株式会社ヤッホーブルーイングから新ブランド誕生!「軽井沢ビール クラフトザウルス」が軽井沢エリア限定で2種同時発売されます。軽井沢エリア限定製品としては20年ぶりの新ブランドとして、2017年7月4日(火)よりスーパー、小売店を中心に展開されます。

 

軽井沢を日本一のクラフトビールの街へ

1997年の創業以来、地元軽井沢で愛されるビールを目指して、親しみやすい味わいの「軽井沢高原ビール」を販売してきたヤッホーブルーイング。

「地元軽井沢を日本で一番クラフトビールが盛んな街にしたい」という想いから、今回の「クラフトザウルス」が誕生しました。ビール市場の縮小が進む現在を”ビール氷河期” に例え、そこに新たに誕生した新ブランドを「クラフトザウルス」という架空の生物で表現したんだとか。ヤッホーブルーイングらしいユニークな発想ですね。

 

衝撃の香り!看板商品はペールエール

第一弾として発売されるのは「ペールエール」と「ヴィンテージエール」というスタイル(種類)のビールです。

迫力あるイラストが目印の「軽井沢ビール クラフトザウルス ペールエール(缶)」は、「軽井沢ビール クラフトザウルス」の看板商品として発売されます。

グレープフルーツを思わせるホップの香りが、天地を突き抜けるような衝撃を与えます。爽やかな苦みとモルトの甘みがバランスよく、上品でありながら先進的な印象を持つ新しい「ペールエール」です。

 

熟成させて楽しむヴィンテージビール

続いて「軽井沢ビール クラフトザウルス ヴィンテージエール(瓶)」は、 通常一か月程度で完成するビールを、6ヶ月から数年間熟成させたヴィンテージビール。

熟したレーズンを思わせる豊かな熟成香と、10%前後のアルコールの高さが特徴。毎年異なるレシピで醸造するため、製造年ごとの限定生産製品に仕上がります。

 

この2種類を皮切りに、今後も「軽井沢ビール クラフトザウルス」として軽井沢を盛り上げるためのラインナップを順次投入する予定とのこと。これから軽井沢のクラフトビールシーンがさらなる盛り上がりを見せそうです。

 

「軽井沢ビール クラフトザウルス ペールエール(缶)」
◯ビアスタイル:ペールエール
◯ 原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール度数:5.5%
◯容量:350ml(缶)
◯価格 :¥288(税込)

「軽井沢ビール クラフトザウルス ヴィンテージエール(瓶)」
◯ビアスタイル:バーレイワイン
◯原材料:麦芽、ホップ
◯アルコール度数:10%(2015仕込み)、9.5%(2016仕込み)
◯容量:375ml 瓶 ※要冷蔵
◯価格:¥1,383(税込)