NZビール紀行 Column 【NZビール紀行】オークランドで自作ビール作りに挑戦!(前編)

2015/11/21

Kia Ora.

長かったオークランドの冬も終わり、すっかり季節は夏!

太陽が近く、外に干した洗濯物が 1 〜 2 時間でパリパリに乾いてしまうほど。

こちらの小学校では、「日焼け止めを塗る」が校則になっていたり、

公共施設には日焼け止めが設置してあるなど、

美容のためというより、健康のために日焼け止めを塗ることが常識になっています。

 

さて、以前にニュージーランドでは、自作ビールが作れる! ということを書きましたが、

なんと! 私も自作ビール作りに挑戦することになったのです。

今回と次回の 2 回にわたってお届けします。

おいしいビールできるかな♪


 

まず、用意されていたのは、小学校の給食の時間に見たことがあるような大きな鍋!


自作ビール


 

これだけ大きな鍋では室内で沸かすことができないので、外にコンロを置いて、青空の下、作業スタート!


自作ビール


 

まずは、基本となる水作りから。

1. 水道水のカルキを抜くためのチップを入れます。なんだか化学の授業を思い出す作業です。


2. 沸騰しない程度に沸かし、モルトを投入して、


自作ビール


 

約1時間クツクツ煮ます。


自作ビール自作ビール


ん、なんだか・・・・味噌の匂い~


これは、モルトに含まれているデンプン酵素を糖化させる作業です。


 

そして、出来上がったのが「麦芽汁」


自作ビール


糖化されているだけあって、とっても甘い


昔懐かしのカンロ飴の味でした。


これがどうなったら、苦味のある大人の味に変化するのか


後半をお楽しみに〜♪

ライターの紹介

アイコン
Marika Taniguchi ライター/ニュージーランド特派員/英語のせんせい/

神奈川県出身・英会話の先生を勤めたのち、現在は、海外の教育現場を視察するために、ニュージーランドにワーキングホリデー中。 趣味は、尺八、ダイビング、囲碁(20級くらい)

新着記事

今週の人気ランキング

もっと見る

SNSソーシャルアカウント

フォローしてね

ビール女子