Release 【10/4発売】桃と梨、どっちがお好き?訳あり果物を活用した2種類のフルーツビールが気になる。

2019/10/04


一升瓶ビールやバレンタイン限定のチョコビール、エイプリルフールに発売されるユニークなビールで、ビールの楽しさを届けてくれる神奈川県厚木市のサンクトガーレン。2019年10月4日(金)より、台風15号の落下梨を使ったビール『和梨のヴァイツェン』、山梨の“訳あり”桃を活用した『7種の桃のエール』が発売されます。

台風15号の落下梨を使ったビール「和梨のヴァイツェン」


「和梨のヴァイツェン」は、もともとサンクトガーレンと付き合いがあった神奈川のJAの担当者より「今回の台風で収穫直前の梨が沢山落下してしまった。何かに使えないだろうか」と相談を受け、急遽その梨の買い取りと、ビールの製造を決定し誕生したビールです。



小麦麦芽を主原料としたフルーティーなヴァイツェンをベースに、細切れにした梨、ペーストに加工した梨、ジュースに加工した梨をそれぞれ加えて醸造。ヴァイツェン酵母由来の梨や桃のような香りに、本物の梨の香りが加わることで瑞々しくフルーティーなビールに仕上がっています。

ヴァイツェン

ヴァイツェン とは

ヴァイツェンは、小麦麦芽を50%以上使ったドイツの伝統的なビール。バナナのようなフルーティーな香り(エステル香)と、苦みをほとんど感じない柔らかな味わいが特徴。ヴァイスビアと呼ばれる事もあるが、ヴァイスは「白」という意味。酵母をろ過していないものは『ヘーフェヴァイツェン』。


「和梨のヴァイツェン」は、10月4日(金)~20日(日)に横浜赤レンガ倉庫で開催される「横浜オクトーバーフェスト」のサンクトガーレンブースで販売されます。300ml中グラスで800円、500ml大グラス1,100円で提供予定とのこと。気になる方はぜひお早めに足を運んでみてください。


山梨の“訳あり”桃を使用した「7種の桃のエール」



“大人のピーチネクター”として昨年も人気を博した「7種の桃のエール」。今年は「7種の桃のエール」という名前でありながら、10種類の桃を使用。使用量も昨年の400kgから500kgへと増量しています。


2019年は長梅雨の影響で色ムラ・色薄・傷などの原因で市場には出せない“訳あり”桃が多く出ました。なるべく多くの桃を引き取って有効活用しようと、例年より3種類多い10種類の桃を引き取ることに。


引き取った“訳あり”桃はピューレに加工し、ビールのベースとなる麦汁に投入。さらに通常大麦麦芽を使用するところ、小麦麦芽を合わせて使用することで、柔らかくとろ〜りとした飲み口を表現しています。


10月4日より横浜赤レンガ倉庫で開催される「横浜オクトーバーフェスト」、翌5日から品川インターシティで開催される「大江戸ビール祭り」、本厚木のビアレストラン「Bakery&Beer Butchers」で先行発売。10月20日以降サンクトガーレン取扱いビアバーへの出荷を予定しているとのことです。


「横浜オクトーバーフェスト」では桃ジョッキが登場予定とのこと!かわいらしいグラスで、イベントがさらに盛り上がりそうです。

他にもいろいろ。“訳あり”果物を活用したフルーツビール


サンクトガーレンでは梨や桃のほかにも、オレンジやリンゴ、桃などを使ったビールを製造していることをご存知ですか?いずれも使っているのは、外観などに難がある“訳あり”果実。
“訳ありりんご”を使用した『アップルシナモンエール』

規格外サイズの湘南ゴールドをまるごと使用した『湘南ゴールド』
香料などに頼らず、果物をたっぷり贅沢に使うサンクトガーレンのフルーツビールは、果実本来の香りや味わいが存分に引き出されていることが最大の魅力です。秋のはじまり、果実の香りに誘われるがままに、様々なフルーツビールを飲み比べてみるのも一つの楽しみ方。ぜひあなたの好みの一杯を見つけてみてくださいね。


■サンクトガーレンHP:https://www.sanktgallenbrewery.com/


\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン

ビール女子の編集部アカウント。イベントやリリース情報をご紹介していきます。

人気ランキング

こちらの記事もおすすめ


ページ上部へ