Recipe

ファラフェル〜中東風ひよこ豆のコロッケ〜

2017/07/13

オシャレなビール女子必見!乾燥のひよこ豆1袋でオシャレな中東おつまみを作っちゃおー♪ お豆を茹でずに作れてハーブやスパイスたっぷりの香ばしい『ファラフェル』はビールのおつまみにもってこいの美味しさです。次回は簡単フムスと一緒に彩り鮮やかなファラフェルサンドもご紹介しますので、ぜひ一緒に作ってみてくださいね。

Recipe by 齊藤 真貴子

材料

<15個分>
・乾燥ひよこ豆      200g
・タマネギ        1/4個(50g)
・ニンニク        1粒
・パセリ(葉)      20g(葉を摘み片手にいっぱい)
・クミンパウダー     小さじ1/2
・コリアンダーパウダー  小さじ1/2
・コショウ        小さじ1/4
・塩           小さじ1/2
・サラダ油        適量

(タヒーナソース)
・練りゴマ(白)     大さじ2
・レモン汁        大さじ1
・水           大さじ1と1/2
・ニンニク(すりおろし) 少々
・塩           少々

作り方

Step1

乾燥ひよこ豆はサッと洗い、たっぷりの水に浸けて一晩置く(6時間以上、夏なら冷蔵庫に入れて戻す)。

Step2

Step1のひよこ豆のうち250gをファラフェルに使う(残りはフムス用に鍋に入れてたっぷりの水を入れて柔らかくなるまで30分茹でる)。

Step3

フードプロセッサーにニンニク、タマネギ、250gのひよこ豆を入れて撹拌する。ひきわり納豆くらいの粒になったらパセリ、クミンパウダー、コリアンダーパウダー、コショウ、塩を加えて撹拌する。粒が少しざらざらと残る程度のペーストになったらボウルに移し、冷蔵庫に30 分入れてタネを冷やし馴染ませる。

Step4

小さめのボウルにタヒーナソースの材料を入れて混ぜ合わせる。

Step5

Step3を2.5cm程の小さな丸形にする(このとき空気を出すように握りながら形作る)。鍋にサラダ油を熱し、高めの中温で茶色に色付くまでからりと揚げる。皿にタヒーナソースとともに盛り付ける。あればパクチーなどを飾る。

Point


  • ※塩以外の香辛料やパセリはたっぷりめに入れても良いでしょう。よりスパイシーに仕上がります。

  • ※揚げ油の温度が低いとタネがバラけてしまうので高めの温度で揚げましょう。

  • ※タネを入れたての時に鍋底に付いてしまうのでそっとはがします。はがしたらバラけないよう固まりかけるまで、あまり触らないようにしましょう。

ひとことコメント

ファラフェルとは、ひよこ豆を使って作られた中近東発祥のコロッケです。肉やパン粉を使わないので低カロリーなのに食べごたえは抜群!パンにサンドして食べたり、ご飯にトッピングしたり、スープの中に入れたりといろいろな方法で楽しめるのでヴィーガン文化が広まっているアメリカ・ニューヨークを中心に人気が高まっています。

ライターの紹介

アイコン
齊藤 真貴子 フードコーディネーター

料理大好き主婦から会社員、スクールを経てフードコーディネーターへ。ビール女子では “オシャレながらも簡単に作れる” をコンセプトにしたおつまみレシピを多数公開中。大手企業向けレシピ開発、数々の企画イベントのフード担当やケータリング、最近では料理教室などもこなす。プライベートでも根っからのビールラヴァーでビールを飲みながら小さな台所でおつまみや世界の料理を作り、研究してビールを楽しむ毎日。

この料理に合うビールは
ピルスナー

齊藤 真貴子のレシピ

もっと見る

ピルスナーのレシピ

今週の人気レシピ