Release 【宅飲み】コンビニ食材で簡単30分! お家でできる燻製おつまみを作ってみた

2017/06/06

今、じわじわときている燻製ブーム。燻製ならではの独特な香りと味わいは、ビールのお供にもってこいですよね。

燻製 家で 簡単 コンビニ ビール おつまみ

お家で燻製というと時間も手間もかかると思っていませんか? どうやら最近は、初心者でも簡単に使える燻製キットや専用土鍋が販売されるなど、お家でお手軽に燻製おつまみを作れるらしいのです。

ということで今回は、燻製専用の土鍋を使って燻製おつまみ作りに挑戦してみました。

 

コンビニ食材が燻製おつまみに変身


今回は、コンビニ(ローソン)で購入した食材を燻していきます。

サラダチキンプレーン(238円)/マスカルポーネチーズ鱈(189円)/ソフトさきいか(108円)/肉焼売(195円)/味付たまご(141円)/デラックスミックスナッツ(348円)/笹かま(178円)/ちくわ(140円)/ポテトチップス のり塩(112円)、合わせて1,649円

 

使うのは、 「いぶしぎん(大)」(伊賀焼窯元 永谷園)という燻製専用の土鍋です。この土鍋を使うと、手間がかからずあっという間に燻製料理が作れるのです。

 

それでは早速作っていきましょう!

まず、鍋の底にアルミホイルを敷き、その上にスモークチップ(約5~7g)を乗せます。

 

スモークチップの上にさらにアルミホイルをかぶせて蓋をします。

 

網を設置し、食材を乗せていきます。一段目は火に近いので、しっかりと焼きたい食材を選ぶのがポイント。今回は、冷凍の焼売とちくわを乗せました。

 

2段目には、サラダチキン、味付たまご、笹かま、

 

3段目には、チーズ鱈、ソフトさきいか、ミックスナッツ、ポテトチップスを乗せました。

 

食材を乗せたら、蓋を開けたまま強火で燻していきます。5分経ったら蓋をして、煙を閉じ込めるためにフチのところに水を流し込みます。そこからさらに5分加熱。

火を止めて約20分放置し、余熱で食材を燻していきます。燻している間、煙はあまり外に出ないので、家でも安心して調理できるのが嬉しいところ。燻製特有の強い匂いもそこまで感じられません。

 

 

そしてあっという間に20分後、ワクワクして蓋をあけると…

 

 

 

 

 

どどどどーん!!


蓋を開けた瞬間に、鼻にふわ〜っと届くスモーキーな香り。しっかりと色がついたおつまみたちが食欲をそそります。んービールが欲しい!

 

 

サラダチキンからあふれ出る肉汁。卵も笹かまも美味しそうな色に仕上がりました。

 

冷凍のまま入れた焼売も、しっかりと火が通っていました。

 

 

最後にお皿に盛りつければ燻製おつまみの完成!

コンビニでお手軽に買える食材も、あっという間に本格的な燻製おつまみに変身しました。簡単すぎて目からウロコ。

 

 

ビール×燻製おつまみで宅飲み


さてさて、早速ビールをプシュッ。まずは「よなよなエール」(ヤッホーブルーイング)で乾杯といきましょう。

スモークチップの香りをたっぷりと吸い込んだ燻製おつまみを、「よなよなエール」の柑橘感じる華やかな香りが柔らかく包みます。ビールが止まらない、クセになるペアリングです。

 

他にも、燻製おつまみと相性抜群のビールを探し出すべく、様々な種類のビールに挑戦しました。



 

 

ちょっとアレンジ♪ で、さらに美味しく


せっかく燻った食材をそのまま味わうのもいいですが、さらに少し手を加えてみるのも楽しいですよ。今回試してみたのは、燻製ミックスナッツのはちみつ漬け。甘さの中にしっかりと香ばしさが感じられて、ビールとの相性も言わずもがなです。

他にも、燻製したちくわにキュウリを挟んだり、マヨネーズや醤油などの調味料を燻製してサラダに和えたりと、燻製おつまみのアレンジは様々。あなたのお気に入りを見つけてくださいね。

 

 

誰でも簡単に始められるおうち燻製。
道具さえあればあっという間に本格的な燻製を楽しむことができます。いつものおつまみも燻製にすれば宅飲みがさらにはかどりますよ。
騙されたと思ってぜひ一度お試しあれ。

LINE@

ライターの紹介

アイコン

93年三重県生まれのビアソムリエ。大学ではビールの嗜好とマッチョカルチャー(男性的概念)の因果関係について研究。ビール女子編集長として、ビールの多様性を世の女性に伝えるべく日々活動しています。

関連記事

新着記事

今週の人気ランキング