Recipe

栄養たっぷり!漬けマグロの胡麻焼き

2015/03/12

日差しも暖かくなり春らしくなってきましたね。でも季節の変わり目は体調を崩したり、お肌が荒れてしまったり疲れが出やすいもの。そんなビール女子に本日は栄養豊富な健康食品”胡麻”を使ったおつまみをご紹介します。昔から「不老長寿の薬」とまで言われていた胡麻には、特にセサミンが多く含まれ抗酸化作用があり、アンチエイジングや肝機能改善の効果が! ビール女子の気になる美容と二日酔い対策に期待できますよ♪ 漬けマグロの旨みと胡麻の香ばしさを味わいながら、美味しいビールをいただきましょう。

Recipe by 三田 純子


その他にも簡単に作れるおつまみがたくさん
>その他のパパッとおつまみはこちら

材料

2人分
・マグロ(お刺身用) 6切れ(約100g)
・白胡麻       大さじ1
・黒胡麻       大さじ1
・大葉        6枚
・酒         大さじ2
・みりん       大さじ2
・しょうゆ      大さじ3
・わさび       お好みの量
・ごま油       大さじ1

作り方

Step1

鍋に酒とみりんを入れ沸騰させ煮きり、冷ましておく。マグロを固まりで買った場合は1cm幅ぐらい、6切れに切る。ビニール袋にマグロと冷めた煮きり酒とみりん、しょうゆを加え、冷蔵庫で30分ほど置く。

Step2

漬けマグロの水分を軽くキッチンペーパーでふき、片面にわさびを塗る。混ぜた白胡麻と黒胡麻を全体にまぶしつける。

Step3

フライパンにごま油を熱し、Step2を入れて両面を焼く。大葉と一緒にお皿に盛りできあがり。

Point

※煮きるとは酒やみりんのアルコール分を飛ばすことです。余分なアルコール分が飛んでアルコール臭が抜け、旨みが残ります。

※マグロは生でも食べられるので中まで火を通す必要はありません。レアでもミディアムレアでもお好みの焼き具合で召し上がれ♪

※わさびの辛味成分アリルイソチオシアネートは、熱に弱く加熱によって辛くなくなるのでわさびが苦手な方も召し上がれます。わさびが好きな方は多めに塗り、焼き時間を短く調整して下さい。

※大葉に巻いて食べても美味しいです。

ライターの紹介

アイコン
junko/三田 純子 フードコーディネーター

元国際線CA。結婚を機にスクールを経てフードコーディネーターへ転身。旅好き、ビール好き、体を動かすこと大好きな運動系女子。ビールを飲むと無性に道路の白線の上で側転をしたくなる~。世界一周して世界中のビールとおつまみを堪能することが夢です♪

この料理に合うビールは
アンバーエール

junko/三田 純子のレシピ

もっと見る

アンバーエールのレシピ

おうちで一人飲みのレシピ

今週の人気レシピ

もっと見る

SNSソーシャルアカウント

フォローしてね

ビール女子