Release 【飲んでみた】銀河高原ビール「そよ風のケルシュ」数量限定発売

2017/06/01

株式会社銀河高原ビールから、2017年6月6日(火)に「そよ風のケルシュ」が数量限定で発売されます。暑くなってきた今の時期にぴったりの味わいを、一足先に試してみました!

 

ドイツ・ケルン地方伝統「ケルシュ」って?


「ケルシュ」は、ドイツ・ケルン地方で伝統的に造られるビアスタイル(ビールの種類)です。醸造過程で、上面発酵(エール) 酵母を使用しながら、下面発酵(ラガー)とほぼ変わらない低温で長期熟成させるのが大きな特徴です。そのため、エールビールのような華やかな香りがありつつも、ラガービールの持つスッキリとした味わいを感じられます。

 

華やかな香りと爽快な飲み口


グラスに一気に注ぐと、きめ細かい泡が勢いよく立ち上ります。「無ろ過」ビールならではの少し濁った黄金色。パッと華やかな香りが鼻を通り抜けます。

酵母特有のまろやかな味わいと軽い飲み口が特徴でゴクゴクと飲めてしまいます。後味には爽快な苦味が感じられ、「ん〜おかわり!」とついおかわりを求めてしまう一杯です。

さっぱりとした飲み口なので、揚げ物やお肉料理など、しっかりとした味わいのおつまみと相性が良さそう。ベランダに腰掛けてプシュッと一杯、1日の疲れを癒す。または、昼下がりにぽかぽか太陽の下でプチ贅沢タイムを楽しむ。そんなシーンにぴったりのビールです。

 

銀河高原ビール「そよ風のケルシュ」
◯発売日:2017年6月6日(火)
◯アルコール度数:5.0度
◯容量:350ml缶(税抜267円)、300ml瓶(税抜285円)
◯ホームページ:http://www.gingakogenbeer.com/

ライターの紹介

アイコン
酒井由実 ライター・エディター

ビール女子編集長。ビールを一口飲んだその瞬間からその美味さに感動、ビールの虜に。大学ではビールの嗜好とマッチョカルチャーの因果関係について研究。ビール女子編集部のライター・エディターとして、ビールの多様性を世の女性に伝えるべく日々活動しています。93年三重県生まれのビアソムリエ。

新着記事

今週の人気ランキング

もっと見る

SNSソーシャルアカウント

フォローしてね

ビール女子