Release 最近いつ夜空を見上げましたか? おやすみ前に癒しのビール『星の空』を。

2018/04/25


忙しい毎日に追われ、夜空を見上げて一息つく機会が減っていませんか? 

そんなあなたに今夜こっそりと教えたいのは、星に一番近い場所に舞い降りた『星の空』。1日の終わりに癒しのスパイスを添えてくれる、とっておきのビールです。



星に一番近い場所に舞いおりたビール

『星の空』は、富山県の代表的観光地として知られる「立山黒部アルペンルート」のクラフトビールです。

「星に一番近いリゾート地」として標高2450mに立地するホテル立山では、夜空に広がる天の川や流れ星を楽しむことができます。『星の空』という名前は、そんな立山黒部アルペンルートの満天の星空から命名されています。



この『星の空』、立山の主峰である雄山直下からの湧水で仕込まれました。立山玉殿の湧水は日本一高い場所で採水される湧水でもあり、"星に一番近い水" として知られています。


発売されているのは、「オリジナルビール」と「黒ビール」の2種類。立山連峰に浮かぶ星空が全面に打ち出されたスタイリッシュなパッケージです。


すーっと溶けてく、優しい味わい


まず紹介するのは、明るい星空のパッケージが特徴的な「星の空 オリジナルビール」。国産米を使った、フルーティーでまろやかな味わいが特長のビールです。



グラスを傾けると、お米由来の甘い香りがふんわりと鼻に届き、まろやかな口あたりを楽しむことができます。ほどよい喉ごしと、すーっと溶けていくような澄んだ味わいで、ぐびぐびと飲めちゃいます。


苦さ控えめな、やわらかな味わい


次に紹介するのは、真夜中の夜空を思わせるパッケージが特徴的な「星の空 黒ビール」。ほんのりと感じられる香ばしさが心地よく、麦の甘みをしっかりを感じることができます。


アルコール度数4.5%、苦み控えめでドリンカブル。肉じゃがなどのやさしい味の食事と合わせて味わいたい一品です。


「おやすみ」前のプチ贅沢タイムに


立山連峰に浮かぶ星空のパッケージと、包み込むように優しい味わいは、まさに “癒しのビール” 。

どれだけ忙しい毎日でも、ビール片手にほんの少しの贅沢な時間を過ごす夜だってアリかもしれません。いつもよりステキな夢が見られるはず。


立山地ビール「星の空」

〇種類:オリジナルビール、黒ビール

〇発売日:2018年4月10日(火)
〇アルコール分:4.5%

〇価格:400円

〇内容量:330ml缶

〇原材料:国産米(オリジナルビールのみ)、ホップ、麦芽

〇販売場所:立山黒部アルペンルート(立山湖〜黒部湖)内の各売店、通販サイト「売店ひろば」

〇通販サイト「売店ひろば」:http://www.alpen-route.jp/

〇購入ページ:http://ariyorikun.fu.shopserve.jp/SHOP/list.php?Search=%E6%98%9F%E3%81%AE%E7%A9%BA

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン

93年三重県生まれのビアソムリエ。大学ではビールの嗜好とマッチョカルチャー(男性的概念)の因果関係について研究。ビール女子編集長として、ビールの多様性を世の女性に伝えるべく日々活動しています。

人気ランキング

こちらの記事もおすすめ