Event 飲んで、学んで、体験できる!「よなよなエールのオープンブルワリー」は楽しすぎるイベントだった!

2019/08/22

株式会社ヤッホーブルーイング(以下、ヤッホー)の醸造所で、2019年8月3日(土)、4日(日)の2日間、「よなよなエールのオープンブルワリー(以下、オープンブルワリー)」が初めて開催されました。


「オープンブルワリー」とは、長野県佐久市にある醸造所で飲んで、学んで、体験できるというイベント。醸造所は期間限定開催の「大人の醸造所見学ツアー」時にしか入れないので、ヤッホーファンならばこの機会は逃せません。参加できるのは事前にチケットを購入した各日500名のみです。

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー
初開催の「オープンブルワリー」は、ビール好きが存分に楽しめるよう、様々なコンテンツが用意されていました。天気に恵まれた暑い日でしたが、一日居ても楽しめたイベントの様子をレポートします!

飲んで、学んで、体験できるコンテンツはコレ!

◆試飲コーナー
◆パッケージング体験
◆原材料体験
◆品質管理体験(テイスティング、酵母観察)
◆製造工程体験(醸造所見学)

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー
ヤッホーTシャツの着用率の高さが目立つ中、ネイルまでヤッホー仕様のファンを発見!いつもヤッホーのイベントに参加するという熱心なファンの皆さん。「お互いイベントを堪能しましょう」と、それぞれのコンテンツに向かいます。

私も全制覇を目指して向かいます!

この日しか飲めない超実験的ビールも

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー 試飲コーナー
試飲コーナーでは、試飲用カップを受け取って、好きなビールを試すことができます。

用意されているビールは、開催時にヤッホーブルーイングでつくっている、ほぼすべてのビール!もちろん軽井沢エリア限定のビールもありました。

その中でも注目なのは、普段は門外不出の試験醸造ビール。そんな貴重なビールが飲めるなんて嬉しすぎます。

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー 試飲コーナー
こちらが試験醸造ビール。商品名は『フラワリーホッピーエール』、副原料にラベンダーを使っているそう。ラベンダーのいい香りがします。結構苦くてびっくり!

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー 試飲コーナー
定番ビールだけでなく、2019年9月から販売開始予定の新製品『SORRY SAKURA MOCHI STOUT(ソーリーサクラモチスタウト)』や父の日ビールなどもあり、なかなか試飲コーナーから離れられませんでした。

ここでしかできない「巻締」体験

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー パッケージング体
次のブースに移ろうとすると、拍手と共に「ナイス、パッケージング!」という元気な掛け声が聞こえてきます。

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー パッケージング体
ここでは、この機械を使い「巻締(まきしめ)」という缶と蓋を圧着させる工程を体験できます。

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー パッケージング体験

安全のためにメガネを装着し、缶に蓋をのせ、機械に設置します。スタッフさんの指示通りに機械のスイッチを入れ、レバーを手前に引くと、缶がくるくると回転します。5秒程で自動的に回転が止まり、巻締完了です。思ったより簡単にできますが、一つ一つ手作業でやるとしたら大変そう。自分で巻締した缶はお土産に。翌日からデスクに飾っています。


ビールの原材料を知る

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー 原材料体験
続いては、ビールの原材料のあれこれを体験することができるコーナーへ。まずは6種類の麦芽(モルト)の食べ比べゾーン。どれだけ食べてもOK!

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー 原材料体験
6種類のホップの香り嗅ぎ分け体験も。

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー 原材料体験
さらに、モルト袋を持ち上げる体験もできます。一袋はなんと25kg!これが持ち上がらないと醸造家(ブルワー)になれないそうです。

ブルワーのなおGさんにお手本をお願いしたら、当然ですが軽々と持ち上げてくれました。インドの青鬼を仕込む時、モルト袋は80袋を使うそうです。1日2仕込みの時は、なんと160回も持ち上げることに。

品質管理体験ではプロの気分になれるかも

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー 品質管理
品質管理体験コーナーでは、酵母に触れたり、匂いを嗅いだりすることができます。ヤッホーのビールはそれぞれ酵母の種類を変えているとのことで、この日は3種類の酵母が展示してありました。

実際に「水曜日のネコ」の酵母の匂いを嗅いでみると「水曜日のネコ」の香りが!“香り”に焦点を当てるとホップに目がいきがちですが、酵母によるものもあるのだなと感じることができました。

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー 品質管理
さらに、酵母は顕微鏡でも観察することができます。こんなに小さくて、丸くてかわいい形をした酵母が働いてくれるお陰でおいしいビールになるのだなと思うと、より愛おしく感じますね。酵母に感謝です。

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー 品質管理
テイスティング体験では、3つの中から1つだけ味が異なるビールを選ぶという「トライアングルテスト」に挑戦。

