記事

コンテンツ

コミュニティー

ビール女子SNS

ビール女子について

お酒は二十歳になってから。

鮭と舞茸のロールキャベツ

ひき肉を巻いて作るのが定番の『ロールキャベツ』 。生の『秋鮭』が出回るこの季節、今回は『舞茸』一緒に『キャベツ』で包み、『牛乳』ベースで煮込んでみました。隠し味の『味噌』が味を整えてくれます。

Recipe by 舞子

材料

<2人分>
1パック
2枚
少々
少々
1/2パック
1/4本
2本
200ml
200ml
大さじ2/3

作り方

1

キャベツは芯に切込みを入れ、破かないように注意して葉を剥がす。フライパンに湯を沸かし、下茹でして冷水にとる。水気をペーパーで拭き、葉の厚みが均一になるように、芯の太い部分をそぎ取る。

2

生鮭の両面に塩、こしょうをふる。しめじ、舞茸は手でさく。(舞茸の半分はキャベツに巻き、残りは煮込むときに使う。)スライスチーズは半分に切って重ねる。にんじんは皮をむいて5mm幅の半月切りにする。

3

キャベツの芯を手前にして敷き、鮭→ スライスチーズ→ 大葉→ 舞茸→ 鮭の順で重ね、キャベツの両端の葉も折り込みながら巻く。大きさに合わせてパスタを折り、葉の末端から中に刺して留める。

4

平鍋に牛乳、水を入れて弱火にかけ、コンソメ、味噌を溶かし入れる。Step3を、巻き終わりを下にして鍋に入れる。残りの舞茸、しめじ、にんじん、ローリエを加えて弱火で20分程煮込む。

5

フライ返しなどを使って崩さないように器に取り、ローリエを除いて煮汁を注ぐ。舞茸、しめじ、にんじんを添える。

ポイント

※牛乳を煮立たせないように、弱火でゆっくり煮込みましょう。鮭で舞茸などをサンドするため、あらかじめ骨・皮が処理してあり、同じ大きさに切り分けられているものを選ぶと簡単です。

ひとことコメント

パスタを使ってキャベツの葉を留めると、そのまま一緒に食べることができますよ。無ければ、つまようじで代用しても構いません。盛り付けの時に外してくださいね。

ライター紹介

アイコン
舞子 管理栄養士

「食べちゃダメ」ではなく、「食べるためにどうするか」を提案することをモットーとしたビール好き管理栄養士。約10年の病院勤務を経て、現在は食育セミナーやレシピ提案など気ままに活動中。

お気に入りのレシピを
シェアしよう!

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

関連レシピ

こちらの記事もおすすめ


いいね!