Release 好みを聞いてなくてごめんね!アメリカ輸出専用クラフトビールブランドから“和菓子”な黒ビール

2019/07/03

クラフトビールの本場・アメリカに和の要素で挑戦を続ける、アメリカ輸出専用クラフトビールブランド「SORRY」シリーズから新製品が登場します!


株式会社ヤッホーブルーイング(以下、ヤッホーブルーイング)が、『SORRY SAKURA MOCHI STOUT (ソーリーサクラモチスタウト) 』 を2019年9月よりアメリカへ出荷することを発表しました。日本国内では、 2019年9月上旬頃より公式通販サイト「よなよなの里」にて、 9月19日(木)よりよなよなエール公式ビアレストラン「 YONA YONA BEER WORKS 」各店にて、数量限定で販売されます。

和のクラフトビールをアメリカに発信!「SORRY」シリーズ

SORRY UMAMI IPA ヤッホーブルーイング かつお節 クラフトビール 新発売2016年に発売された『SORRY UMAMI IPA』

ヤッホーブルーイングは、2016年にクラフトビール先進国であるアメリカへの輸出専用ブランド「SORRY」シリーズの販売をスタートしました。

2016年には第1弾として「かつお節」を使用した 『SORRY UMAMI IPA』 、2019年には第 2 弾として「ゆず」と「あら塩」を使用した 『SORRY NIPPON CITRUS ALE』 を発売。「SORRY」シリーズは発売から2年で出荷量を約3倍に伸ばしており、アメリカにおける存在感を強めています。

コンセプトは「和のクラフトビール」。日本独自の素材を使用した個性的な味わいと傾奇者「カブキモノ」をあしらった革新的なパッケージデザインが特徴のブランドです。既存のビアスタイルや消費者の好みに捉われず、自分達がつくりたいビールに挑戦する、という姿勢から「SORRY( 好みを聞いていなくてごめんね!)」という単語を冠しています。

まるで“和菓子”な黒ビール!「桜の葉」を使用


「かつお節」や「ゆず」など、和の素材を使ってユニークなクラフトビールを生み出してきた「SORRY」シリーズ。今回の『SORRY SAKURA MOCHI STOUT』には「桜の葉」を使用!その名の通り、桜餅を思わせる香りと、とろみのある口当たりが特徴的なスタウトです。

スタウト

スタウト

スタウトは、ロンドンのパブで考案されたポーターというビールの改良版。考案者はアイルランドのギネスビール創業者、アーサー・ギネス氏。香ばしいナッツやチョコレート、コーヒーのような香りが特徴の黒系のビール。(『ビール女子キャラクターズ』より)


『SORRY SAKURA MOCHI STOUT』は、ビールを発酵させる際に、塩漬けした桜の葉をビールに漬け込み、ビールに桜の香りを加えています。また、桜の葉と同じ香り成分がある「シナモン」を使用することで、桜の香りを最大限に引き出しています

左から「白玉粉」「桜の葉」「シナモン」

飲んだときに感じるとろみの正体は「白玉粉」と「オーツ麦」。口に含むととろっとした口当たりの中で和菓子のような甘みを感じることができます。

日本でも飲めるチャンスが!

新宿 歌舞伎町 クラフトビール  YONAYONA よなよな ヤッホーブルーイング
2019年9月よりアメリカへの出荷がスタートしますが、日本国内でも飲むことができます。2019年9月上旬頃より公式通販サイト「よなよなの里」にて、9月19日(木)よりよなよなエール公式ビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」各店にて、数量限定で販売を予定しているとのこと。「桜の葉」を使用した個性的なクラフトビールに今回も目が離せません!

『SORRY SAKURA MOCHI STOUT』

  • ◯原材料: 大麦麦芽、ホップ、オーツ麦、大麦、白玉粉、糖類、シナモン、桜の葉
  • ◯ビアスタイル:デザートスタウト
  • ◯アルコール度数:6%
  • ◯賞味期限:製造から5ヶ月

  • ■公式通販サイト「よなよなの里」:https://yonasato.com/ec/
  • ■公式ビアレストラン「YONA YONA BEER WORKS」:http://yonayonabeerworks.com/

【随時更新】発売日がひと目でわかる!新発売ビールカレンダー

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン

ビール女子の編集部アカウント。イベントやリリース情報をご紹介していきます。

関連キーワード

人気ランキング

こちらの記事もおすすめ


ページ上部へ