仕事で疲れた帰り道や、出張で新幹線を待つ時間。乾いた喉をビールで潤したいときは、駅ナカでさくっと一杯いかがでしょうか? この春、品川駅の構内にアメリカンダイナー『TAMEALS 品川店(以下、タミルズ)』がリニューアルオープンしました。

駅ナカにいながら国内外のクラフトビールや、オリジナルブレンドのコーヒー、パスタやハンバーガーを楽しむことができるタミルズ。ビール好きなら押さえておきたい、その3つの魅力をご紹介します。

 

1. 駅ナカで国内外のクラフトビールを味わう

品川駅構内エキュートのタミルズには、6種類の樽生クラフトビールがラインナップ。国内のみならず、アメリカの人気クラフトビールも提供しています。この充実したラインナップを駅ナカで飲めるなんて夢のよう。ビアスタイルも幅広く揃っているので、飽きることなく楽しめます。

↑ 6種類のクラフトビールを全て楽しめるお試しセット(税込1,500円)も。並べるだけでワクワクが止まりません。

 

2. 無添加で手作り。身体に優しいバーガー

「タミルズ」を訪れたなら必ず試してほしいのが、アメリカ南部の定番料理「プルドポークバーガー」。豚肩ロース肉を軽く焼き上げた後、8時間近く煮込みホロホロにしたところをフォークで細かく裂いて、バーベキューソースで味付けしたものです。食材にこだわり、無添加でひとつひとつ手づくりしているので、安心して食べられるバーガーです。

かぶりついた瞬間にあふれんばかりの肉汁が口の中に広がります。ほろほろ柔らかいお肉とシャキシャキのレタスのバランスの取れた食感がクセになります。余分な脂分は落ちているため、意外とあっさりしていてペロリと食べられちゃいますよ。

広報の望月さんによるとスモークポーターに合わせるのがオススメなんだとか。

 

3. 忙しい朝もサラダやグラノーラで栄養補給

毎朝7:00にオープンする「タミルズ」は仕事前のエネルギーチャージの場所としても活躍します。プルドポークドッグやサンドイッチなどのモーニングメニューの他、栄養たっぷりのカラーサラダやグラノーラが揃います。

レジ横のショーケースには、カラフルなグラノーラやガラスに詰められたサラダがずらり。

 

人気サラダの一つ「カプレーゼサラダ(税込860円)」には、なんとプチモッツァレラ、トマトマリネ、ケール、ブロッコリー、ビーツ、りんご、バジル、などといった野菜やフルーツがぎゅっと入っています。これは贅沢! 意外とボリューミーなので、これ一つで満腹に。

これらの野菜は全て有機栽培で育てられ、ドレッシングも含め手作り無添加というこだわりを持って調理されています。忙しい朝に駅でパパッと朝食を済ませられるだけでなく、栄養までしっかりチャージできるのは嬉しいですよね。

 

様々なシーンに寄り添う「タミルズ」

店内は温かみのある雰囲気でほっと一息つくのにぴったりの場所です。カフェやレストラン、バーとして、様々なシーンに寄り添うのも「タミルズ」の魅力です。電車を待っている少しの間にクラフトビールとバーガーに舌鼓を打つ。そんな体験を一度味わってしまえば、もうここへ通わずにはいられません。

 

『TAMEALS 品川店(タミルズ)』店舗概要
◯住所:東京品川駅構内エキュート品川 サウス内
◯電話番号:03-5421-8011
◯営業時間:【月〜土】7:00〜23:00、【日・祝】7:00〜22:00
◯定休日:なし
◯席数:47席
◯想定単価数:モーニング 500円、ランチ&カフェ 700円、ディナー 800円
◯公式ホームページ:http://www.classic-inc.jp/tameals/