テイスティングの方法を製造部門がみたさんから教わります。
外観→香り→味の順でテイスティングを進めるそうです。最初に、3つのビールを自然光にかざして色や濁りなどがないかを確認、次に鼻をグラスにつけて深く吸い込んで香りを確認、最後に飲んでみて味を確認します。

テイスティング中は、他の人の意見に引っ張られてしまうので「おしゃべり禁止」です。皆さん、テストを受けるように真剣に取り組んでいました。体験コーナーでの正解率は40%位とのこと。いかに難しいかが分かります。出荷前の最終関門であるテイスティングは、とても重要な作業です。

ビール造りの現場へ突入

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー 醸造所見学
「醸造所見学ツアー」は15分おきに開催されます。参加者は帽子と靴カバーを身に付け準備万端!最初に注意事項を受け、いよいよビールを造る現場へ足を踏み入れます。

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー 醸造所見学
最初は、仕込み室と呼ばれる麦汁をつくる部屋へ。

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー 醸造所見学
所々にスタッフさんの写真と説明書きがありとても分かりやすい!じっくり読んじゃいます。

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー 醸造所見学
ここでは初麦汁(ろ過したばかりの麦汁)と煮沸後麦汁(ホップを入れて煮沸した後の麦汁)の試飲ができました。アルコールが入っていないので、運転手の方も試飲することができます。

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー 醸造所見学
麦汁試飲の後は発酵タンクの間を通り抜けます。前を行く人が小さく見えます。

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー 醸造所見学
滅多にのぞくことができない、空っぽの発酵タンクの中をのぞくこともできました。

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー 醸造所見学
ここでしか飲めない「蔵出しビール」。タンクから直接注いだビールが飲めるなんて最高です!フレッシュな味わいで、もっと大きなグラスで欲しかったです。

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー 醸造所見学

普段の「大人の醸造所見学ツアー」では案内されていない場所を通り抜けました。なんだか宇宙船の中にいるみたいです。


ヤッホーブルーイング オープンブルワリー 醸造所見学
最後に確認の“〇×クイズ”に参加したりと、盛り沢山の内容で大満足でした。

もちろんフードも充実

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー クラフトビール
キッチンカーエリアでは、『SORRY UMAMI IPA 無濾過版(600円)をはじめ、3種類のドラフトビールや缶ビール(250円)の提供もあります。

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー クラフトビール
ビールを飲んだら、やっぱりラーメンを食べたくなりますよね。風見鶏の濃厚鶏白湯ラーメン(900円)は、塩分が身体に染み渡る味わいでした。

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー クラフトビール
PARADEのタルタルバーガー(700円)と「クラフトザウルス ブラックIPA」(250円)。ハンバーガーは人気がありすぎて、初日は早々に売り切れてしまったとか。

その他にもいろいろ

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー
ヤッホースタッフさんと一緒にヤッホーのビール缶で作る「多肉植物寄せ植えワークショップ」のコーナー。販売もありますが、自分でアレンジするのも楽しそうですね。

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー

直売スペース「よなよなミュージアム」では、ここでしか入手できない限定ビールや、もう手に入らないと思っていた過去のイベントグッズが販売されています。郵送も可能なので、どれだけ買っても大丈夫。


ヤッホーブルーイング オープンブルワリー
気温と湿度が高い中、お子様連れでも過ごせるよう「キッズスペース」が設置。

ヤッホーブルーイング オープンブルワリー
このような配慮があると、家族で参加できていいですね。


2019年8月3・4日に開催された「オープンブルワリー」。

ほとんどのコンテンツを体験し、ビールを飲みながらフードを頬張っていると、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

オープンブルワリーから帰る時、少し寂しい気持ちになりましたが、新幹線の中では「今日は佐久に来てよかった。また次も開催して欲しいなぁ。」と満ち足りた気分に。最寄り駅の佐久平駅には東京駅から北陸新幹線で約1時間30分。プチ旅行気分で来られる「オープンブルワリー」、またの開催を待ち望んでいます。


よなよなエールのオープンブルワリー

〇開催日時:2019年8月3日(土)、4日(日)11:00~17:00
〇定員:各日500名、完全予約制
〇料金:1,500円/1人(税込)
*フード、ドラフトビール、缶ビールは別料金
〇場所:ヤッホーブルーイング醸造所(長野県佐久市小田井1119-1)
〇公式HP:https://yohobrewing.com/

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン

通勤中はビールに関する本を読み、休日はイベントや勉強会参加し、日々ビール愛を深めています。最近の楽しみは、ビールを飲みながら国内の工場や醸造所巡り旅行を計画することです。ビール保管庫の購入を真剣に検討中。

人気ランキング

こちらの記事もおすすめ


ページ上部へ