2017年6月9日(金)と10日(土)の2日間、大阪の大丸心斎橋店の北館6階食器売場にて、父の日イベントとして「有田焼ビアグラスでのビール飲み比べ」が開催されます。

 

ビールのためだけの有田焼

有田焼は江戸時代から作られている、長い歴史を持つ磁器。そんな有田焼に、ビールをよりおいしく飲むために開発されたグラスがあるって知ってましたか?ビール専用の有田焼「匠の蔵プレミアムビアグラス」で、この夏限定のアサヒスーパードライ30周年記念限定ビールを楽しめるのが今回のイベントです。この「プレミアムグラス」と「缶のまま」でビールを飲み比べて、味や口当たりの違いを体感できます。イベントは各日14時と17時から、各回10名が参加可能です。

グラスと缶でそんなに味の違いがあるのかな?と疑問に思う人もいるかもしれませんが、缶のままでは、ビール本来のマイルドさを実感できないこともあるんです。その理由は、缶ビールには炭酸が多く含まれていて、缶からそのまま飲むと炭酸とビールの対流が起こらないためです。

そこで活躍するのが、有田焼の「匠の蔵プレミアムビアグラス」。ビールをもっとおいしく飲むために考え抜かれた形になっています。グラスの形は全て同じですが、色や柄は多種多様。佐賀県有田の窯元が、それぞれの特色を活かして個性豊かに絵付けしました。価格は1,944円~12,960円までと幅があるので、好みやお財布事情に合わせてお好きにチョイスできます。イベント中にプレミアムビアグラスを購入すると、アサヒビールギフト限定缶の試飲缶が1缶もらえます。

グラスと缶の飲み比べでビールの味が変わるのを体感して、ビールにこだわりのあるお父さんへの父の日ギフトとして「匠の蔵プレミアムビアグラス」を選べたら素敵ですよね。お父さんと一緒にイベントに参加して、一緒にグラス選びをするのも楽しそう。

 

イベント後も有田焼ビアグラスを買える!

イベントは2日間のみですが、2017年6月7日(水)~20日(火)の間、北館6階食器売場には有田焼「匠の蔵プレミアムビアグラス」40種類が揃っています。そろそろビアグラスにもこだわりたいというビール女子のみなさん、これぞという特別なビアグラスを手に入れるチャンスですよ!美しい有田焼ビアグラスを見るだけでも楽しいので、ぜひ足を運んでみてください。

 

「有田焼ビアグラスでのビール飲み比べ」
◯日程:2017年6月9日(金)、10日(土)
◯時間:各日14:00~、17:00~
◯場所:大丸心斎橋店 北館6階食器売場(大阪市中央区心斎橋筋1-7-1)