Recipe

カポナータ・クミン風味

2015/05/11

~ビールに合う世界のおつまみ
アレンジレシピ Vol.16~オシャレなビール女子もビタミンカラーのカラフルな野菜がお目見えしてくると自然と体が欲してくるのでは? 今回はイタリアンの「カポナータ」にスパイスで風味を加え、酸味もスパイスに合うようにレモンを使ってあるのでイタリアンなのにどこかアジアンな風味が。作り立てはスパイスのフレッシュな香りとレモンの酸味が活きてビールによく合いますし、味が馴染んだ次の日はパスタやほかほかのごはんにのせればまた違った美味しさでいただけます。
>これまでの世界のおつまみレシピはこちらから

Recipe by 齊藤 真貴子

材料

4人分
・なす        3本
・ズッキーニ     1本
・黄パプリカ     1/2個
・赤パプリカ     1/2個
・にんじん      1/2本
・オリーブの実(あれば)
           10個
・ケーパー      大さじ1
・玉ねぎ       1個
・セロリ       1/2本
・にんにく      1片
・トマトホール水煮缶 1缶(400g)
・クミンシード    小さじ1
・レモン汁      大さじ2
・砂糖        小さじ2
・塩         少々
・オリーブオイル 大さじ3
・揚げ油(出来ればオリーブオイル)
           適量

作り方

Step1

にんにくはみじん切り、セロリは包丁の腹でつぶしてからみじん切りにする。玉ねぎ、にんじん、パプリカは 1cm の角切りにする。ズッキーニは 1.5cm の輪切りにしてから 4 等分のいちょう切りにする。オリーブは粗みじん切り、ケーパーはみじん切りにする。

Step2

フライパンに多めのオリーブオイルを入れてなすをズッキーニと同様に切り、切ったそばから素揚げしていく。ズッキーニも素揚げしてバットにあげて油を切っておく。

Step3

別の深鍋にオリーブオイルとクミンシードを入れて火にかけ、クミンシードの周りに細かい泡が出て香りが立ってくるまで炒める。にんにくとセロリを入れて炒め、玉ねぎとにんじんも加えてしんなりするまで炒める。トマト缶のトマトをつぶしながらジュースと共に入れ、オリーブとケーパーも入れて一煮立ちさせる。砂糖、レモン汁、パプリカ、なすとズッキーニも入れて煮汁が少なくなりオイルがにじんでくるまで弱火で煮込む。塩で味を整える。

Point

※なすは切ってすぐに揚げることによりアク抜きを省くことができます。高温で揚げる事によってえぐみが甘みに変化するので水につける必要はありません。

※野菜はその時に手に入るもので。なすは主役なので必ずいれてください。

 

 

ひとことコメント

よく混同されてしまうものにラタトゥイユがりますが、ラタトゥイユはフランスの夏野菜の煮込みのことです。カポナータとはイタリアのなすを主体にした野菜の煮込み料理のことで、甘みと酸味で甘酸っぱく味付けします。

ライターの紹介

アイコン
齊藤 真貴子 フードコーディネーター

料理大好き主婦から会社員、スクールを経てフードコーディネーターへ。ビール女子では “オシャレながらも簡単に作れる” をコンセプトにしたおつまみレシピを多数公開中。大手企業向けレシピ開発、数々の企画イベントのフード担当やケータリング、最近では料理教室などもこなす。プライベートでも根っからのビールラヴァーでビールを飲みながら小さな台所でおつまみや世界の料理を作り、研究してビールを楽しむ毎日。

この料理に合うビールは
サワーエール

齊藤 真貴子のレシピ

もっと見る

サワーエールのレシピ

おうちで一人飲みのレシピ

今週の人気レシピ

もっと見る

SNSソーシャルアカウント

フォローしてね

ビール女子