ビールと一緒に世界の家庭料理を旅しよう! Column スリランカの家庭料理、サフランチキンカレーと一緒にいかが?ビアハンターMJも唸るスリランカの黒ビール「ライオン・スタウト」!

2015/08/24

ビール女子読者の皆さん、こんにちは! KitchHike 編集部・ユリアです。

好評頂いておりますビール女子 × KitchHike コラボ企画第 2 弾!

今回は、前回のタイ王国・シンハービール編に引き続き、夏を更にホットに迎え入れるチリチリ! 王国、スリランカからのビールをお届けします!

 

 



KitchHike とは?


世界中の食卓で料理をつくる人 [COOK] と食べる人 [HIKER] をマッチングするWebサービスです。 旅先の海外や日本に住む外国人の食卓におじゃまして、外国人の作る家庭料理を食べながら交流することができます。> 公式Hp



▼KitchHikeについてはこちら↓


世界の家庭料理を旅しよう!料理を作る人と食べる人をつなぐマッチングサイト – KitchHike 


 

 

kitchhike2-1
そういえば、思い出す学生時代。

突如1週間前に航空券を手配し、高らかに日本脱出宣言するわたしの横で友人がボソリ。

「スリランカってどこにあるの?アフリカ?」

語幹なんでしょうか、カサブランカ (モロッコ) と通じる所はなきにしもあらずだけれど、大間違い。スリランカは地球儀規模で見れば日本から西へちょいっと移動した方角、東南アジアにあります。

そして、みなさまにおすすめしたい常夏の楽園なのです。
とはいえ、日本では、あまり話題にのぼりにくいのか、スリランカへの知名度は低めのよう。知られているとしたら、紅茶好きの方に有名なセイロンくらいでしょうか。インドとは、ベンガル湾をまたいでそう遠くない場所に浮かぶ島国。「臭みのないインド」といった風合いで植民地時代の欧風建築が数多く残る都市があり、上質なアジアリゾートとして近年脚光を浴びている国でもあります。

さて、そんなことを言っている間にも喉はカラカラ!
それでは、いきましょう、スリランカに「乾杯」!!

 

LION BEER (ライオン・ビール)


 

LION LAGER (ライオン・ラガー)
リゾート地・モルディブで一番呑まれている金字塔ビールこそ、我らが「ライオン・ラガー」なのです。前回紹介したシンハービールに似て、嫌味の無い苦み・コク!日本のビールで言うならばオリオンビールに似ている感じでしょうか。ビールだけれどキレキレなのどごしというよりかは、海から上がってやさしく喉を潤してくれるホップのハーモニーに癒される・・・そんな感じを受けます。

LION STOUT (ライオン・スタウト)
ビアハンター、マイケル・ジャクソン (!) が「この上面発酵ビールは柔らかくフレッシュなモカチョコレートのようだ」と絶賛したと言われている逸品。まるでブランデーのように芳醇なまろやかさが口一杯にひろがり、チョコレートを思わせるような風味の余韻が止まりません。編集Mはおもわず「この子をビールに括るのは強引すぎる!!!」と絶叫。
映画で例えるなら「ロング・グッドバイ」の敏腕主人公探偵・マーロウに呑んでほしい。ラストシーンで知己を撃ち殺したあの夜に燃え盛る暖炉を前に、友人の死とやるせなさをもみくちゃにしながら噛み締めてほしい・・・そんな心はハードボイルドなあなたにオススメな一杯です。

 

kitchhike2-2

 

 

美味しいビールは、美女のこんな眩しい笑顔をも引き出すパワーを秘めています。

ここで、出来るオトコは一発ウンチクでも入れておきたいところ。
「ライオンスタウトの良さは、上面発酵ならではのこのどっしりとした重厚感。ムンと立ち上るこのあまいアロマはまるで新月の夜でさえも闇夜に紛れることの叶わない君の香り立つ色香のようだね・・・」

言われたいというより男性に生まれ変わってこういう匂いに匂いすぎて悶絶するような台詞を言って、女子にしかめっ面されてみたいです。

kitchhike2-3

 

