Event 京都発!地ビールをふらっと楽しむ「BEER FLAT」に行ってきた

2017/12/10

BEERFLAT「もっと地ビールを身近に感じてもらいたい!」地ビールをふらっと気軽に楽しめるイベント「BEER FLAT」が2017年11月18日・19日の2日間、京都の四条大宮で初開催されました。そのイベントの様子をお届けします。


京都市内におけるハブ的拠点「四条大宮」

BEERFLAT2

開催場所は11月の紅葉シーズン真っ只中の京都四条大宮。阪急電車・京福電鉄・京都市バスという主要交通網の中で、京都市内におけるハブ的拠点でもある場所です。

会場周辺には、観光で訪れるお客さまや地元の人たちがふらっと立ち寄れるように、地ビールを通じて音楽ライブやフードを満喫しながら、小規模開催ならではのフェスの楽しみ方が満載で、会場全体の一体感が共有できるような工夫がたくさんありました。


厳選された4件のブルワリー

地ビールブースには、今回の初開催に向けて選ばれた個性豊かな4軒のお店が参加しました。

BEERFLAT3ブルワリー紹介


1. ジグザグブルワリー

兵庫県丹波篠山にある「ジグザグブルワリー」さんは2012年より醸造を開始。「ビールで始まり、ビールで終わる」という、地ビールならでは楽しみ方を提唱し、定番にはペールエール、ベルジャンドリーム、黒豆IPAなどがあります。

BEERFLAT4

BEERFLAT5


2. MARCA(マルカ)

大阪市西区にある、開業2年目の「MARCA(マルカ)」。車メーカーでカーデザインをしていた経歴もあるオーナーのもと、製造業という視点から作られたビールはタンクもオリジナル。ホワイトIPAやコーヒーアンバーなどの定番ラインナップに季節の限定ビールが加わります。

BEERFLAT6

MARCAさんのホワイトIPAとコーヒーアンバー。スッキリした味わいのIPAとコーヒーの香りがふわっと香る黒ビールはソウルフルなライブとの相性も抜群!

BEERFLAT7


3. 一乗寺ブリュワリー

地元京都からは左京区「一乗寺ブリュワリー」さんが出店。精神科医でもあるオーナーが、早くもクラフトビールのブーム到来を予期していたことから始まったこちらのブルワリーは、地産地消を意識し、京都で採れた梅・柚・夏みかんなどを原料にビールをつくることも。驚きのある、高品質なビールづくりを目指すブルワリーです。

プロデュースするビアパブ「ICHI-YA」さん(京都市中京区御幸町)では飲み比べセットも楽しめます。

BEERFLAT8


4. RISE & WIN Brewing Co.

徳島からは、ゴミゼロを目指す「ゼロウェイスト」宣言した国内最初の地域でも有名な上勝町から「RISE & WIN Brewing Co.(ライズ&ウィンブルワリー)」が出店。ビール造りを通じて、上勝町が取り組む活動をもっと知ってほしいという思いから、ブルワリーにはゴミを出さないための工夫をちりばめたビールを生み出されています。

BEERFLAT9

イベント時には既にすべてのビールが売り切れていたほどの人気っぷり。その味を確かめたい方は、上勝町の緑あふれる山々をゆっくりと楽しみながら訪れてみるのもおすすめです。


地元店のフードも充実

フードのブースにはクラフトビールにぴったり合う多彩なフードがずらり。

BEERFLAT10

開催場所でもある四条大宮でお馴染みのお店を中心にたくさん出店されていて、地元を盛り上げようと、会場全体が熱気と美味しさに包まれていました。

BEERFLAT12


こだわりのあるクラフトマーケット

会場内にはクラフトビールにちなんでクラフトマーケットも開催。この日の為に用意されたこだわりのアイテムたちがビール片手にふらっと立ち寄るお客さんたちの目を奪います。

BEERFLAT13

こちらは大原の有機農家さん「音吹畑(おとふくばたけ」さんの採れたて野菜。大根だけでも数種類あり、中には黒大根などの珍しいものも。

BEERFLAT14

「大原の土地で育った冬の野菜は凍らないように自ら水分を糖分に変えて身を守るから甘いんです」とオーナーさん。寒い時期にはポトフなどの温かい料理にもおすすめとのことです。

BEERFLAT15

ハンドメイドもすべてが一点もののこだわりのある逸品。

BEERFLAT16

革製品もすべて手作り。

BEERFLAT17

古書店でお気に入りの一冊を探したり。

BEERFLAT18

海外でも大人気のサボテン多肉植物も販売されてました。


音楽とビールの最高のコラボレーション

BEERFLAT19

会場の中央に設置されたステージには会場内全てで音楽が楽しめるように一日中ライブも開催されていました。躍動感あふれるリズムがビールを流し込む喉に共鳴して、心地よい時間を過ごすことができます。

BEERFLAT20

軽快なミュージックに合わせてステージで踊り始める子供たち。スタッフさんが手を取りリードをとる微笑ましい場面もありました。


「大人だけではなく、一緒に来てくださる子供たちも楽しめるイベントにしたかったんです」

と、BEERFLATの実行委員の一人の山岡さんは、ご自身も小さなお子さんを連れてこられていて、会場内にはたくさんの親子連れのお客さんも皆さんそれぞれのスタイルで楽しんでおられました。クラフトビールを通じて、ビールから繋がるたくさんのモノや人が一体となって楽しめるイベント。これから京都がクラフトビールの街となってさらに賑やかになる予感がします。


BEERFLAT
(2017.11.18~19)

○日時:2017年11月18日(土)、19日(日)11:00~18:00(※クラフトマーケットは17:00まで)
○場所:四条大宮駅前ロータリー
○Facebook:https://www.facebook.com/beerflatfes/


\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン
みへん ライター

京都生まれの京都育ち、ときどきジャズシンガー。ライブ前には必ずビールを体に流し入れてから歌い始めるのがマイスタイル。最近はクラフトビールにはまり、京都をクラフトビールの街に変身させるべく活動中。京都検定2級所持。

新着記事

この記事もおすすめ