記事

コンテンツ

コミュニティー

ビール女子SNS

ビール女子について

お酒は二十歳になってから。

春のケークサレ

春の野菜『アスパラガス、新ジャガ、新タマ』を使い、フランス語で塩のケーキという意味の『ケークサレ』を作ってみませんか?野菜を炒めて粉類と混ぜ、焼くだけの簡単レシピです。手作りのオシャレなお惣菜とお気に入りのビールを持って、春の陽朗らかなピクニックにどうぞ。

Recipe by 齊藤 真貴子

作り方

1

新ジャガイモは水から茹で、串がスッと刺さるまで茹で(またはレンジで加熱する)、ひと口大に切る。新タマネギはクシ切りにする。ベーコンは短冊に切る。ミニアスパラガスは根元の固い部分を切る。

2

フライパンにサラダ油(分量外)を入れて中火にかけベーコンを入れて炒める。Step1の材料を全て入れて軽く炒め、塩少々で味付けする。新ジャガイモ、ミニアスパラガスをバットに取りおく。

3

ボウルに卵を割り入れてとき、牛乳、太白胡麻油も入れて混ぜる。薄力粉、ベーキングパウダー、パルメザンチーズをふるい入れ、粉っぽさがなくなるまでゴムベラでさっくりと混ぜる。Step2の炒めた新タマネギとベーコンも混ぜる。

4

パウンド型(今回は市販の紙製のものを使用)に生地の半量を流し入れ、新ジャガイモ、ミニアスパラガスの半量をのせる。生地を全て入れ残りのアスパラガスをのせる。パルメザンチーズ(分量外)をふり、黒コショウを挽く。180℃に予熱したオーブンで30分焼く。串を刺して何も付いてこなければ焼きあがり。ケーキクーラーに出して冷まし、型からはずして切り分ける。

ポイント

※Step2では野菜の食感を残すため、炒めすぎないようにしましょう。※Step3では粉類を入れたら粘りが出るので混ぜすぎないようにしましょう。

ひとことコメント

今回は春野菜を使いましたが、家にある野菜や火を入れずに使える材料(コーンや鯖などの缶詰や、ウインナー)などでも簡単に作れます。また、パウンド型がなくてもプチプラで今回使用した紙のものもありますし、小さな型で焼くのも可愛く仕上がります。

ライター紹介

アイコン
齊藤 真貴子 フードコーディネーター

料理大好き主婦から会社員、スクールを経てフードコーディネーターへ。ビール女子では “オシャレながらも簡単に作れる” をコンセプトにしたおつまみレシピを多数公開中。大手企業向けレシピ開発、数々の企画イベントのフード担当やケータリング、料理教室などもこなす。プライベートでも根っからのビールラヴァーでビールを飲みながら小さな台所でおつまみや世界の料理を作り、研究してビールを楽しむ毎日。

お気に入りのレシピを
シェアしよう!

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

関連レシピ

こちらの記事もおすすめ


いいね!