ビア・ハンター、マイケル・ジャクソンのご尊顔。

「どうだい、今日もグッドビールしてるかい?」

 

 

KitchHike の人気 COOK 、スリランカから来たジャスティンさんに聞いてみました!


kitchhike2-4
ジャスティンさんのコメント

「ライオンビールは、スリランカのほとんどのホテルやレストランで置いている代表的なビールです。ライオンが描かれているデザインのラベルが印象的。暑い気候に合うスッキリした喉ごしの良いビールでとても飲みやすくスリランカカレーとも良く合います。


黒ビールのスタウト、アルコール度数の高いストロングなどもございますが、一般的には4.8%のライオンビールの人気が高いようです。」



 

ジャスティンさんが作るスリランカ家庭料理はビールにぴったり!


サフランライスのチキンカレー!


 

kitchhike2-5
kitchhike2-6
ジャスティンさんのつくるチキンカレーのベースはトマト&オニオン。そこに、自家調合のオリジナルスパイスをふんだんに加えた特別な家庭の味に仕上がっています。カレーペースト、カレーパウダー、チリパウダー、ホワイトペッパー、サフラン、お酢、ココナッツミルク、ヨーグルト・・・次々と目の前でお鍋に投入する姿は、薬をつくる魔法使いのよう!

 

kitchhike2-7
こちらはカレーにははずせないお米、サフランライス。パキスタンライスという種類で、香辛料の味わいをより風味よく引き出してくれる最高のパートナー! サフラン、バター、塩少々、カシューナッツ (ピーナッツ)、カレーリーフ、レモングラスを合わせて炊きあがるとこんなにも香ばしいご飯が炊きあがるなんて!

 

実際に食べてみた感想!


スリランカ料理を食べるのは今回が初めて。熱々のサフランライスに2種類のカレーを盛ると、食べる前から沢山のスパイスの香りが食欲を刺激します! チキンカレーを一口食べてみると、ジャスティンさん秘伝のカレーペーストとスパイス、そしてココナッツの香りが口中に広がりました。

 

kitchhike2-8

香ばしいサフランライスとの食べ合わせも最高なのですが、何と言っても驚いたのは、パイナップルとカレーの相性の良さ! スパイスで存分にパイナップルの甘みが引き出されていて、そのジューシーな美味しさは、チキンに勝るとも劣りません。ジャスティンさん曰く、別々のカレーを最後はミックスして味わうのがスリランカ流なんだとか。一皿の中で色々な味が楽しめるスリランカカレー、何杯もおわかりしてしまいました!

kitchhike2-9

 

ジャスティンのスリランカ家庭料理はビールにぴったり! カレーとビールの相性の良さに改めて感動してしまいますね。

ビールマスターさえも大絶賛するライオンビール。いつも呑んでいるビールとひとくくりにしたら痛い目をみますよ! その前に、こっそり手に入れてじっくり味わい比べてみてくださいね。

 

 

代々木上原に住むジャスティンさんの動画


http://youtu.be/1AHsKxW9aHg

 

KitchHike Infomation


ジャスティンさんの家庭料理を食べに行ってみよう!

この記事のメニュー: スリランカカレー (Sri Lanka Chicken Curry with Saffron rice)

COOKプロフィール: スリランカ人のJustinさん

価格帯: 約1800円〜3000円 (15〜25$) *ジャスティンさんは他にもいくつかメニューを用意しています

アクセス: 小田急線・千代田線代々木上原駅より徒歩7分

 

ライターの紹介

アイコン

ビール女子見習い1年目。 夏の朝の一杯目こそビール。 休日ご飯を作る時のお供もビール。 気付いたら、生活にビールがあふれつつ ツマミを中心に世界が回りつつあります。 いつぞや映画「ハング・オーバー」的冒険にでたいと画策中。

新着記事

今週の人気ランキング

もっと見る

SNSソーシャルアカウント

フォローしてね

ビール女子