News クラフトビールにサッポロ参入で 4 社出揃う!ビール業界どう変わる?

2015/03/18

3 月 18 日(水)、サッポロビール株式会社(以下、サッポロビール)は 2015 年年始に発表していた、クラフトビール新事業についての発表が行われました。すでに大手メーカーの中でも先駆けてクラフトビール事業を始めたキリンビールに続き、アサヒビール、サントリービールがそれぞれ “クラフト” と名のつくビールを開発、一部発売しており、これで大手ビールメーカー4社でクラフトビール事業が本格スタートしたことになります。

 

サッポロ
年頭に発表されていた事業計画では、新しくクラフトビール事業に着手する旨、新事業会社設立の発表がされていたものの、その後 3 ヶ月弱は特に大きな発表をしてこなかったサッポロビール。

3 月 11 日には組織変更についての発表がされており、3 月 27 日付でクラフト事業部を新設することが発表されていました。

 

「ナショナルクラフト」という新領域サッポロ


今回の発表で、新事業会社名「ジャパンプレミアムブリュー」を発表。時松営業本部長の発表によると、これまで培ってきたサッポロのこだわりとナショナルブランドならではの安心感を掛け合わせ、「ナショナルクラフト」という領域を確率するとのこと。元々、クラフトビールというと、アメリカのブリュワーズ協会の影響から規模に対しての議論が日本でも多くありますが、 “ナショナル”  と、“クラフト”  という、一面的な見方によっては相反する言葉で、大手ビールメーカーのこだわりをどこまで表現するかということも含め、今後、どう展開されていくのか気になります。

また、新事業会社 ジャパンプレミアムブリュー株式会社を担当する梅原社長は、新ブランドについて、元々地ビールメーカーの工場であった、サッポロビール那須工場に製造を委託すること、これまでサッポロビールが主に展開してきたピルスナータイプではなく、上面発酵のエールタイプを主軸に商品開発をすることを説明しました。

 

 

新ブランドのコンセプトは "Enjoy craft,enjoy every day!"


ジャパンプレミアムブリューが発表する新ブランドは「クラフ トラベル」。 "Enjoy craft,enjoy every day!"  「ビールのある日に新鮮な驚きと楽しさを!」をコンセプトに、商品を展開するとのこと。まず第  1  弾として発表するのが「柑橘香るペールエール」。ポラリスとシトラという柑橘香の高いアロマホップを使用し、前向きでハレやかな気分になれるビール。

まずはサッポロビールネットショップを中心に、350ml 缶 288 円、また、首都圏 23 店舗で樽生を展開予定とのことで、「まだクラフトビールに手を出したことがない方、初心者の方にアプローチできれば」と意気込みます。

サッポロ

 

グレープフルーツのような香りとしっかり麦の香り


マスターブリュワーはドイツ ミュンヘンへのビール留学経験も持つ、新井 健司氏。第 1 弾として発表する、「柑橘香るペールエール」の試飲用のグラスを香ってみると、グレープフルーツのような少し苦みを想像させる柑橘の香り。口に含むと思いのほか苦みが強くなく、しっかりと香る麦の香りが印象的なビールでした。飲んだ後もしばらく喉の奥に柑橘のフレーバーが残りました。

 

今年、最低 2 種類は発売したいとする梅原社長。他にどんな種類が登場するか楽しみです。

地方色を打ち出した商品や、顧客とともにビールの開発をする「百人のキセキ」、オリジナルビールを造ることができるサッポロわくわくブルワリーの取り組み、那須の森サッポロビール園での限定ビールなど、兼ねてから大手ビールメーカーの中でも、比較的バラエティに富んだビール造りやクラフト感の強い商品開発に積極的に取り組んできた印象のあるサッポロビールが、新会社を設立してクラフト事業に本格的に参入することで、どのような商品が生み出されるか、今後の展開に期待したいところです。

ライターの紹介

アイコン
yucco/ 瀬尾 裕樹子 アドバイザー

某ブルワリーでの勤務経験をきっかけにビール女子を創刊。ビールの多様性を楽しむビール文化を日本に根付かせるため日々奮闘中。

新着記事

今週の人気ランキング

もっと見る

SNSソーシャルアカウント

フォローしてね

ビール女子