で賑わっています。「新宿 クラフトビール」で検索して来店している人も多数。老若男女問わず利用しやすいお店です。


おすすめビール『新宿野村ビール』(ビール工房新宿)


おすすめは、お店の醸造所で造ったオリジナルの「新宿野村ビール」。お店が入っているビル「新宿野村ビル」が由来です。“ビル”が“ビール”に。遊び心あるネーミングに思わずクスっと笑みがこぼれます。生のオレンジを使用した爽やかなフルーツエールで爽快な味わいなので、いつでも一杯目に最適なビールです。



おすすめ料理「厳選ソーセージ盛り合わせ」


パリッとした食感の「ブロッシェン」、ピリ辛の「チョリソー」、風味豊かな「ハーブ」「ペッパー」「カレー」のソーセージ5種盛り合わせ。味のバリエーションが豊かなメニューなので、様々なビールのお供にぜひ!

 ビール工房 新宿

〇住所:東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビ ル B2F
〇交通:西新宿駅2番出口から徒歩4分
〇TEL:050-5595-8547
〇営業時間:
【平日】15:00~22:30
【土】12:00~21:00
〇定休日:日祝
〇HP:https://beerkobo-shinjuku.favy.jp/
〇Instagram:https://www.instagram.com/beerkobo_shinjuku/

Draft Pub Bevvy


  1. 新宿駅南口から徒歩5分の場所にある「Draft Pub Bevvy」。大型アメリカンスタイルフードホール「FOOD HALL BLAST!TOKYO」の2階にあります。


  2. “Bevvy”とは、英語のスラングでビールという意味があり、カジュアルにビールを楽しんでほしいという思いを込めてつけられたそう。



国内クラフトビールを中心に、タイプ別で厳選したビールを常時10種類提供フードホールという特性上、色々な店舗からフードを自由に選ぶことができるのもうれしいポイントです。石窯焼きの本格ピザ、カリフォルニア発のタコス、プラントベースフードの専門店などが軒を連ねています。


平日は外国人の利用が多く、週末になるとサラリーマンや大人数で訪れる人も多いのだとか。



おすすめビール『流氷ドラフト』(網走ビール)


北海道・網走の流氷を仕込み水に使用し、クチナシの色素でオホーツク海をイメージした鮮やかな青色をしたキャッチーなビール。苦み抑えめのフルーティーですっきりとした飲み口で、青いビジュアルに少しピックリしてしまうかもしれませんが、見た目どおりさっぱりとしていて1杯目におすすめです!



おすすめ料理「ハードコーンタコス」


惜しまれつつ一度終了してしまったものの、たくさんの復活の声があり再販したという「ハードコーンタコス」。具材はスパイシーポーク、チキン、ビーフ、照り焼きチキン、V2ミート(大豆ミート)から選ぶことができます。パリパリに揚げたコーントルティーヤに熱々のお肉と野菜やサルサを入れた、ヘルシーでビールによく合う一品。

 Draft Pub Bevvy

〇住所:東京都渋谷区代々木2-7-2
〇交通:新宿駅南口から徒歩5分
〇TEL:03-6300-6197
〇営業時間:
【月~金】17:00~23:00(L.O.22:30)
【土】12:00~23:00(L.O.22:30)
【日祝】12:00~21:00(L.O.20:30)※大型連休等で変更あり
〇定休日:なし
〇HP:https://foodhall-blast.jp/

GARDEN HOUSE Shinjuku


新宿三丁目駅 E6番出口から徒歩2分、NEWoMan SHINJUKU4階にある「GARDEN HOUSE Shinjuku」。鎌倉店に次ぐ2号店としてオープンしました。

鎌倉のGARDEN HOUSEのコンセプトである”Season-inspired”と”Fine-crafts”はそのままに、季節の食材を使用した手作りの料理と国産クラフトビールやオーガニックワインを提供しています。店頭ではシーズンに合わせてセレクトされたライフスタイルグッズも販売。


洗練されたおしゃれで落ち着く雰囲気で、20代〜30代女性の利用も多く、記念日やカップルのデートで利用する人も。平日ランチタイムは、お子様連れの利用も多いそう。



おすすめビール『ガーデンハウス アルト』(鎌倉ビール)

ガーデンハウス アルトは写真中央

おすすめビールは、GARDEN HOUSEと鎌倉ビールのコラボレーションによって生まれた「ガーデンハウス アルト」。苦みが少なく穏やかなコクが広がるアンバーエールで、食事とも合う1杯です。



