Recipe

たっぷり新生姜のペーパーチキン

2017/06/19

タレに漬け込んだ鶏肉を紙に包んで揚げる、シンガポールで人気の『ペーパーチキン』。今回は『新生姜』を漬けダレだけでなく、千切りにして一緒に巻いてみました。包み紙を広げると、やわらかく仕上がったチキンと、熱々でジューシーな肉汁がたっぷり!冷えたピルスナーと一緒にいかがでしょうか?

Recipe by 舞子

材料

<2~3人分>
・鶏モモ肉     1枚
・オイスターソース 大さじ1
・醤油       小さじ2
・みりん      大さじ1
・ゴマ油      小さじ2
・酒        大さじ1
・新ショウガ    30g
・揚げ油      適量
・ライム      1/8個

作り方

Step1

新ショウガは5g分をすりおろし、残りは千切りにする。ボウルにオイスターソース、醤油、みりん、ゴマ油、酒、すりおろした新ショウガを合わせてタレを作る。

Step2

鶏モモ肉は大きさにより6~8等分に切り、Step1のタレに30分~1時間程漬け込む。

Step3

Step2をザルにあけて漬けダレをしっかりときる。クッキングシートの手前側の中央に鶏モモ肉と千切りにした新ショウガを置き、シートで巻きながら包んで両端をキャンディのようにねじる。3~4㎝残して余分なシートを切り落とす。

Step4

フライパンに多めの油を入れて熱し、Step3を入れて弱火~中弱火でじっくりと揚げ焼きにする。途中で上下を返しながら5~7分程火を通す。器に盛り付け、くし切りにしたライムを添える。

Point

※新ショウガが手に入らなければ、普通のショウガでかまいません。分量を少し加減してみてください。漬けダレはよく切ってからペーパーに包んで、低温の油でじっくり揚げましょう。食べる時は、包みから肉汁が溢れ出すことがあるので、火傷に十分注意してくださいね。

ひとことコメント

ライムの残りはピルスナーに軽く絞って入れても美味しいですよ!チキンと相性抜群です。白いご飯の上で包みを開けて、肉汁と一緒に食べるのも人気のようですよ。

LINE@

ライターの紹介

アイコン
舞子 フードコーディネーター

「食べちゃダメ」ではなく、「食べるためにどうするか」を提案することをモットーとしたビール好き管理栄養士。約10年の病院勤務を経て、現在は食育セミナーやレシピ提案など気ままに活動中。

この料理に合うビールは
ピルスナー

舞子のレシピ

もっと見る

ピルスナーのレシピ

今週の人気レシピ