Recipe

イエローラビゴットソースの皮パリチキンソテー

チキンソテー おつまみレシピ ビール

まだまだ蒸し暑さ残る今日この頃…、あんまり食欲出ないかも。と、思いきや!この『ラビゴットソース』が一緒なら、がっつりお肉もさっぱりと食べられます。“ラビゴット”とはフランス語で“元気を回復させる”という意味があり、一般的には赤や緑の野菜を使ったカラフルなものが多い印象ですが今回はシンプルにイエロー仕上げで。皮をパリパリに焼いた『チキンソテー』に添えたら大人な一皿の出来上がり!ビール飲んで元気出して明日もがんばろ!
■こちらもチェック:簡単アレンジ!鶏肉を使った人気おつまみレシピ

Recipe by Ryoko

材料

<2人分>
鶏モモ肉
2枚
ローズマリー
2本
適量
コショウ
適量
オリーブ油
適量
<ラビゴットソース>
タマネギ(みじん切り)
1/2個分
パプリカ(黄・みじん切り)
1/3個分
ケイパー
大さじ1
オリーブ油
大さじ2
大さじ1と1/2
砂糖
小さじ1~2
適量
コショウ
適量

作り方

Step1

鶏モモ肉は筋切りをし、身の厚いところは切れ目を入れる。塩、コショウを両面にふり、10分程置く。

Step2

ラビゴットソースを作る。タマネギはみじん切りにして水に5分ほどさらす。ザルに上げ、手でぎゅっと水気を絞る。ボウルにタマネギ、パプリカ、オリーブ油、酢、砂糖を入れ混ぜる。そこへケイパーを指で軽く潰しながら加えて混ぜ、塩、コショウで味を調える。

Step3

Step1の鶏モモ肉から出た水分をキッチンペーパーでふき取る。フライパンにオリーブ油をひきローズマリーを入れて弱火にかける。フライパンを傾け、ローズマリーを油に浸して香りを移す。泡が出はじめたら10~20秒熱してローズマリーを一度取り出す。やや弱めの中火にし、鶏モモ肉を皮目を下にしてフライパンに入れ、時々抑えながら7~8分焼く。しっかりと焼き目が付いてパリッとしたら裏返し、中火にしてさらに5~6分程焼いて中心まで火を通す。皿にStep2のラビゴットソースを盛り、チキンソテーを置いてローズマリーを乗せて完成。

Point

※チキンソテーの皮をパリパリ仕上げるには焼く前に水分をしっかりふき取ることと、焼く時に蓋をしないことがポイントです。

ひとことコメント

鶏肉だけでなく牛にも豚にも、お魚にも合う万能ソースです!

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン

静岡県在住のおつまみ研究員。 いつでもビールに合うお料理のことを考えてほんわか生きています。仲間と楽しくビールを飲む平和な時間が大好き!

この料理に合うビールは
ペールエール

ペールエールに合わせたいレシピ

Ryoko Sugiyamaのレシピ

彼氏と食べたいレシピ

人気レシピランキング

こちらの記事もおすすめ


ページ上部へ