おすすめ料理「GHハウスステーキ 短角牛サーロイン200g /クラッシュポテト・セージ・レモン」


岩手県産の短角牛を使用したガーデンハウス定番のステーキ。赤身にきめ細かいサシの入った、柔らかく旨味たっぷりの良質なお肉を、絶妙な焼き加減にこだわって仕上げています。付け合わせには、小芋のフリットを添えられています。特製のエシャロットソースで召し上がれ。

 GARDEN HOUSE Shinjuku

〇住所:東京都新宿区新宿 4-1-6 NEWoMan SHINJUKU 4F
〇交通:新宿三丁目駅 E6番出口から徒歩2分
〇TEL:050-5597-8586
〇営業時間:11:00~21:00
〇定休日:施設の休業日に準じる
〇HP:https://ghghgh.jp/blogs/shoplist/garden-house-shinjuku
〇Instagram:https://www.instagram.com/garden_house_shinjuku/

ベクタービア新宿御苑前駅店


新宿御苑前駅から徒歩3分の場所にある、「ベクタービア新宿御苑前駅店」。少しでもクラフトビールに興味を持ってもらいたいという想いから、「クラフトビールが気になっているけど、まだ飲んだことのなくて、色々試してみたい」という人でも気軽に楽しめるよう、生ビールをサイズごとの均一価格で提供しています。

ブルワリーの直営店なので、他では飲めないオリジナルのクラフトビールなどを楽しむことができ、フードは牛タンをはじめとした、クラフトビールに合う様々なお肉料理を楽しむことができます。


近隣に勤めている人や、周辺の住人、カップルなど少人数でも利用しやすい雰囲気。テラス席もあるので、新宿御苑の観光客も多く訪れるそう。



おすすめビール『ねこぱんち』(ベクターブルーイング)

“猫パンチ”みたいに、カワイイけどしっかり強い力加減の苦味がコンセプトのWheatPaleAle。ウィートモルトを使うことで、口当たりは優しく、カラーはリッチな黄金色に。ホップも贅沢につかうことで、“猫パンチ”を表現しています。


おすすめ料理「炭火焼牛タンステーキ」

おすすめのフードは「炭火焼牛タンステーキ」。備長炭でやくことで牛タンの表面はカリっと香ばしく、厚めにカットすることで肉感をしっかりと感じることができます。OPEN当初からの人気メニューで、来店時はぜひ食べていただきたい逸品です。

 ベクタービア新宿御苑前駅店

〇住所:東京都新宿区新宿1-36-5 新宿ホテルパークイン 1F
〇交通:新宿御苑前駅から徒歩3分
〇TEL:03-6380-0742
〇営業時間:
【火~金】17:00~23:30
【土日祝】15:00~22:30
〇定休日:月曜日
〇HP:https://lifeart-navi.com/locations/vectorbeer-shinjuku/
〇Instagram:https://www.instagram.com/vectorbeer/

ベクターブルーイング新宿醸造所


1つ前に紹介した、「ベクタービア新宿御苑前駅店」の系列店である「ベクターブルーイング新宿醸造所」。新宿御苑前駅から徒歩3分の場所にあります。こちらでは、醸造所以外のスペースを飲食店「Taproom PHERMENT」が間借り営業しています。


ビール好きだけでなく、色々な人がゆっくり楽しめる空間にしたいという想いが込められた店内には、外国人観光客や、周辺の住人、仕事帰りの人が多く訪れます。


「Taproom PHERMENT」は、自前の醸造設備を持たない“ファントムブリュワー”として「ベクターブルーイング新宿醸造所」で醸造。飲みやすく、かつホップの香りに重点をおいたIPAを定番とし、限定ではマンゴーやラズベリーを使った遊びのある様々なスタイルのビールも提供しています。タップは限定を含めて5種類をラインナップ。


おすすめビール『WestCoast』(PHERMENT)

柑橘とほのかに松の香りが感じられるIPA。モルト感とホップの香りのバランスがとれているオールドスクールなアメリカのIPAをイメージしたといい、程よい苦味もありゴクゴク飲みやすい一杯です。


おすすめ料理「ハンバーガー」

牛100%を使用した、ステーキのような食感のパティが魅力のハンバーガー。オリジナルのスパイスは、牛の旨みを引き出すように複数のスパイスを調合し、ジューシーかつスパイシーな仕上がりになっています。

