マルコメとビール女子Kitchenがコラボ! 先日、マルコメ「ダイズラボ 大豆のお肉」を使ったおつまみ料理教室『園原ゆかりさんのおいしい大豆レシピ料理教室<第1弾>和風バル 』が開催されました。作って飲んで交流して、終始笑いの絶えなかったイベントの様子をリポートいたします!

今回の料理教室では、ソイフードマイスターとしても活躍するモデルの園原ゆかりさんを講師に招き、ビールと相性抜群の大豆おつまみを教えていただきました。

<園原ゆかりさん>

慶應大学在学中から雑誌「JJ」専属モデル、その後雑誌「CLASSY」「style」などを経て現在は雑誌「VERY」や広告などで活躍しています。カナダにて語学留学経験があり、英語が堪能。愛犬家。「ソイフードマイスター」として、マルコメで「園原ゆかりさんのおいしい大豆レシピ」を公開中。
■オフィシャルサイト:http://yukari-sonohara.com/
■オフィシャルブログ:http://ameblo.jp/yukari-sonohara/
■オフィシャルInstagram:http://www.instagram.com/yucari0108/

 

お手軽ヘルシー!ソイフードを使った簡単おつまみ

料理教室では、お肉の代わりとしてそのまま使えるマルコメ「ダイズラボ 大豆のお肉」や「プラス糀 無添加 糀美人」「料亭の味 梅かつお」などのマルコメのソイフード商品を使い、ビールに合うヘルシーなおつまみ3品を作りました。

ダイズラボ 大豆のお肉」は、大豆の油分を搾油し加熱・加圧・乾燥させて作った原料に、使いやすいように下味をつけたものです。お肉の代わりとして手軽に使用できるのが嬉しいポイント。

「ダイズラボ 大豆のお肉」はレトルトタイプなのでわざわざお湯で戻す必要がありません。簡単調理でお肉と間違えるほどの食感を楽しむことができます。「え、これだけでいいの?」「本当にお肉みたい…!」と実際に使用することで、みなさんその手軽さに驚いていました。

 

ビール好きの仲間とおつまみ作り♪

料理教室では、みんなで手分けして3品の大豆おつまみを作っていきます。初対面の方同士でも、料理教室を通じてすぐに距離が縮まっていたようでした。

また、今回のイベントは園原さんから料理のコツやポイントを直接教えてもらえる貴重な機会とあって、アドバイスをもらいながら和気あいあいと料理を楽しんでいました。料理の完成が近づくと「早くビール飲みたくなってきた〜!」という声も聞こえてきました。

料理を始めてからわずか30分、続々と机の上に完成したおつまみ料理が並べられていきます。「みなさん手際が良くてあっという間にできましたね!」と園原さん。教室いっぱいに広がる美味しそうな香りがビール女子たちの空腹を誘います。

 

いざ実食! グランドキリンとの相性は?

さて、お待ちかねの実食タイム。園原さんの声に合わせて元気良く「カンパーイ!」。会場にはこの日一番の笑顔が広がりました。

このイベントの協賛として提供されたビールは、ソイフード料理にもぴったりのグランドキリン。通年商品として3月末に発売された『グランドキリン JPL(ジャパン・ペールラガー)』と『グランドキリン IPA(インディア・ペールエール)』は、醸造家の遊び心とこだわりが詰まったビールです。

グランドキリン独自の「ディップホップ製法」により引き出された個性あふれる香りと飲みやすい味わいが、料理の美味しさをぐっと引き立てます。引き締まった苦味と心地よい飲みごたえは、もちろん大豆おつまみとも相性抜群。みなさん2種類のグランドキリンの飲み比べと、大豆おつまみとのペアリングを楽しんでいました。

ビール片手に自分たちで作ったおつまみをつまみながら、「ん〜美味しい!」とビール女子たちに思わず笑顔がこぼれます。

「本当にお肉のような食感。ビールが止まらないです(笑)」「しっかりとした味わいなのにヘルシーだから気にせずパクパクと食べられる」などなど、みなさん大豆おつまみとビールのペアリングに大満足の様子。女子トークに花を咲かせながらペロリと平らげていました。

 

ということで、今回大盛況で幕を閉じた『園原ゆかりさんのおいしい大豆レシピ料理教室<第1弾>和風バル 』。お越しいただいたみなさんありがとうございました! 当日つくった料理のレシピはこちらの特設ページからチェックしてみてくださいね。

 

ビール女子会員限定!『マルコメ  大豆のお肉』が当たる

下記の専用フォームご応募いただいた方の中から、『マルコメ 大豆のお肉』レトルトタイプ(ミンチ、フィレ、ブロック)の3点セットを、抽選で15名様にプレゼントします。たくさんのご応募、お待ちしております!(※応募締め切り:5月31日(水)まで)

 

キャンペーンに応募する!