News アサヒもついにクラフト進出!『アサヒ クラフトマンシップ』シリーズが限定発売!

2014/12/15

この冬『アサヒ クラフトマンシップ』シリーズが、全国のコンビニエンスストアにて数量限定で発売開始されます。

クラフトマンシップ

アサヒビール株式会社では、ビール文化を広く一般に伝えていく取組の一環として『アサヒ クラフトマンシップ』シリーズを新発売。その第一弾となる『ドライポーター』は2015年2月10日(火)に、第二弾となる『ドライペールエール』は2015年3月24日(火)に、それぞれコンビニエンスストア限定で発売されます。

このシリーズは、ビール醸造学のマスター称号を持つアサヒの会社員がレシピや製法、味わいといった商品設計を監修。厳選素材を用い手間暇かけてつくられたこだわりの逸品で、世界中で楽しまれている多様なタイプのビールをモデルに、季節ごとに合わせた味わいを4つの商品で発売する予定だとか。

第一弾として発売される『ドライポーター』は、重厚なコクと香ばしいロースト香が特長の麦芽100%の生ビール。この重厚なコクをつくり出すために上面発酵酵母と香ばしいロースト香が特長のチョコレート麦芽を一部に使用。味の決め手となる厳選ホップを一部手で投入するなど、こだわりの製法で醸造し、缶体は液色と同様にポータータイプ(※1)ならではのダークブラウンに仕上げられているとのこと。(※1:濃厚でホップの苦味の強い上面発酵で醸造する濃色ビール。)

第二弾となる『ドライペールエール】は、豊かなコクと芳醇なホップの香りが特長のこちらも麦芽100%の生ビールです。この豊かなコクをつくり出すために、同じく上面発酵酵母を使用し、さらに華やかな香りが特長のカスケードホップを一部に使用。また、第一弾同様に香りの決め手となる厳選ホップは一部手で投入するなどし、春にふさわしい爽やかな香りを実現したそう。

 

シリーズ共通のデザインとして、缶体にはどんな味わいのビールなのかすぐに想起できるようにと、特長が一目で分かるレーダーチャートが表記されています。また裏面には、醸造責任者の署名と共に、処方、原料、仕込み、熟成などこだわりの手法が記載されています。

アサヒ株式会社は「アサヒ クラフトマンシップ」の魅力を発信することで、今後も引き続き、季節に合わせた味わいを提案し、ビール文化を広く一般に伝えたいとしています。

バラエティ豊かなビールが手軽に買えるようになることに期待する一方、影響力が大きい大手メーカーが次々と“クラフト”を名乗ることは責任も重大。ネーミングや発表内容と如何に近いもの、また、それ以上を感じることができるものを造ることができるかどうかに、注目です。

 

満を持して、アサヒからもクラフトビールが登場です!次々と大手企業が新たな挑戦としてクラフトビールの開発に取り組んでいますね!日本におけるビール文化ががらっと変わるのもそう遠くない将来の話かも。ワクワクしますね!(編集員:N)

 

【商品概要】
第一弾
【アサヒ クラフトマンシップ ドライポーター】
発売日:2015年2月10日(火)
容量:缶350ml、500ml
原材料:麦芽、ホップ
アルコール:6%
製造工場:名古屋工場
発売地域:全国のコンビニエンスストア

第二段
【アサヒ クラフトマンシップ ドライペールエール】
発売日: 2015年3月24日(火)
容量:缶350ml、500ml
原材料:麦芽、ホップ
アルコール:5.5%
製造工場:名古屋工場
発売地域:全国のコンビニエンスストア

アサヒビール株式会社HP:http://www.asahibeer.co.jp/products/beer/craftsmanship/

ライターの紹介

アイコン

ビール女子の編集部アカウント。イベントやリリース情報をご紹介していきます。

新着記事

今週の人気ランキング

もっと見る

SNSソーシャルアカウント

フォローしてね

ビール女子