サッポロビール株式会社は、「サッポロラガービール」の缶製品を2017年6月20日(火)から数量限定で発売します。普段は業務用を中心に大びんと中びんのみが販売されていますが、今回は女子1人でも手軽に飲める350ml缶と500ml缶が登場します。

 

日本でいちばん古い、伝統の味

「サッポロラガービール」は、明治10年(1877年)にサッポロビールの前身である開拓使麦酒醸造所から発売された、日本でいちばん長い歴史を持つビールブランドです。その伝統と熱処理ビールならではの厚みある味わいが高く評価され、幅広い世代のビールファンから愛され続けています。最近はレトロ感のある飲食店が 「サッポロラガービール」を取り扱うようになり、若い女子からも人気を集めているようです。サッポロビールは「ビール復権宣言」をテーマに、3年連続となるビールカテゴリーの前年超えを目指して、ビールブランドをさらに強化していきます。

 

フォトジェニック!レトロかわいい缶

ビール女子として注目なのが、缶のかわいらしさ。現在のびんラベルを忠実に表現したデザインはレトロで素敵な仕上がりになっています。やさしいオフホワイト色の缶がそのレトロなかわいらしさとラベル中央の赤星をより際立たせています。

缶の片面には、1908年当時のラベルと大日本麦酒株式会社誕生時期のストーリーが記載されています。ちなみに、「サッポロラガービール」の代名詞でもあるラベル中央の赤星は、開拓使のシンボルであった北極星を表しているんですよ。おいしいビールを作ってくれた先人たちに感謝しつつ、ぷしゅっと乾杯しましょう!

明治時代からずっと、ビール好きの呑んべえたちから愛されている「サッポロラガービール」。その伝統のおいしさをレトロかわいい姿とともにご堪能ください。

<商品概要>
『サッポロラガービール』
◯パッケージ :350ml缶・500ml缶
◯品目 :ビール
◯発売日:2017年6月20日(火)
◯原材料:麦芽・ホップ・米・コーン・スターチ
◯アルコール分 :5%
◯価格 :オープン価格
◯販売計画 :20万ケース(大びん633ml×20本換算)
▼ホームページ
http://www.sapporobeer.jp/lager/