「ビール女子」読者の皆さん、こんにちは!絵になる食卓をつくるウェブマガジン TABLE MANIA 編集長のゆきこです。

もうすぐ七夕ですね。

織姫彦星の物語や、願い事を短冊にこめるなど、

七夕は日本の行事の中でも、ちょっとロマンチックな日だと思いませんか?

 

子供の頃はもちろん、大人になった今だって七夕の夜を楽しみたいもの。

七夕飾りや七夕向けのレシピはファンシーなものが多いですが、

今日は子供っぽくならない大人なしつらえで、ビール片手に夏の夜空を楽しむ5つの方法をお伝えします。

 

1. 短冊はシンプルに、ワントーンで揃える

子供の頃は、色とりどりの短冊に願い事を書いたものです。

あの頃を思い出して、今年やりたいことや夢を描いてみるのも楽しいもの。

 

大人っぽく、インテリアになじむ七夕飾りにするために、短冊の色をすっきりワントーンで揃えました。

画用紙を切るだけで簡単に作れるので、お好きな色で揃えてみては。

 

今回は涼しげにブルーと白のグラデーションですが、グリーンのグラデーションやモノトーンで統一するのもおすすめです。

 

2. 藍染や手ぬぐいで、夏らしいテーブルコーディネート

七夕の食卓にも、いつもの食器にプラスして少しだけ大人なエッセンスを。

藍染の大判の布をさっとテーブルにかければクロス代わりに。

 

質感もサラっとしていて夏らしく、一気に和のテイストを取り入れられます。

 

夏らしい和の色や柄を手軽に取り入れられる手ぬぐいは、とっても便利なアイテム。

テーブルナプキンとして使うもよし、食器の下に敷いたり、ランナーに使ったり用途も幅広く使えます。

 

食器を買い換えるのは難しくても、布なら数百円から1000円前後でも買えちゃう手軽さです。

一枚取り入れるだけで、ぐっと涼しげな夏の食卓を演出することができますよ。

 

3. 押さえておきたい、七夕の行事食「そうめん」

七夕は、7月7日に行われる五節句の一つ。

 

ひなまつりにははまぐりやひなあられ、端午の節句には柏餅やちまきがお決まりですが、

七夕には何を食べるかご存知ですか?

 

実は夏の定番そうめんが、七夕の行事食なんです。

 

せっかくなら押さえておきたいですよね。

カットするだけでお星様みたいな形になるオクラを添えて、見た目にもかわいらしく。

4. 氷を張ったガラスボウルで、涼しげ”和”つまみ

蒸し暑い今の季節、つくるのにも食べるのにも冷たいものはありがたいもの。

 

ガラスの器いっぱいに氷をしきつめた冷やしきゅうりは、見た目にもキラキラと美しく、食卓に涼を運んでくれます。

 

お好みのトッピングで楽しめる冷奴を添えれば、即席で涼しげな”和”のおつまみができあがり。

 

5. ゆっくり味わいたい、ゆずと山椒の効いた”和”のビール

星空を見上げながら静かな七夕の夜を過ごすなら、ビールも和テイストのクラフトビールで揃えたいところ。

 

Far Yeast Brewing「馨和 KAGUA Blanc」は、なんと素材に柚子と山椒を使ったビール。

”和食に合うビール”をコンセプトに造られた正真正銘の和なビールです。

 

フルーティーですっきりとした味わいはもちろん、もっちりとクリーミーな泡もおいしさの秘訣。

大人な気分でゆっくり楽しむ七夕の夜に、まさにぴったりのビールです。

 

今年こそ叶えたい目標や、いつか行きたい旅先、叶えたい夢、、、。

みなさんは今年、短冊には何を書きますか?

 

自分と向き合う時間として、七夕の夜を過ごすのも素敵です。

もちろん、とびきりのビールとご一緒に。

 

今すぐ取り入れられる5つのアイデアで、大人っぽくおしゃれな七夕のしつらえを整えて。

7月7日の夜は、星空に思いを馳せてみませんか?

 

TABLE MANIAでは、さまざまな”絵になる食卓”をご紹介しています。

ホームパーティーにオススメのアイテムや、テーブルコーディネート、あると便利あると素敵なテーブルウェアなどご紹介しています。
詳しくはこちら→絵になる食卓をつくるウェブマガジンTABLE MANIA

編集長ゆきこのブログはこちら→BLOG「CHEERS × CHEERS」

 

▼『ビールではじめる絵になる食卓』連載一覧

P101957911