Event 大自然に囲まれて乾杯!SAPPORO CRAFT BEER FOREST 2015@ban.kをリポート

2015/08/12

はじめまして!ビール女子特派員札幌支局の舞子です。 北海道の短い夏を満喫するべく、今年で3回目となる 「SAPPORO CRAFT BEER FOREST 2015」に参加してきました。 北の大地よりその様子をお届けします♪

 

 

 

イベントが行われたこの2日間は、全国各地で猛暑日、 真夏日の気温をたたき出していて、 ここ札幌でも今年初の真夏日となりました。 まさに狙ったとしか言いようのないビール日和です!

 

会場は「盤渓(ばんけい)」という場所で、本来の姿はスキー場です。 北海道神宮のある円山公園から車で約10分という、 札幌市内から近いスキー場として知られています。 普段も地下鉄東西線、円山公園駅直結のバスターミナルより バスが出ていますが、この2日間は直行チャーター便も運行していました。

 

私は車で参戦!…といってももちろん飲酒運転ではなく… 飲めない友人に送迎してもらいましたー。

 

ビアフェスとなると、一緒に行く相手が周りにいない…と 諦めることはありません! ビールの他に、外でジンギスカンができるスペースもあるので、 飲める人も飲めない人も、みんなで一緒に楽しむことが出来ますよ。 席に付いたらスタッフが熱々の炭を持ってきてくれるから、 あとはお肉を買って焼くだけー。 北海道といえばやっぱりジンギスカンですよー♪ 限られていますが、駐車場もあるので 運転手が見つかったらラッキーかもしれません(笑)

でももう一度繰り返しますが… 『飲んだら乗るな、飲むなら乗るな』はマストです!

 

 

  あれもこれもそれも…。欲張りになっちゃうラインナップ


 さてさて。 まずはビールを手にしなければ始まらない訳で。

 

 

今回参加のブルワリーは24社。 各ブルワリーが何種類もの樽を持参しているので、 沢山ありすぎて迷っちゃいますーー。

 

 

 

 

…ということで今回は、 「飲んだことがなく、かつ北海道ではあまり見かけたことがない」 という基準で選んでみました。

そしてもう一つ。 普段は IPA も大好きですが、この日は本当に天気が良すぎて 道民としてはバテバテ…飲み口軽くて爽やかなタイプに目が奪われたわけです。 最初の一杯目は南信州ビールのゴールデンエールをいただきました。   一口目のなんと美味しいことかーー! 軽やかな口当たりで、一杯目に選んで正解!!

 

 

ビールゲットまでの道のり


前売りもしくは当日のチケットと プラスチックカップを購入する必要があります。

 

 

ビールはロッジに集結しているので、そのカップに注いでもらって、 芝生の上や、ジンギスカンスペースなどで飲む感じです。

前売りで買っておくと、プラカップの代わりに オリジナルグラスとブルワリーグッズやお土産ビールがもらえる抽選券が もらえるので、絶対お得♪

 

 

場内には水のタンクが用意されているので、 飲み終えたらグラスをチョチョッと濯いで次の種類へGO。

2 杯目はコシヒカリで仕込んだという、 スワンレイクビールの「 Kosihikari  Rice Lager 」をいただきました。 こちらも軽やかな口当たりで小麦を使ったビールのようでした。

 

 

定番の種類の他、柚子やグレープフルーツといった柑橘系、 アールグレイのフレーバーがするものから 限定樽に先行販売樽、ブルワリー2社によるコラボレーション樽。

特に限定の樽は無くなるのが早いですね。 各ブルワリーが何種類もの樽を用意していて、 無くなり次第次々と開栓されていきます。

沢山仲間を連れてシェアして楽しむのがベストのようです。開栓情報も時々流れるので、 聞き耳は立てておいてくださいね(笑)

sapporo-forest13

 

造り手と主催者のセッション


会場では参加ブルワリーの紹介が行われていました。 造り手さんのクラフトビールにかける思いや、 樽の特徴、限定ビールの紹介など直に聞けるのもまた楽しみの一つ。

 

どのブルワリーも、その一樽一樽へのこだわりと、 我が子のように愛情を注いで育てているのが伝わります。

そして前売りチケット限定の抽選会。 当選者にはブルワリーのオリジナルグッズや お土産ビールが当たるんです!! 当選者の方がうらやましい。。。

 

場内探検~地元ならではの楽しみ方


ジンギスカンの他にもおいしそうなフードが沢山ありましたよ。 持ち込みは出来ないので、場内で買って楽しんでくださいね。

 

ロッジの中ではライブが。 ビール片手に皆さん盛り上がっていましたよ。

こちらは常設ですが、北海道の美味しい野菜も売っています。

 

荷物に余裕があればぜひ買ってみてください。 私は運転手が居るのをいいことに、沢山買っちゃいました(笑)

 

そして体力があればパークゴルフもできます。 (こちらもビアフォレストが主催なわけではありませんので シーズン中はいつでも楽しめます) ちなみに、もとがスキー場なので、難易度高いです。。

 

ビアフェスマスターの必携道具


場内には木のベンチなども多少用意されていますが、 敷物を持参するといいですね。 自然いっぱいの山なので、虫よけスプレーも。

 

 

そしてタオルがあるといいかも!

北海道民は暑さと外でのイベントに慣れていないので、 そこまで頭が回らなかったけど…(私だけかも)

汗ダクだったので、ハンカチやティッシュじゃ足りないかもしれません。。。

あとは水分補給もしっかりと。 ビールで水分補給すると、余計に脱水になってしまうのでご注意を。

 

(居)残り者には福…?


そろそろ帰ろうか…もう少し居ようか迷っていると、 ドリンクのラストコール。

グループでまとめて購入したチケットが余っちゃったのでと、 見ず知らずの方に一枚貰っちゃいました♪

居残り決定(笑) そして最後の最後にとっても お気に入りのビールと出会ってしまいました!! その名も『O.K-IPA』…鬼に金棒 IPA。

sapporo-forest26

 

Y.MARKET BREWING×鬼伝説のコラボレーションビールです。 鬼伝説初のIPAだそうで、 苦味もしっかりあるのに重すぎず、 少しブドウやワインを思わせるような、とってもフルーティな飲み口。 夏にピッタリな IPA でした。

写真はY.MARKET BREWINGの加地さんと。

そして最後はなんと、ドローンを使って集合写真撮影。 居残りして良かったです。 …ということで、 大満足、大満喫の1日。 すでに来年が楽しみです。皆さんもぜひ足を運んでみてくださいね!

 

サッポロクラフトビアフォレスト

※最後の写真はSAPPORO CRAFT BEER FOREST実行委員会よりお借りしました。

LINE@

ライターの紹介

アイコン
舞子 フードコーディネーター

「食べちゃダメ」ではなく、「食べるためにどうするか」を提案することをモットーとしたビール好き管理栄養士。約10年の病院勤務を経て、現在は食育セミナーやレシピ提案など気ままに活動中。

新着記事

今週の人気ランキング