Recipe

チキン65〜インドのスパイシー唐揚げ〜 

~気軽にアジアンおつまみ vol.14 ~
オシャレなビール女子に今熱いブームで人気のインド料理『スパイシー唐揚げ』をご紹介します。変わったネーミングの『チキン65』ですが、諸説あるようで本当の意味はわからないという謎。奥深いインドにはたくさんのレシピがありますが、今回は作りやすい分量と手順でご紹介します。次回のひよこ豆のサラダと一緒にビールのおつまみとしていかがですか。
>この他の気軽にアジアンレシピはこちらから

Recipe by 齊藤 真貴子

材料

<3人分>
鶏モモ肉
1枚(300g)
<マリネ用>
ニンニク(すりおろし)
小さじ1/2
ショウガ(すりおろし)
小さじ1/2
カイエンペッパー
小さじ1/2
クミンパウダー
小さじ1/2
コショウ
小さじ1/2
コリアンダー(パウダー)
小さじ1
パプリカパウダー
小さじ1
レモン(絞り汁)
大さじ1
小さじ1/2
1個
片栗粉
大さじ1
サラダ油(揚げ油)
適量
<炒め用>
サラダ油
大さじ1
クミンシード
小さじ1/2
ニンニク
2片
ショウガ
1片
タマネギ
1/2個
青唐辛子
1~3本お好みで
カレーリーフ(生かドライであれば)
ひとつまみ
パクチー
適量
少々

作り方

Step1

鶏もも肉は余分な脂肪を取り除き一口大に切る。ボウルに鶏もも肉を入れ、材料欄のにんにくから塩までを入れてよく揉み込む。その後片栗粉・卵の順に都度揉み込んでマリネする。

Step2

炒め用のにんにく・しょうが・青唐辛子はみじん切り、玉ねぎは細めのくし切りにする。パクチーは飾り分を取っておき残りは粗みじんに切っておく。

Step3

鍋に揚げ油を入れ170℃前後に熱し、STEP1の鶏肉を入れてじっくり中まで火が通るように揚げる。

Step4

フライパンにサラダ油とクミンシードを入れて強めの中火にかける。クミンシードの周りに泡が立ち香ってきたら、STEP2のにんにく・しょうがを入れて炒める。香りがしてきたら玉ねぎと青唐辛子・カレーリーフも加えて炒め塩少々を振る。そこへSTEP3の唐揚げとパクチーを入れて全体をよく絡める。器に盛りパクチーやレモン(分量外)を飾る。

Point

※今回はもも肉を使用していますが、骨付き肉で作りしゃぶりつきながらもいただくのもまた美味しいですよ!

 

ひとことコメント

※スパイスはわからないからと敬遠しがちですが、今回のように揚げ物に使ったり洋風の煮込み料理にと、少し加えるだけでも変化が出てエキゾチックな風味になりとっても重宝します。小袋パックも手に入りやすくなったのでいろいろチャレンジしてみては。

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン
齊藤 真貴子 フードコーディネーター

料理大好き主婦から会社員、スクールを経てフードコーディネーターへ。ビール女子では “オシャレながらも簡単に作れる” をコンセプトにしたおつまみレシピを多数公開中。大手企業向けレシピ開発、数々の企画イベントのフード担当やケータリング、最近では料理教室などもこなす。プライベートでも根っからのビールラヴァーでビールを飲みながら小さな台所でおつまみや世界の料理を作り、研究してビールを楽しむ毎日。

この料理に合うビールは
IPA

IPAに合わせたいレシピ

齊藤 真貴子のレシピ

わいわいパーティーレシピ

人気レシピランキング

こちらの記事もおすすめ