News 「富士桜高原麦酒」ブルワリーオブザイヤーを受賞!

2014/09/23

「富士桜高原麦酒」は、2014年9月15日、横浜市・大さんばしホールにて行われた【ブルワリー・オブ・ザ・イヤー2014】の表彰式にて「ミドルスケール・ブルワリー」を受賞し、2011年の「ウェルタースケール・ブルワリー」受賞に次ぐ、2度目の【ブルワリー・オブ・ザ・イヤー】受賞の快挙を達成しました。さらに、【インタ-ナショナル・ビア・カップ2014】では、ビール4銘柄が5部門で受賞し、5つのメダルを獲得!

富士桜高原麦酒


【ブルワリー・オブ・ザ・イヤー】とは?


過去1年間において、品質、マーケティング活動、健全経営、地域貢献活動などにおいて業績を残した醸造所に与えられる賞であり、商品としてのビールではなく企業や醸造所に与えられる賞。2010年からは醸造量の規模ごとに「バンタムスケール・ブルワリー(60KLまで)」、「ウェルタースケール・ブルワリー(61~199KL)」、「ミドルスケール・ブルワリー(200~1299KL)」、「ヘビースケール・ブルワリー(1300KL以上)」の4部門での表彰が行われる。


「ミドルスケール・ブルワリー」の受賞理由としては、「アジア・ビアカップにおける16年連続受賞やワールド・ビアカップ2014での銀賞受賞などで評価されているように、ビールの品質向上に対する並外れた努力を行っていること」が評価されました。

前回、2011年の【ブルワリー・オブ・ザ・イヤー】では、醸造量が199KLまでの「ウェルタースケール・ブルワリー」受賞でしたが、それから3年で醸造量が200KLを超え、今回「ミドルスケール・ブルワリー」を受賞することができました。

「富士桜高原ビール」のブルワリーは、「世界基準の品質を保持し、更なる品質の向上を目指します。そして、多くの方に美味しいと言っていただけるビール造りに励み、地ビール業界発展のために努力していきます。」と、今後の意気込みを示しました。

disp_photo_info

歴史ある大会で日本のブルワリーがこんなにもたくさんの賞をもらえるなんて、日本人として鼻が高いですね。日々の努力、真摯な取り組みが評価され花を咲かせた富士桜高原麦酒さん、おめでとうございます!う~、富士桜さんのビール、飲みたくなってきた~♡(編集員:N)

 

【関連ページ】
富士桜高原麦酒 ホームページ:http://www.fujizakura-beer.jp/
地ビールレストラン シルバンズ:http://www.sylvans.jp/

 

参照元:http://www.news2u.net/releases/127292

ライターの紹介

アイコン

ビール女子の編集部アカウント。イベントやリリース情報をご紹介していきます。

新着記事

今週の人気ランキング

もっと見る

SNSソーシャルアカウント

フォローしてね

ビール女子