Release みんなの投票で1位を決める『ビアワングランプリ 2017』へ潜入!

2017/02/13

こんにちは! ビール女子リポーターのなな瀬です。先週、墨田区にあるすみだ産業会館イベントホールで開催された第4回目となる『ビアワングランプリ フェスティバル 2017』へ初参戦して来ました。このイベントでは、ビールに精通した審査員とイベントに参加したビール愛飲家の投票によってグランプリが決まります。なんと言っても、入場料を払えば人気のビールやレアものまで飲み放題という、ビール好きにはお得すぎるイベントなんです。

すみだ ビアワン

 

審査員による厳選な飲み比べ


今回出品されたのは32社、約70種類のビール。こちらがイベント開催中の4時間飲み放題なんです。まず、一般入場が始まる前にビールの専門家によるビアジャッジ(世界基準のガイドラインに基づく官能評価による審査会)が行われました。

IMG_1178

審査員には、日本ビアジャーナリスト協会代表の藤原ヒロユキ氏や、ジャパンビアソムリエ協会代表理事の山上昌弘氏、またビール専門の飲食店代表者など、ビールのプロが集まり、黙々と慎重に審査をしていました。スタイルごとにグループを分けて行っているそうですが、これだけの種類があるとかなりハードですね(汗)。

 

オリジナルグラスで飲み放題


一般入場が始まると、イベント専用グラスを片手に待ちに待った大勢のビール好きが会場入りしました。受付でこの専用グラスをもらって(※数量限定先着順)、審査の対象となるビールを飲み比べます。それにしても、記念にもなる可愛いグラスです!

すみだ ビアワン

次のビールに飲み替える時には、水が上向きに噴射するグラスリンサーが設置されているので、グラスを綺麗に濯いでから美味しくビールを楽しむことができますよ。

ビアワン 墨田区

 

好きなビールを応援


会場にはカップルやビール好きのグループが多い様子。こちらの“ビール女子”たちは、ビールイベントをチェックしていたら『ビアワン』を見つけてみんなで足を運んだそう。

すみだ ビアワン

『ビアワン』では、グラスいっぱいには注がず、少しの量でたくさんの種類を各々が飲み比べできるので、みんなで味や香りの違いを一緒に楽しんで意見交換したり、お気に入りをおかわりしたり、他のビールイベントとは違った楽しみ方ができますね。

すみだ ビアワン

ビールに合うおつまみもちゃんと購入できます。会場内に漂うソーセージやベーコンの香りには、食欲を我慢できません。他にも、枝豆や唐揚げ、モツ煮込みなどビールに合う定番のおつまみも揃っていましたよ。

 

今年のグランプリは…


いよいよ投票の結果が発表される頃には、ほとんどのビールが空っぽに。みなさん、ここぞとばかりに思いっきり楽しんだ様子です。まずは、8つに分けられた部門ごとの発表から…

・ウィートビール部門:松江ビアへるん「ヴァイツェン」

・フレーバー&スペシャリティー部門:宮崎ひでじビール「日向夏ラガー」

・ライトカラーラガー部門:海軍さんの麦酒「ペールエール」

・ライトカラーエール部門:伊勢角屋麦酒「ペールエール」

・IPA部門:ヤッホーブルーイング「インドの青鬼」

・ダークカラービール部門:伊勢角屋麦酒「インペリアルレッドエール」

・スタウト&ポーター部門:飛騨高山ビール「スタウト」

・ストロングビール部門:Outsider Brewing「ピットブルバーレーワイン」

以上の結果になりました。みなさんのお気に入りのビールはありましたか?

すみだ ビアワン

当日会場に訪れていたブルワリーの方へは、発表とともに藤原ヒロユキ氏から表彰がありました。こちらは、フレーバー&スペシャリティー部門で宮崎原産の柑橘を使用した「日向夏ラガー」が選ばれた宮崎ひでじビール。

 

すみだ ビアワン

こちらは、見事ライトカラーエールとダークカラービールの2部門で選ばれた伊勢角屋麦酒。

 

すみだ ビアワン

そして数あるビールの中、見事グランプリを勝ち取ったのは昨年に引き続き、Outsider Brewingでした!

 

すみだ ビアワン

イベントの最後には、主催団体のひとつであるNPO法人 日本の地ビールを支援する会代表理事の青木 辰男氏から挨拶が。こちらのイベントは、ビール好きでもあるボランティアスタッフの協力によって成り立っている、そして日本の美味しいビールを存分に楽しんでもらいたいと、ビールへの想いを語ってくれました。

beerone5

これからもっと日本の美味しいビールが広まって、ビール好きが増えることを祈ります! このイベントの結果を参考に、まだ飲んだことのないビールを試してみてはいかがでしょうか?

ライターの紹介

アイコン
なな瀬 専属リポーター

『ビールがあるところに笑顔あり!』 北海道旭川市出身/ビアソムリエ/ビアジャーナリストアカデミー5期生/過去出演:マガジンハウス『Hanako』、JTBパブリッシング『mani mani 伊豆』/過去執筆:ワイン王国『ビール王国』、KKベストセラーズ『おとなの流儀』

新着記事

今週の人気ランキング