Column 【第5話】ドラマと一緒に楽しみたい!水10ドラマ「けもなれ」登場ビール

2018/11/14

日テレ系水曜ドラマとして10月初めにスタートした『獣になれない私たち』(以下、けもなれ)。ビールを飲みながら楽しみたい、大注目のドラマです。

現在第5話まで放送されています。どきどき展開のストーリーが楽しみなのはもちろんですが、なんといっても編集部が釘付けになる理由は、ドラマに登場するビールたち! ドラマでは、現存するビールから名前をもじったビールが登場していると言われています。



今回は、第5話で登場したビールたちをご紹介します! 実は実際に飲めるビールがほとんど。登場人物たちが飲んでいたビールを家で楽しんでみたり、近くのビアバーまで足を運んでみたり、ぜひチェックしてみてくださいね!


3種類のクラフトビール

第5話の中で登場したビールは以下の3種類。

「けもなれ」第5話に登場したビール

〇『アップルホップエール』

〇『キリン 一番搾り 』

〇サンクスガーレン『アンバーエール』

これらのビールの参考にされたと思われる、国内に実在するクラフトビールをご紹介します!(※あくまで編集部の予想に基づくものです。)


1. 南信州ビール『アップルホップエール

(画像・情報参照元:http://ms-beer.co.jp/

果実感たっぷり!りんごの発泡酒

南信州ビールの『アップルホップ』は、アルプス山脈に囲まれた南信州産のりんごを絞ってつくられた発泡酒です。りんごの味わいを元に、ぴったりの麦芽とホップが厳選されてつくられています。

コクをしっかりと感じながらも、りんごのジューシーで爽やかさを感じることができる、贅沢なおいしさです。飲みやすさとは裏腹に、6.5%とアルコール度数はやや高めなので飲み過ぎに注意したいですね。


\南信州ビール を飲む/商品情報を見る※別サイトに移動します



2. キリンビール『一番搾り』

おいしさを追求、お馴染みの一本

ビール好きなら一度は飲んだことあるのではないでしょうか、キリンビールの『一番搾り』。ドラマ内では、ガッキー演じる晶たちの行きつけクラフトビールバー「5tap」ではなく、会社の中で登場していましたね。

皆さんお馴染みの『一番搾り』ですが、実は2017年7月に大きくリニューアルがされて美味しくなったこと、ご存知でしたか? 100名の技術員による1,000回以上の試験醸造が行われ、日本人の繊細な味覚を満足させるおいしさが追求されています。研究され、おいしさに磨きがかかっている『一番搾り』ぜひ一度じっくり味わってみるのも楽しいかもしれません。


\美味しくなった『一番搾り』って?/詳しく見る



3. サンクトガーレン『アンバーエール』

焙煎した麦とホップの味わいを堪能できるビール

香ばしい麦の香りや味わいもしながら、ホップ由来の苦味と華やかな香りも楽しむことができる「アンバーエール」。高温でローストした麦芽が一部使われ、香ばしさと程よい甘みが特長的です。

サンクトガーレンの『アンバーエール』は、軽く焦がした"カラメルモルト"を使用し、焼き立てのパンのような味わいを引き締めるように、しっかりとしたホップの苦味も味わうことができるビールです。

しっかりとした味わいのビールには、ステーキなどの肉料理やハンバーガーなどの、味わいが負けないがっつりとした料理と合わせるのがおすすめです。


\サンクトガーレン のビールを飲む/詳しい商品情報を見る※別サイトに移動します


以上、第5話内で登場したビールをご紹介しました。第6話ではどんなビールが出てくるか、今から楽しみですね。テレビの前で、お気に入りのビールを片手に楽しみましょう!




\最新の新発売ビールまとめ

海の向こうのビアレシピ サントリービール 新発売


\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン

ビール女子の編集部アカウント。イベントやリリース情報をご紹介していきます。

人気ランキング

こちらの記事もおすすめ


ページ上部へ