 ベクターブルーイング新宿醸造所

〇住所:東京都新宿区新宿1丁目36-7 川本ビル 1F
〇交通:新宿御苑前駅から徒歩3分
〇TEL:03-5315-4744
〇営業時間:
【平日】11:30~15:00、17:00~23:00
【土】11:30~23:00
【日祝】11:30~22:00
〇定休日:不定休
〇HP:https://vectorbrewing.co.jp/
〇Instagram:https://www.instagram.com/vectorbrewing_shinjuku/

HIGHBURY -THE HOME OF BEER-


新宿御苑にある英国式のビアパブ「HIGHBURY -THE HOME OF BEER-」。丸の内線「新宿御苑前駅」から徒歩2分の場所にあります。

魅力に溢れるハイバリーですが、大きな魅力の1つに、ハイバリーオリジナルブランド「GUNNERS BREWING」のカスクエールが置かれていることがあります。

カスクコンディションとは、醸造所から未完成の状態で出荷されたビールを、店内のセラーで製品の状態に仕上げること。カスクコンディションされたエールビール(上面発酵ビール)のことを、“カスクエール”や“リアルエール”と呼びます。


店内正面に注文カウンターがあり、座席はテーブル席、ハイテーブル席など全30席。スタンディング利用のバーカウンターもあり、ひとりでも気軽に利用できます。右手奥の大きな冷蔵室には、輸入ビールやカスクコンディションエールが置かれていて、飲みながら眺めることもできるのが楽しい。


おすすめビール『上面水如 Ver.4(HIGHBURY)』

おすすめはオリジナルカスクエール『上面水如 Ver.4(じょうめんみずのごとし)』。透き通った麦わら色で、すっきりとした味わいながらも、麦やホップの味わいがあります。ビールに溶け込んでいる炭酸ガスの量が少ないので、ビール自体の味わいがわかりやすく、飲み終わる前からおかわりしたくなる1杯です。


おすすめ料理「HIGHBURYフライドポテト」

「シューストリングポテト(細切りのポテト)」「茨城県産サツマイモのスライスチップス」「子じゃが」と、3種のポテトが一皿で味わえるメニュー。揚げたてのポテトとビールの相性は抜群です!

 HIGHBURY -THE HOME OF BEER-

〇住所:東京都新宿区新宿1-17-5 1F
〇交通:新宿御苑前駅2出口から徒歩2分
〇TEL:03-6273-2550
〇営業時間:
【月~金】17:00~24:00
【土・日】15:00~23:00
〇定休日:祝日の翌日(ただし、金土日の場合は営業)
〇HP:http://highbury-international.com/
■詳細記事:テーマは、ビールで世界を表現すること。熱い店主が待つ新宿御苑の英国式ビアパブに行ってきた


ISETAN CRAFT BEER BAR


2023年、伊勢丹新宿店本館地下1階 粋の座(和特選)・和酒コーナーにオープンした「ISETAN CRAFT BEER BAR」。主に、テイスティングバーとビール売場の2つのエリアに分かれています。

バーは毎日15時からオープンで、様々なブルワリーの樽生ビール3種類を提供。ブルワリーは週替わりなので、毎週通うたびに違うビールに出会うことができます。ビールを入れて持ち運べる容器「グラウラー」での量り売り販売も実施されているので、家やアウトドアでも樽生ビールを楽しむことができます。


さらに、バーの奥には缶や瓶でのビール売り場が。約220種にもなるクラフトビールがずらっと並びます。どれにするか悩んでしまいそうですが、お酒に詳しいスタッフさんが常にいるので、気になったら気軽に質問してみてくださいね。


おすすめビール『ルプリンネクター~綾織~ayaori(Y. MARKET BREWING)』

伊勢丹新宿店限定のオリジナルビール『ルプリンネクター~綾織~ayaori』。名古屋のブルワリー「Y.MARKET BREWING」で一番人気のビール『ルプリンネクター』をベースに、苺を連想させるような味わいに仕上げたとのこと。伊勢丹新宿店を通じて人と人、文化が交わるようにとの想いで「綾織」と名付けられたそう。



また、バーの脇には、百貨店ならではのおつまみ・珍味などのちょっとしたフードも。代表ビアスタイルごとに、オリジナルシールがついているので、選ぶ際の参考にもなります。

 ISETAN CRAFT BEER BAR

〇住所:東京都新宿区新宿3丁目14−1 伊勢丹新宿店本館地下1階
〇交通:丸の内線新宿三丁目駅 伊勢丹方面改から徒歩1分
〇TEL:03-3352-1111
〇営業時間:15:00~20:00
〇定休日:施設休業日に準じる
〇HP:https://www.mistore.jp/store/shinjuku/shops/restaurant/craftbeer.html
〇Instagram:https://www.instagram.com/isetan.shinjuku_sake_beer/
■詳細記事:【行ってみた】伊勢丹新宿店のクラフトビールバー「ISETAN CRAFT BEER BAR」がオープン!どんなお店?


