Event SVBの進化は止まらない!2019年の活動計画&新発売の“みかんビール”が発表に

2019/02/04


東京・代官山にあるスプリングバレーブルワリー東京において、2019年の活動計画&新商品の発表会がおこなわれました。

クラフトビール スプリングバレーブルワリー東京 2019年計画発表 磯崎さんちの小田原みかん 新発売 磯崎功典 島村宏子
クラフトビールの人気が拡大した2018年を振り返りつつ、これからのスプリングバレーブルワリー(以下、SVB)がどのような方向に進んでいくのかが発表されました。

「既存のスタイルにとらわれず、新しいビールの楽しみ方を発信したい」というのが2019年の大まかな方針。ビール好きならチェックすべき、SVBとクラフトビールのこれからをみてみましょう。

2018年を振り返り!クラフトビール業界はどう変わった?

クラフトビールを知っている グラフ キリン調べ
市場傾向としては、クラフトビールの認知度が88%まで拡大。とくに若い女性に広く知られるようになりました。

クラフトビールWEB記事件数 グラフ キリン調べ
また、WEBの記事は年を追うごとに増えており、3年前の2015年と比べると約2倍に! 数字をみると具体的な変化がよくわかりますね。

クラフトブルワリー数 グラフ 日本ビアジャーナリスト協会調べ
さらに注目したいのはクラフトビール市場の“担い手”の数。クラフトブルワリーの数も、ここ数年で増加しています。
全国各地でブルワリーが続々登場。地域活性の担い手として、地元を盛り上げています。

獣になれない私たち クラフトビール まとめ けもなれ
忘れてはいけないのが、クラフトビールを舞台にしたドラマや漫画の登場です。ドラマ『獣になれない私たち』では、さまざまなクラフトビールが登場しました。
■関連記事:【1万字解説】水10ドラマ「けもなれ」登場ビールを総まとめ!

琥珀の夢で酔いましょう クラフトビール 漫画
また、『琥珀の夢で酔いましょう』という漫画もクラフトビールをテーマにしていることで話題になりましたよね!
■関連記事:ビールうんざり女子、クラフトビールに出会う。注目の漫画が連載スタート!

振り返ってみると、2018年はクラフトビール業界が大きな進化をとげた1年でした。

2019年のSVBはこうなる!

多様性・社会性・地域を体現するクラフトビール市場は、引き続き成長する見通しであるというのがSVBの見解。

・国内各地と連携したビールづくり
・日本産ホップのブランド化
・京都産原料100%ビールプロジェクト
・クラフトブルワリーならではの新しい飲用スタイルの提案

以上が、今回発表されたSVBの取り組みです。
「SOCIAL BREWERY」をテーマに、ものづくりを通して人と人をつなぎ、社会を少しずつ良くするきっかけとなる「場」をつくるブルワリーを目指します。

クラフトビール スプリングバレーブルワリー東京 2019年計画発表 ペアリング
このほかにも、タップマルシェ導入を7,000店(2018年末時点)から13,000店まで増やす予定とのこと。
ワインの赤白を選ぶように、多様なクラフトビールの世界をわかりやすく分類することで料理に合わせた提案をします。「とりあえずビール!」にとどまらないビール体験がもっと増えるかもしれませんね。

新発売のビールは“磯崎さんち”のみかんを使用した酸っぱいビール!

ちょうど発表会がおこなわれた1月30日(水)から、SVBの新しいビールが発売になりました! その名も『磯崎さんちの小田原みかん~サワーバージョン~』。太陽をたっぷり浴びた温州みかんを贅沢に使用したビールです。

クラフトビール スプリングバレーブルワリー東京 2019年計画発表 磯崎さんちの小田原みかん 新発売 磯崎功典
「磯崎さんって誰?」と思ったそこのアナタ。“磯崎さん”というのは、キリンホールディングス代表取締役社長・磯崎功典さんのことです。

クラフトビール スプリングバレーブルワリー東京 2019年計画発表 磯崎さんちの小田原みかん 新発売 磯崎功典
小田原にある磯崎さんの畑で採れたみかんを使用したビールは今年で4年目。昨年よりみかんの使用量を約3割増やし、新たにゆずの果肉を使用することで程よい酸味が感じられる味わいに仕上がりました。
ジューシーなみかんの味わいと、柑橘ならではの酸っぱさが両方楽しめるビール! SVBで提供されているグリル料理とも相性が良さそうです。

磯崎さんちの小田原みかん~サワーバージョン~

  • 〇発売日:2019年1月30日(水)
  • 〇アルコール度数:5.0%
  • 〇原材料:麦芽(小麦麦芽・大麦麦芽)、ホップ、みかん、ゆず、コリアンダーシード
  • 〇取扱店舗:SVB東京
  • 〇醸造所:SVB東京

今年もSVBとクラフトビール業界から目が離せない

2019年に入り、そろそろ平成も終わろうとしています。そんな中でクラフトビールがもつ多様性は、これからも多くの人を虜にするはずです。

クラフトビール スプリングバレーブルワリー東京 2019年計画発表 磯崎さんちの小田原みかん
今年も、SVBは新しいビール文化の創造とチャレンジを見せてくれるでしょう。クラフトビールを飲むのはもちろんのこと、業界の動向もあわせてチェックしてみると、さらにビールが楽しくなるかもしれません。

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン
ヨシダイト ライター

激辛グルメとビールがあればそれでOK!やんちゃな猫の相棒(ベンガル)と一緒に暮らすフリーライター。元バンドマンでありベーシスト。趣味はカメラとゲーム。夢の国にもよく出没します。

人気ランキング

こちらの記事もおすすめ


ページ上部へ