Release 西友に低価格クラフトビール登場!日本初上陸「国境なきビール」シリーズを飲んでみた

2016/12/21

先月末から全国の西友337店舗およびネットスーパー「SEIYUドットコム」で発売開始された、オーストラリア、メルボルンにあるサンダーロード・ブルーイング・カンパニーの「国境なきビール」シリーズ。今回が日本デビューとなる新商品です。購入できるのは西友のみで、ウォルマートのグローバル調達網を活用した、高品質な直輸入商品が圧倒的低価格で販売されています。そんな、3種類の新登場ビールを試飲してみました!

西友限定 サンダーロード・ブルーイング・カンパニー


 

 

「国境なきビール」シリーズって?


「国境なきビール」は、国にこだわることなく素晴らしい原材料、醸造方法があれば、世界中どこででもビールを造るというユニークなコンセプトで生まれたシリーズです。第一弾は、ベルギーの伝統的技術を駆使した“ボトルコンディション(瓶内二次発酵)”(*)のビール『パシフィック』『ペールエール』『IPA』の3種で、原材料にオーストラリアのものを用いたレシピが開発されました。オーストラリアン・クラフト・ビールの味わいを持ちながら、ベルギー独特の醸造技術によって、賞味期間が常温で約24ヵ月という長期間に仕上げられています。サンダーロードは元々樽売りのビールメーカーでしたが、いつでもどこでも美味しいビールを飲んでもらいたいという想いから瓶ビールの開発に着手し、瓶ビールの賞味期限の短さと品質劣化しやすいというデメリットをボトルコンディションという製法でそれを解決しました。

*ベルギーでよくみられる製法で、ワインのシャンパン製法と同じく瓶内で二次発酵を行う。ワインのように熟成によって味わいも変化するため、フレッシュさが長期保持されるだけではなく、熟成を経たおいしさも楽しむことができる。

 

3種類を飲んでみた!


『IPA』は、注ぐとオレンジピールのようなビタースイートなアロマが広がり、きめ細かいアイボリー色の泡。

西友限定 サンダーロード・ブルーイング・カンパニー

口に運ぶと、全粒粉のクラッカーやビスケットを思わせるようなモルトの香ばしさがあります。最後に印象的にぐっと残る深い苦味ですが、繰り返し口に運びたくなるまろやかな口当たりでバランスが良い一杯です。

西友限定 サンダーロード・ブルーイング・カンパニー

ラベルには、ビールのキャラクターが可愛らしいイラストのチャートで載っており、迷ったときの目安になって便利です。

 

『ペールエール』は、見た目の色に相反し、スルスルと飲める爽やかさ。程よい苦味がありますが、飲み込むとすっと消えていきます。

西友限定 サンダーロード・ブルーイング・カンパニー

ホワイトフローラルのような素朴で優しいアロマで、モルトの深い旨味も楽しめます。

 

『パシフィック』は、パイナップルのようなスイートで爽やかなアロマ。味わいは香りの印象よりもあっさりしていて、ふんわりとした心地よい柔らかな苦みを感じます。

西友限定 サンダーロード・ブルーイング・カンパニー

口当たりはシルキーでスルスルと飲みやすく、汗をかいた時に優しく喉を潤してくれそうな一杯。シーフードにも良く合いそうです。

お値段もお手頃ですし、普段のお買い物ついでに試してみてはいかがでしょうか?

 

サンダーロード・ブルーイング・カンパニー 「国境なきビール」 シリーズ

『サンダーロード パシフィック』 『サンダーロード ペールエール』 『サンダーロード IPA』

〇発売日:2016年11月28日(月)

〇販売:全国の西友337店舗および、SEIYUドットコム(http://www.the-seiyu.com

〇内容量:330ml

〇価格:各245円(税別)

ライターの紹介

アイコン
なな瀬 専属リポーター

『ビールがあるところに笑顔あり!』 北海道旭川市出身/ビアソムリエ/ビアジャーナリストアカデミー5期生/過去出演:マガジンハウス『Hanako』、JTBパブリッシング『mani mani 伊豆』/過去執筆:ワイン王国『ビール王国』、KKベストセラーズ『おとなの流儀』

関連記事

新着記事

今週の人気ランキング