Release 【今年で16年目】とれたてホップをギュギュっと!「一番搾り とれたてホップ生ビール」数量限定発売

2019/08/13


ビールといえばホップ!ホップといえばビール!ということで、今年もやってきました! キリンビール株式会社より『一番搾り とれたてホップ生ビール』が、2019年10月29日(火)より全国で数量限定発売されます。

ホップの美味しさをギュギュっと詰め込んだ製法

photo-05
「ビールの魂」とも言われるホップは、ビールに香りや苦味を与えてくれるもの。

通常はホップを収穫後、品質を保つため乾燥させて使用するのが一般的ですが、「一番搾り とれたてホップ生ビール」は、収穫後24時間以内の水分が含まれたとれたてホップを生のまま急速凍結。

その後、細かく砕いて使用する特殊技術を用いているため、とれたてのホップのみずみずしさを生かしたビールに仕上がっており、フローラルな香りを楽しむことができます。

13615044_1342539192429724_5180303357813935644_n
ホップの産地は国内最大級のホップ産地であるビールの里・岩手県遠野市

日本で良質なホップが栽培されているからこそ可能な、世界でも例を見ないホップの使い方によって、とれたてのホップの香りを楽しむことができます。

一緒に食べたいおつまみは?

酒盗 マヨネーズ やげん軟骨 おつまみ
やげん軟骨の酒盗マヨネーズ和え

酒盗をマヨネーズと合わせればマイルドで旨味のあるさっぱりだれになります。コリコリとした食感がやみつきになるやげん軟骨と和えたら、ビールに合う簡単おつまみの出来上がり! この酒盗マヨネーズ、その他にもスティック野菜やジャガバタなどにもぴったり合いますよ。是非お試しください。(作り方はこちら

一緒に聴きたい音楽は?

Ghost like girlfriend “煙と唾”

ポップで異世界にいけてしまいそうな曲。こだわり抜かれた「一番搾り とれたてホップ生ビール」と一緒に世界観に浸りたい。

とれたてホップの美味しさ



キリンビール株式会社は、1919年に日本産ホップの試験栽培を始めて今年で100年目を迎えます。

岩手県遠野市をはじめとした東北のホップ農家との半世紀以上にわたる契約栽培の歴史を経て、現在では日本産ホップの約7割を購入しているキリンビール。

日本産ホップの生産量が年々減少する中、良質な日本産ホップの産地を守るため、遠野市と生産者、地域と連携し、ホップ農家への支援や、日本産ホップの魅力を活用した地域活性化に取り組んでいます。

ホップにこだわってつくる「一番搾り とれたてホップ生ビール」。とれたてのホップのおいしさと、調和のとれた飲みやすい味わは、日本で育てられたホップならではなのかもしれません。

松村 七海

「ホップ」のうま味を感じながらビールを飲む機会ってなかなかないと思うんですけど、この機会に今一度ビール好きとして、ホップの美味しさを感じたいと思います♪


『一番搾り とれたてホップ生ビール』

  • 〇発売日:2019年10月29日(火)
  • 〇アルコール度数:5%
  • 〇販売地域:全国
  • 〇容量/容器:350ml缶、500ml缶、中びん、大びん、7L樽、15L樽
  • ※東北地区(青森県、秋田県、岩手県、山形県、宮城県、福島県)限定で、7L樽、15L樽を販売予定


\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン
松村七海 ライター

ビールと音楽があれば頑張れるビデオグラファー。映画もゲームもテレビも旅行も野外イベントも、楽しいことが趣味。そして猫をこよなく愛する。

関連キーワード

人気ランキング

こちらの記事もおすすめ


ページ上部へ