News フルーツビール売上No.1『湘南ゴールド』 4 月 14 日(火)より限定発売

2015/03/23

今年もこの季節がやってきました! 4 月 14 日(火)より、春夏限定サンクトガーレン有限会社(以下、サンクトガーレン)の売上 No.1 (*1)フルーツビール(*2) 『湘南ゴールド』が解禁です。

湘南ゴールド サンクトガーレン 限定

 

神奈川で生まれたオリジナル柑橘系フルーツ


湘南ゴールドは、神奈川県が 12 年かけて育成したというオリジナル柑橘です。色はレモンのような黄色ですが、その見た目とは対象に食べると甘いオレンジの味がするのだそう。また、他の柑橘類を圧倒する華やかな香りが特徴です。その香りを最大限に生かすため、サンクトガーレンの『湘南ゴールド』には皮も実も丸ごと使用されています。よって、栓を開けた瞬間、飲んだときに口から鼻へ抜ける瞬間、ビール女子にはご法度ですが(笑) “ゲップ” の瞬間と、とにかく存分にオレンジの香りを楽しむことができるのです。

湘南ゴールド サンクトガーレン 限定

 

ビール界の異端児から不動の人気商品へ


サンクトガーレンではこれまで、チョコビールをはじめとする様々なフレーバービールが発売されてきました。当初は “珍ビール”  といわれることもあったそうです。それでも信念を持ち、新しいビールを提案し続けてきたサンクトガーレン。

このビールは、湘南ゴールド果実が少しずつ県内に出回るようになった 2008 年より春夏限定で販売が開始されました。翌年 には、Jリーグクラブ「湘南ベルマーレ」の公式ビールとしてチームのオリジナルラベルでも販売開始。そして 2011 年には、イギリスで開催された「ワールド・ビア・アワード」フレーバーエール部門でアジアベストを受賞し、続いて 2012 年には、アジア最大級のクラフトビールの祭典「ジャパン・ビアフェスティバル横浜」にて来場者人気投票をもとに授与される神奈川県知事賞を受賞するという毎年成長を遂げる注目のビールなのです。

昨年 2013 年には、人気女性誌の夏のおとりよせ大賞のクラフトビール部門グランプリに輝き、ついには国内生産のフルーツビール(*2) 売上 No.1 (*1)という不動の人気を確立したとのこと。

いつも斬新な新商品でワクワクさせてくれるサンクトガーレンのビール。暖かくなってきた今日この頃、早くさわやかな香りを楽しみたいですね♪

 

【製造風景ムービー】


 

*1 サンクトガーレン調べ。

*2  ここでは、フルーツもしくはフルーツシロップを糖化時、煮沸時、一次発酵または二次発酵中に投入してつくられるビールのこと(アジア・ビアカップ、インターナショナル・ビアカップの審査基準として使用されている「ビアスタイルガイドライン」による)を指します。ビールに後から何かをブレンドしたビアカクテル類は比較に含んでいません。また、ここでは麦芽率 50% 以上でビールと同じ税率のフルーツ “ビール” のみを考慮し、麦芽率  50% 未満のフルーツ“発泡酒”は比較に含めていません。

 

 

【商品概要】

『湘南ゴールド』

〇販売期間: 2015 年 4 月 14 日(火)~ 9 月末頃 <春夏限定>

〇品目:発泡酒

〇内容量: 330ml

〇希望小売価格: 429 円(税別)

〇販売場所:当社オンラインショップ、横浜そごう、横浜タカシマヤ他

〇サンクトガーレン 商品紹介ページ:http://www.sanktgallenbrewery.com/beers/shonan-gold/

<受賞歴>

・インターナショナル・ビア・コンペティション フルーツビール部門 2008 年金賞、2009 年金賞、2010 年銀賞、2012 年金賞、2013 年銅賞、2014 年銀賞

・ワールド・ビア・アワード フレーバーエール部門 2011 年アジアベスト、2013 年シルバー受賞

LINE@

ライターの紹介

アイコン
なな瀬 専属リポーター

『ビールがあるところに笑顔あり!』 北海道旭川市出身/ビアソムリエ/ビアジャーナリストアカデミー5期生/過去出演:マガジンハウス『Hanako』、JTBパブリッシング『mani mani 伊豆』/過去執筆:ワイン王国『ビール王国』、KKベストセラーズ『おとなの流儀』

新着記事

今週の人気ランキング