梅雨の晴れ間が気持ち良いこの季節に、開放的な大自然の中でビールが楽しめるイベント「サッポロ・クラフト・ビアフォレスト2017(以下、SCBF)」に行ってきました! 爽やかな風を感じながら思いっきりクラフトビールを楽しめるイベントの様子を、たっぷりお届けします。

 

スキー場をつかった開放的なビアフェス

会場はなんと札幌市内のスキー場!地下鉄の駅から出ている無料のシャトルバスを使って、会場に向かいます。

そしてビアフェスといえば、どこに行っても人が多いイメージですが、ゆっくりビールを楽しむためにも、できたら腰を落ち着けたいですよね。SCBFには焼肉ができるスペースや屋根付きのベンチ席、そして芝生も開放されています。そのため開放された広大なスペース思い思いの場所でビールを楽しむことができます。晴れていたので、思いっきり芝生に寝転がれるのは嬉しいですね。

昨年はあまりお天気に恵まれませんでしたが、今年は快晴! カラッとした真夏のような気候に、思わずビールが進みます。

 

地元・北海道のクラフトビールを堪能

主催するSCBF実行委員会は、地元・北海道のブルワリー「月と太陽ブルーイング」、「ノースアイランドビール」の有志で組織されていることもあり、北海道のブルワリーがなんと8社も参加! 北海道の大自然の中で、地元でつくられたクラフトビールを思う存分楽しむことができます。
その他、北海道外から18社ものブルワリーが参加し、総勢26社が勢揃いします。

 

どのビールを飲むか迷ってしまいますが、一杯目にはノースアイランドビールの「ウィートホップジュース」をチョイス。爽やかな香りとすっきりとした味わいで、立っているだけで汗が出てくるような暑い日にはぴったりでした。

 

北海道のビール女子も発見!

北海道外から参加する人も年々増えているというこのイベント。会場には多くのビール女子がビールを楽しんでいました。今年は女性専用の仮設トイレが増設され、今までロッジ内に長蛇の列ができていたのも解消。ビアフェスならではのお悩みも少なく、女子に嬉しいポイントです。

そして今回「湘南ビール」のブースでお手伝いをしていたビール女子特派員のSHOCOを発見! オススメの「セッションウィートエール」を注いでもらいました。

今回は2回目の参加ですが、他のフェスよりも開放的でのんびりしてるので、良いですね。すごく楽しいですよ〜!(特派員:SHOCO)

 

 

当日チケットもあるので、開放的な空間でクラフトビールを楽しめるイベント、時間がある方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

「SAPPORO CRAFT BEER FOREST (サッポロ・クラフト・ビアフォレスト)2017」
◯期間:2017年7月8日(土)、7月9日(日)
◯時間:7月8日(土)13:00〜20:00
7月9日(日)11:00〜17:00
※ラストコールはそれぞれ1時間前
◯場所:さっぽろばんけいスキー場(北海道札幌市中央区盤渓410番地)
◯チケット
・オリジナルグラス付き前売り券 税込3000円(ビールチケット6枚、オリジナルグラス)
・前売り券 税込3000円(ビールチケット7枚、当日プラカップ)
・当日ビールチケット 1枚500円(税込)
・リユースプラカップ 100円(税込)
※ビールの提供はリユースプラカップまたはオリジナルグラスのみ
◯主催:SCBF実行委員会
◯問い合わせ:011-391-7775(NORTH ISLAND BEER 10:00〜18:00)、011-522-5152(Maltheads 18:00〜24:00)

 

ビールイベント一覧