Event ビール職人が選ぶ1位は?冬でもアツい『ジャパンブルワーズカップ2015』に行ってきた!

2015/02/04

ビール職人による審査会と、出品ビールが飲めるビアフェスが楽しめる「ジャパンブルワーズカップ2015」が2015年1月23日(金)~25(日)の3日間、横浜大さん橋ホールで開催されました。出展ブルワリーは50社、160種類のビールが飲めるとあって今年で3回目を迎える人気のイベントの魅力はやはり、ビールを造っている職人(ブルワー)に会えること。クラフトビールに関わる人々のアツ~いビールへの想いを知る取材となりました!

画像:ジャパンブルワーズカップ2015

ビール職人によるガチンコな審査会を見学


午前中は、審査会の様子を見学。ステージに26名のビール醸造に関わる方々が真剣な表情でテイスティングしています。この日はビールのテーマが「IPA(インディア・ペールエール)」と呼ばれるスタイルの審査会。最初に感じたのは、一口にIPAと言っても様々な色があるんだな・・・ということ。最近はスタイルを超えたハイブリッドなレシピのビールも増えているので、撮影のファインダー越しに緊張感がビシビシ伝わってきます。

画像:ジャパンブルワーズカップ2015審査風景

ブルワリーさんとお話しながらのビールは格別


審査会を終えて、ビアフェスの準備をしているブルワリーの皆さんは、リラックスムードでカメラを向けると笑顔で応じてくれます。お話を伺ったビール職人(ブルワー)さん達に共通していたのは、受賞の結果を、非常に冷静で客観的に受け止めているということ。本来であれば、自分のビールが一番可愛いはず。その想いを上回る“あくなき追求心”が柔軟性となり、クラフトビールのバラエティに富んだ味わいの魅力につながっているのですね。

画像:ジャパンブルワーズカップ2015


ブルワーもイベントを支えるスタッフも、みんなビールへの想いはアツい!
△日本クラフトビール山田氏、御殿場高原ビール金丸氏(写真左)/長野オラホビールブルーイングチームの戸塚氏(写真右・左男性)


画像:ジャパンブルワーズカップ2015


新しい個性的なビールを追求し続けている日本のブルワーさん。
△山梨「アウトサイダーブルーイング」丹羽氏(写真左)/千葉「ロコビア」鍵谷氏(写真右)


画像:ジャパンブルワーズカップ2015


△IPA部門で5位受賞「Hop Devil IPA」の輸入元 AQベボリューションのAlbert氏(写真左)
△最近注目のシアトルのマイクロブルワリー「Hilliard's brewery」輸入元 エバーグリーンインポーツの西氏(写真右)

栄えある受賞はどのブルワリーに・・・!?


午前中に審査したIPA部門の結果が、午後に行われたビアフェスで発表されました。1位は「Saint Archer Brewery」。輸入元のナガノトレーディングは6位の「Pizza Port Brewing」とのダブル受賞。アメリカ勢に押され気味なIPA部門ですが、その中で第2位となったのが、地元・神奈川県の湘南ビール「IPAシムコー」でした。

それにしても、昨年2014年の審査結果の顔ぶれとは一変。これは、それぞれのブルワリーが、新しいレシピの開発などで年々進化しているということの現れなのでしょうか。そして来年はどんな進化系クラフトビールが登場するか・・・今から楽しみですね!

画像:ジャパンブルワーズカップ2015

▼ジャパンブルワーズカップ2015審査結果

【ピルスナー部門:Pilsner style】エントリービール数34
1位:横浜ビール ピルスナー
2位:海軍さんの麦酒 ピルスナー
3位:盛田金しゃちビール 金しゃちピルスナー
4位:シャトーカミヤ牛久ブルワリー ピルスナー
5位:奥能登ビール 日本海倶楽部 ピルスナー
6位:八ヶ岳ブルワリー タッチダウンピルスナー

【IPA部門:IPA style】エントリービール数37(準決勝に同点があり、決勝に7銘柄進出)
1位:Saint Archer Brewery / IPA アメリカ(輸入元 ナガノトレーディング)
2位:湘南ビール / IPAシムコー
3位:Evil Twin Brewing / Falco アメリカ(輸入元 M's Kitchen)
4位:Thornbridge Brewery / Jaipur イギリス(輸入元 ウィスク・イ-)
5位:Victory Brewing / Hop Devil IPA アメリカ(輸入元 AQベボリューション)
6位:Pizza Port Brewing / Ponto S.I.P.A. アメリカ(輸入元 ナガノトレーディング)
7位:ワイマーケットブルーイング / Hysteric IPA

 

【緊急告知】 全受賞ビールが飲めるイベントが2月11日(水)に開催!


なんと、この受賞ビール(可能な限り同じバッチのものを集めました)がすべて飲めるというイベントが行われるとのこと。ビール職人の想いを感じつつ、同じビアスタイルでもこれだけ味わいが違うという“目からウロコ”な体験をすること間違いなし!

【開催概要】

『JAPAN BREWERS CUP 2015受賞ビールの会』

◯日時:2015年2月11日(水) 祝日/ 建国記念日 13:00~18:00
◯料金:スタンディング&キャッシュオンデリバリー制
◯場所:デビルクラフト浜松町(〒105-0013 東京都 港区浜松町2-13-12 ライズウェルビル1F)

JAPAN BREWERS CUP 2015受賞ビールの会

 

『ジャパンブルワーズカップ2015』(開催終了)

◯日時:
2015年1月23日(金)17:00~21:00
2015年1月24日(土)13:00~21:00
2015年1月25日(日)13:00~19:00

◯会場:横浜大さん橋ホール
◯入場料:500円
◯料金:ビールは1杯300円より、販売ブースにて直接購入

> JAPAN BREWERS CUPオフィシャルサイト

> JapanBrewersCup 公式Facebook

 

\あなたのこの夏、最高の一杯は?/

ビール女子アワード

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン
みつき/Yukiko Mitsuki エディター・ライター

石川酒造株式会社、銀河高原ビールにおいて営業職として勤務、メールマガジン、WEBショップサイト立ち上げを実施。その後大手通信会社にてメールマガジンやWebマガジンのディレクター・コピーライターの仕事を経て、現在はフリーランスで、飲食店で“本物をゆるーく楽しむ”イベントを企画する「ゆこらぼ」を主宰。大好きなビールを多くの人に好きになってもらいたいと、面白そうなことを日々酒場で企み中。

人気ランキング

こちらの記事もおすすめ