Recipe

春菊とギョニソーの豆板醤ピーナッツ和え

春菊 ギョニソ ビール おつまみレシピ 春菊とギョニソーの豆板醤ビーナッツ和え

『春菊』といえば、ゴマ和えが定番かもしれませんが、『豆板醤』をピリッときかせ、『ピーナッツ和え』もオススメです。安くて手軽な『魚肉ソーセージ』も一緒に和えました。粗く刻んだピーナッツは、食感のアクセントと香ばしさをプラスします。あともう一品!というときに、パパっと作れるおつまみです。
Recipe by 舞子

材料

<2人分>
春菊
1袋
適量
魚肉ソーセージ
1/2本
ゴマ油
小さじ1
ピーナッツバター(チャンクタイプ)
大さじ1強
豆板醤
小さじ1
醤油
小さじ1
砂糖
小さじ1/2
マヨネーズ
小さじ1
ピーナッツ
4粒

作り方

Step1

春菊は茎の下方を落としてボウルなどにためた水でよく洗う。半分に切り、下の部分は手で葉をちぎって茎と分ける。沸騰した湯に塩を入れ、茎を先に入れて20秒ほど茹で、さらに葉を加えて10秒茹でる。ザルにあけて流水で冷まし、手でしっかり絞って水気をきったら、2cm長さに刻む。

Step2

魚肉ソーセージは縦半分に切り、さらに2mm位の幅で斜め切りにする。フライパンにゴマ油をひいて中火で炒め、焼き色がついたら粗熱を取る。ピーナッツは包丁で荒く刻む。

Step3

ボウルにピーナッツバター~マヨネーズまでを入れて混ぜる。もう一度春菊の水気を絞り、魚肉ソーセージと刻んだピーナッツの2/3も加えて全体を和える。器に盛り付け、残りのピーナッツを振る。

Point

※春菊の太さによって、茎の部分の茹で時間を調整してください。葉の方は大体同様の時間で火が通ります。葉の方をさっと茹でることで、彩りよくシャキシャキとした食感が残ります。

ひとことコメント

辛いのが苦手な方は、調味料を合わせる時最後に豆板醤を少しずつ加えて味をみてください。

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン
舞子 管理栄養士

「食べちゃダメ」ではなく、「食べるためにどうするか」を提案することをモットーとしたビール好き管理栄養士。約10年の病院勤務を経て、現在は食育セミナーやレシピ提案など気ままに活動中。

この料理に合うビールは
IPA

IPAに合わせたいレシピ

舞子のレシピ

人気レシピランキング

こちらの記事もおすすめ


ページ上部へ