Release “白樺樹液水”を使った珍しいビール!限定醸造『八ヶ岳ビール タッチダウン 白樺ビート“生”』

2019/05/24


萌木の村株式会社の「八ヶ岳ビール タッチダウン」ブランドより『白樺ビート“生”』が限定醸造で、2019年5月10日(金)より公式オンラインショップ・取り扱い店舗にて発売中です。

春の芽吹きとともに採取できる“白樺樹液水”を使用することにより、ほのかな甘みとライトな飲み心地溢れるビールに仕上がっています。

春の恵み「白樺樹液水」を使用!

『白樺ビート“生”』には、春先の一時期にだけ採取できる貴重な天然白樺の「樹液水を仕込みの水に一部使用されています。

ミネラルを豊富に含み、ほのかな甘味を持つことから、飲用に加えて人工甘味料「キシリトール」の原料にもなったり、保湿力の高さから化粧品などにも使われています。

白樺の木々から、採取できるのは1 年のうちたった“3週間”ほどしかありません。一定期間を過ぎると樹液水はピタリと止まり、採取できなくなる貴重な樹液水。そんな「白樺樹液水」を利用する「白樺ビート“生”」は、全国的にも大変珍しいビールビアスタイルはピルスナー”です。

ピルスナー

ピルスナー とは

ピルスナーは、1842年に現在のチェコのピルゼンで誕生した、黄金色のビール(ボヘミアンピルスナ-)。淡色麦芽・ノーブルホップ・軟水を用いる。それを真似てもう少し色が薄く、ボディが軽くてドライなジャーマンピルスナ-が誕生し、日本の大手メーカーもお手本としたので日本人にとっても馴染み深い。


“春”と八ヶ岳“らしさ”が満載!


寒い冬を乗り越え採取された「白樺樹液水」は、ほんのりとした甘味が活きるよう麦芽由来の糖は可能な限り発酵段階で使い切り、きりっとライトな仕上がりに。モルト本来の旨味を活かしながらも、苦味づけは控え目にした一方で樹液水のふくよかな甘味を活かした八ヶ岳“らしさ”を満載したビール。

ぜひ気になるという方は、限定なのでお早めにチェックしてみてください。

松村 七海

店頭販売をする店頭がちょっと遠いなという方でも、オンラインショップがあるのでうれしいですよね。


『八ヶ岳ビール タッチダウン 白樺ビート“生”』

  • 〇発売日:2019年5月10日(金)
  • 〇アルコール度数:5.0%
  • 〇IBU:19
  • 〇原材料:麦芽、ホップ、白樺樹液水
  • 〇品目:発泡酒(2018 年4月施行の改正酒税法では「麦芽比率」が50%以上で、かつハーブや柑橘類といった「麦その他の政令で定める物品」が麦芽の5%以内であれば、ビールとして認められるようになりました。白樺樹液水は、上記物品に含まれないため品目は発泡酒となります。しかし、麦芽比率は100%に近い王道の「生ビール」であり、麦芽比率の高さから税率もビールと同じとなります。)
  • 〇公式オンラインショップ: https://www.yatsugatake-beer.com/
  • 〇店頭販売
  • ・ブルワリー併設レストラン「萌木の村 ROCK」https://rock1971.jp/
    (住所)山梨県北杜市高根町清里3545 萌木の村内
    ・ギフトショップ「萌木の村 エッセンガルテン」
    https://essengarten.com
    (住所)山梨県北杜市高根町清里3545 萌木の村内

【随時更新】発売日がひと目でわかる!新発売ビールカレンダー

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン
松村七海 ライター

ビールと音楽があれば頑張れるビデオグラファー。映画もゲームもテレビも旅行も野外イベントも、楽しいことが趣味。そして猫をこよなく愛する。

人気ランキング

こちらの記事もおすすめ


ページ上部へ