ポートランドのクラフトビール事情 Column バレンタインに飲みたい!甘くもほろ苦い、ローグのチョコビール3本

2018/02/12

ポートランド クラフトビール チョコビール ローグ

こんにちは!ポートランド在住の東リカです。

「ビール女子」なら、バレンタイン目前のこの季節、「チョコビール」が気になっているのではないでしょうか。

ポートランドでチョコレートのビールといえば、日本でも比較的馴染みのあるブルワリー「Rogue Ales」のビールです。今回は、こちらのチョコビールを3種類ご紹介します。


独創的なクラフトビール「ローグ」

「Rogue Ales (以下ローグ)」は、ニューポートに拠点を置くクラフトビールメーカー。ニューポートは、ポートランドから南西に約210km、車で2時間半ほどの距離にある海沿いの街です。

ローグは1988年創業で、クラフトビール業界の中ではパイオニア的存在。その味には定評があり、数々のビールアワードを受賞しています。オレゴン州のクラフトビールの中で、最も有名なブルワリーの1つだと言えます。

丁寧に作られたエールやポーターはもちろん、ブルーマスターであるジョン・マイヤーさんの髭からとれたワイルドイーストを使ったり、人気ドーナッツ店とコラボしたドーナッツ・ビールを作るなど、独創的な試みをすることでも知られています。

今回ご紹介する3本のチョコビールも、ローグらしいユニークで美味しいビールです。


チョコレート・スタウト

まず1本目は、オランダのビタースイートチョコレートを使った「チョコレート・スタウト(Chocolate Stout)」。アルコール度数5.8%のアメリカン・スタウトです。

実はこのビール、日本からバレンタイン向けチョコビール輸出の依頼があったことをきっかけに作られたそうです。日本で「チョコレート・ベア・スタウト」として発売されたこのビールは、2001年に「チョコレート・スタウト」としてアメリカの市場にも登場。販売以来アメリカの国際ビール品評会「ワールド・ビア・チャンピオンシップ」のゴールドメダルの常連で、その味はプロのお墨付きです。

色は、反対側が見えないほど真っ黒。味は、ほろ苦いチョコレート風味で、それほど甘くはないのでさらりと飲むことができます。


ヘーゼルテリー・チョコタビュラス

続いては、「チョコレート・スタウト」に「ヘーゼルナッツ・ブラウン・ネクター(Hazelnut Brown Nectar)」をブレンドした「ヘーゼルテリー・チョコタビュラス(Hazelutely Choctabulous)」。アルコール度数5.7%のエールです。

ローグの地元ファンたちは、これまでも人気のチョコレートとヘーゼルナッツ風味のビールを組み合わせて楽しんでいたんだとか。その味わいを広く楽しんでもらおうと登場したのがこちら。ローグは「ボトルに入った板チョコ(Candy Bar in a Bottle)」と呼んでいますが、こちらもそれほど甘くはなく、ナッツの香ばしさとほろ苦いチョコレートの味わいが広がる飲みやすいビールです。


ダブル・チョコレート・スタウト

3本目は、真っ赤なボトルが目をひく「ダブル・チョコレート・スタウト」。最初の「チョコレート・スタウト」の進化版だというアルコール度数8.7%のスタウトです。

こちらも色は真っ黒でクリーミーな泡が立ちます。味はどっしりと濃厚で、リッチなチョコレートの風味があります。チョコレートに加え、材料には蜂蜜も使われているからか、他の2本に比べ、甘さも強く感じます。また、この3本の中ではアルコール度数が高いこともあり、かなり飲みごたえがあります。

ローグのサイトによると、どのチョコビールもビーフやデザートとのペアリングがお勧めだとか。プレゼントとして贈るのはもちろん、暖かいお家でバレンタインディナーのお供に、大切な誰かとシェアするのもいいですね。


Rogue Ales :https://www.rogue.com/

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン
東リカ ライター

「ビール天国」と呼ばれるポートランド在住のフリーライター。美味しいクラフトビールが大好きです。

人気ランキング

こちらの記事もおすすめ


ページ上部へ