ウォータリングホール


JR代々木駅東口から明治通り沿いを新宿方面に向かって歩くこと5分の場所にあるのは、ガラスに描かれた大きなフラミンゴのイラストが目印の「Watering Hole(ウォータリングホール)」。

店名の“Watering Hole”には 「動物たちが集まる水場」という意味があり、のどの渇きを癒す人々が集まる場所になれたら、といったオーナーの思いが込められています。


タップの数は21(そのうちハンドポンプが2つ)。日本、アメリカ、ロシアなど、様々な国のクラフトビールが提供されています。

ほとんどのビールは、スタッフさんが実際に飲んでみておいしい!と思ったものを仕入れているとのこと。もちろん入手が困難なものや新発売のビールは事前に試飲できないこともありますが、これまでのブルワリーさんの実績や腕を考慮して仕入れているそうです。「ウォータリングホールに行けば、おいしいビールが楽しめる」という絶対的信頼が厚い!



おすすめビール『Norming Hybrid(Yuya Boys)』(写真右)
おすすめ料理「山形牛のタルタル」(写真左)

日本で初めてハードサイダー用のリンゴを育てようとしているサイダリー「Son of the Smith(サノバスミス)」、松本市のブルワリー「松本ブルワリー」とコラボしてつくった「ビアサイダー」。ビールでありながら、サイダーの味を再現しようとしたとてもユニークなビール。新鮮なリンゴの香りが印象的で、飲んでみると甘さはなくキレがいいので、どんどん飲めてしまいます。

合わせる料理は『山形牛のタルタル』。生の牛肉を細長く切ったものに、砕いたライ麦パン、ルッコラを添えて、オリジナルマヨネーズソースでいただきます。お肉の旨みを感じつつ、脂身は甘く、でも強すぎず繊細な味わいが、ビールの風味や味わいを引き立てます。

 ウォータリングホール

〇住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-26-5-103
〇交通:代々木駅東口から徒歩3分、新宿駅新南口から徒歩8分
〇TEL:03-6380-6115
〇営業時間:15:00 ~ 23:30(L.O. Food 22:30、Drink 23:00)
〇定休日:不定休
〇HP:http://wateringhole.jp/
〇Instagram:https://www.instagram.com/wateringhole_jp/
■詳細記事:【都会のオアシス】ピンクのフラミンゴが目印。“クラフトビールの水場”にビール好きが集う理由


キリンシティ 新宿東口店


新宿にはキリンシティが2店舗あります。1店舗目に紹介するのは、新宿駅東口から徒歩1分の場所にある「キリンシティ 新宿東口店」です。


キリンシティといえば、もちろんキリンビール。こだわりの2回注ぎの「キリン一番搾り」、ふわふわ泡が特長の“3回注ぎ”のご馳走ビール「キリンブラウマイスター」をはじめとし、淡色4種類・濃色4種類、クラフトビールは「スプリングバレー豊潤496」を楽しむことができます。



おすすめビール『キリン一番搾り』(キリンビール)

麦本来のうまみが感じられる、調和のとれた飲みやすい味わいの「キリン一番搾り」。キリンシティでは特製タンブラーと、2021年春に開発されたこだわりの「2回注ぎ」で、“おいしい”一番搾りが提供されています。


おすすめ料理「あか牛の旨塩焼き」

あか牛の旨味を引き立てるよう塩を振り、オーダーが入ってから、じっくりと焼き上げているという「あか牛の旨塩焼き」。お肉と共に添えられている、九州の甘口醤油と茎わさびを付けてお好みの味わいで楽しむことができます。

 キリンシティ 新宿東口店

〇住所:東京都新宿区新宿3-25-9 新宿モアビル 1F・2F
〇交通:JR新宿駅東口から徒歩1分
〇TEL:03-3350-8935
〇営業時間:12:00~23:00(L.O.フード22:30、ドリンク22:45)
〇定休日:なし
〇HP:https://www.kirincity.co.jp/shop/shinjyuku-higashiguchi.html

