Event ビールなのにベーコンの香り!?お肉のためのビールが『肉グルメ博』で販売中

2017/05/04

アツアツ焼きたてのお肉にはやっぱりビール! 東急百貨店東横店で開催中の『<生>地ビールでがっつり 第3回 肉グルメ博』にて、お肉と相性抜群のビール『肉厚エール』(サンクトガーレン有限会社)が、2017年5月9日(火)まで限定販売されています。

 

ビールなのにベーコンのような香り!?


サンクトガーレン『肉厚エール』は、軽くローストした麦芽を使った琥珀色のエールビールです。スモークチップを漬け込み、ビールに燻製香を加えて造ったとのこと。

焼いたお肉との相性をとことん考え抜いた味わいが特徴で、ビールなのにローストビーフやベーコンなどの肉料理を思わせる風味に仕上がっています。
余韻のある後味がお肉の旨味をさらに引き立て、これぞまさにお肉のためのビール!

 

「肉グルメ博」で限定販売中!


この『肉厚エール』は、現在渋谷で開催中の「肉グルメ博」でのみ飲むことができます。

「肉グルメ博」には、肉マイスターの田辺晋太郎氏お墨付きの23店が出店。定番メニューやイベント限定のメニューまで、各店舗自慢の旨い肉料理が集結します。

編集部一押しのメニューはこちら!

今年初登場の「フレンチラムラック」(ジンギスカン楽太郎)。
肉汁たっぷりの分厚いお肉の塊が、ビールとの相性抜群! 和風ソースとパクチーソースの2種類をお好みで選ぶことができます。

 

続いて、天然酵母を使って作られた「スーパーホットドッグ」(スーパーホットドッグ)。
ソーセージ、ケチャップ、マスタード全て自家製だというこのこちらのホットドッグは、長さなんと約25cm! 大きな口を開けてかぶりつきたい一品です。

 

クラフトビールとお肉を心ゆくまで


「肉グルメ博」では、『肉厚エール』などを販売するサンクトガーレンの他に、Far Yeast Brewing、常陸野ネストビール、富士桜高原麦酒などから、お肉料理に合うクラフトビールがずらりとラインナップします。

樽生ビールを500円から楽しむことができる他、ボトルビールも発売されているのでお土産にもおすすめですよ。渋谷駅直通の東急百貨店東横店で、お肉×ビールの至福の体験を味わってみてはいかがでしょうか。

 

『<生>地ビールでがっつり 第3回 肉グルメ博』
◯開催日時:2017年5月2日(火)~9日(火)10:00~21:00 ※最終日は18:00まで
◯開催場所:東急百貨店東横店(渋谷区渋谷 2-24-1)
■公式サイト:http://www.tokyu-dept.co.jp/toyoko/event/nikubeer/

ライターの紹介

アイコン
酒井由実 ビール女子編集長

93年三重県生まれのビアソムリエ。大学ではビールの嗜好とマッチョカルチャー(男性的概念)の因果関係について研究。ビール女子編集部のライター・エディターとして、ビールの多様性を世の女性に伝えるべく日々活動しています。

関連記事

新着記事

今週の人気ランキング