キリンシティプラス 新宿東南口店


2店舗目は、新宿駅 東南口から徒歩1分の場所にある、「キリンシティプラス 新宿東南口」。


キリンシティでは、1983年の創業以来、ドイツピルスナービールの伝統技である“3回注ぎ”による樽生ビールの提供にこだわってきましたが、2021年春の「キリン一番搾り」のリニューアルにともない、新たに“こだわりの2回注ぎ”を開発。ここでしか味わえないキリン一番搾りを味わうことができます。


おすすめビール『キリン一番搾り』(キリンビール)

麦本来のうまみが感じられる、調和のとれた飲みやすい味わいの「キリン一番搾り」。キリンシティでは特製タンブラーと、2021年春に開発されたこだわりの「2回注ぎ」で、“おいしい”一番搾りが提供されています。

おすすめ料理「あか牛の旨塩焼き」

あか牛の旨味を引き立てるよう塩を振り、オーダーが入ってから、じっくりと焼き上げているという「あか牛の旨塩焼き」。お肉と共に添えられている、九州の甘口醤油と茎わさびを付けてお好みの味わいで楽しむことができます。

 キリンシティプラス 新宿東南口店

〇住所:東京都新宿区新宿3-37-12 新宿NOWAビル1F
〇交通:JR新宿駅 東南口から徒歩1分
〇TEL:03-5312-0557
〇営業時間:
【月~金】12:00~23:00
【土日祝】11:30~23:00
(L.O.フード22:30、ドリンク22:45)
〇定休日:なし
〇HP:https://www.kirincity.co.jp/shop/shinjyuku-tounanguchi.html

※期間限定 Red.(レッドドット)


JR新宿駅の新南口駅構内、「ニュウマン新宿 2F エキナカ」に2023年6月29日(木)〜10月15日(日)までの期間限定でオープンしている「Red.(レッドドット)」。

台湾料理がメインではありつつも、どこかの国を想起させるような異国感が感じられるアジアンフードスタンド。ふらっと立ち寄った人がアジアのような雰囲気の異空間に足を踏み入れて、フードやドリンクでこの場所での時間を体験してほしいという思いでオープンしました。

11:00〜17:00まではランチタイム、そして17:00〜23:00は、ビール好きにおすすめなディナータイムと、時間帯によって楽しみ方が変わるのが楽しい!


Red.のビールは、神楽坂のタップルーム「BEER OLYN(ビアオリン)」が監修。ラインナップは冷蔵庫の状況を見て随時変わっていくとのこと。行くたびに、新しいビールに出会えるのは嬉しいポイントです。


おすすめビール『オリジナルクラフトビール』(KUNISAWA  BREWING)
smallサイズ飲み比べ4種

オリジナルクラフトビールは4種類で、新橋のKUNISAWA  BREWINGが醸造。メロン、バナナ、パイナップル、マンゴーのフレーバーで、フルーティーでありながらも甘過ぎず、料理とマッチするようにとつくられています。Shiho Soさんがデザインしたラベルには、新宿を行き交う人々がイメージされたイラストがデザインされています。

おすすめ料理「羊の春巻き」

おすすめ料理は、クミンがたっぷりと入れられたスパイシーな香りが漂う春巻き。パプリカベースのパウダーにはクエン酸も加えられていて、酸味も感じられます。羊くささは感じず、パウダーのさっぱりさも相まって、ビールを飲みながらパクパク食べたくなる味わいです。

 Red.(レッドドット)

〇住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷5-24-55 NEWoMan新宿 2F エキナカ
〇交通:JR新宿駅新南改札/ミライナタワー改札徒歩30秒(改札内)
〇営業時間:11:00〜23:00 (L.O. 22:30)
〇定休日:なし
〇HP: https://reddot-tokyo.com
〇 Instagram:https://www.instagram.com/reddot_tokyo/
■詳細記事:ふらっと立ち寄るエキナカのアジアンフードスタンド!オリジナルビールも愉しめる「Red.(レッドドット)」


\合わせて読みたい/
渋谷の編集部おすすめビアバー17選

恵比寿の編集部おすすめビアバー13選
81e79d80 e5b5 43a5 be40 83aad61f660b

下北沢の編集部おすすめビアバー11選

池袋の編集部おすすめビアバー14選

東京・品川の編集部おすすめビアバー13選

京都の編集部おすすめビアバー13選


\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン
羽柴観子 ライター

九州出身、東京在住。ビールと猫と映画が大好き。「春はお花見しながら、夏はビーチサイドで、秋は秋刀魚を焼きながら、冬はお鍋と…」何かしら言い訳をつけて一年中ビールを呑んでいます。美味しく呑むために毎朝のランニングにもハマり中。

人気ランキング

こちらの記事もおすすめ


いいね!