Event 【Skål!!ノルウェー❄】ノルウェーの価格の1/3??隣国スウェーデンのビール事情とは?

2014/09/24

日本のビール女子のみなさま〜、お元気にされていますでしょうか?今年の夏は、美味しいビールをたくさん楽しめましたでしょうか〜?


そんなこんなで、もう秋ですね!こちらでも、青々としていた木々が黄色く色づき始め、秋の気配を感じられるようになりました。今年のノルウェーの夏は、異常な暑さ(30度を超え!)と少ない雨期に恵まれノルウェーってこんなに暑くなるんだ〜と一人関心しながら、キンキンに冷えたビールを片手に夏を楽しんでいましたw

さて、前回のお話で、ビールはこんなにも高いですーー(涙) といった私の心の叫びを聞いていただいたかとは思いますが、お隣の国、スウェーデンではどのような実態になっているのでしょうか。。。今回は先月訪れたスウェーデンの首都ストックホルムのレポートです。


ということで、行ってきました!ストックホルム!


ノルウェーのオスロからはバスや電車が出ていたり、飛行機では1時間ほどの飛行時間で行けちゃうんです。

 

ノルウェーの物価が高いという事でお隣のスウェーデン国境付近には、大きなショッピングセンターがたくさんのノルウェー人たちを安心価格で出迎えてくれますw 専用のバスが出ていたり、レンターカーをしてスウェーデンまで渡り、たくさんの食料品や日曜品などを購入してノルウェーに戻るといった事も日常ではよくある話です。(レンタカーを借りても元は採算が取れるという。。)


 

[caption id="attachment_9692" align="alignleft" width="199"] 左 Pripps Blå プリッブス・ブロー
 右 Mariestad マリエスタッド
[/caption]

 

 

さて、スウェーデンのストックホルムですが、北欧での最多の人口を誇る町で歴史的な建物が立ち並ぶ中、素敵なカフェやバーが建ち並んでいたりとこれぞ北欧!といった雰囲気な町でした。

 

もちろん、ビールの美味しいところは探していったつもりではありますが、元のビール好きが集まりそうなところはないかな〜と、とりあえず一杯目でどこのレストランでも見るMariestad  マリエスタッドを頂きました。さっぱりとしていて、わずかに後味苦みがかすかに感じられ、日本のビールに近い味わいでした。

 

[caption id="attachment_9689" align="alignright" width="199"]スウェーデンビール 29スウエーデンクローネに驚いた一杯!After work =日本で言うハッピーアワー15時から17時まで[/caption]

 

 

 

 

日本で言う、とりあえずのお店にはアサヒ又はキリンは置いてある。と言った感じでどこでも飲めました。気になるのがお値段、、、恐る恐る注文をして見ると、、

いやー、本当に感動でした! 生一杯〜!29スウエーデンクローネ=約440円!!もちろん、消費税25%込みでした。ノルウェーの普通のビールの約3分の1のお値段ではありませんか

後で気がついたのですが、After work という時間帯で、日本で言うハッピーアワーでした(笑)


表立った観光スポットにある路面カフェなどでは、同じビールで2倍ほどの値段はしていました。約60〜90クローネ=約800〜1200円くらいでしょうか。結局、ノルウェーよりちょっと安いくらいですかね。


 

まったりと元ビールを味わっていると嬉しそうな雰囲気が伝わったのか、そこのお店にいた元の方に話しかけられ、熱くビールについて語ると元のビール好きが集まる場所がある!という事で紹介してもらったマイクロブリュワリー兼バー&レストランに行ってみることにしました!

 

>次のページでは地元の方にご紹介いただいたマイクロブリュワリー兼バー&レストランの様子をどうぞ♪


 

地元ストックホルムの方の行きつけ!マイクロブリュワリー兼バー&レストランからレポート


ストックホルムのローカルから、熱くビールについて語ると元のビール好きが集まる場所がある!という事で紹介してもらったマイクロブリュワリー兼バー&レストランAkkurat (アクラット)へ!!

 

スウェーデン バー

 

その日は、元バンドのショーがあるということでだいぶお店はにぎわっていましたが、カウンターを陣取っていたのはもちろん常連さんたち。そのうちの、お一人にお店創業以来ここに毎日通っているという方に色々とこのバーについてお話を聞く事ができました!

まず、ムール貝、シーフードがこの近海で採れた新鮮なものを使用していて、半端なく美味しいし、ビールで蒸したムール貝をビールで頂くコースが一番おすすめ。

そして、ビールの種類がストックホルムで一番多いんだとか。

アクラット 

本日の生!ボード 本当にいろんな種類のビールがありました!

[caption id="attachment_9715" align="alignright" width="199"]ビンテージビール ビンテージビールリスト!!なかなかいいお値段しますよね。。[/caption]

確かに、見渡すかぎり本日の生!がズラーーーとあるではありませんか!!また、壁に大きく掲げられた[本日の生!ボード]にもブリュワリー名やスタイルやアルコール度数などが細かく表示されていました。

 

そして、話が弾むうちに常連さんから教えてもらった裏技!というか、通常メニューにはないビールのビンテージメニューなども見せてもらいました!

下室に温度管理のされた特別な場所があり、残念ながらそこには立ち入ることは出来ませんでしたが(←お値段的に購入する予定もないのに結構図々しい私w)

そこには、約500種類程のトラピスト、ドライランビック、クリスマスビールなどの熟成させればさせる程強力な味わいが出されるといったビールの種類がずらりとあり、オーナーさん、バイヤーさんたちが20年余りの時間を費やして収集されきた宝物=ビンテージビール達でした。

 

 

 

 

[caption id="attachment_9693" align="alignleft" width="199"]スウェーデンビール 季節限定のフレッシュなスイカとキュウリで作ったビール!お味は、、、う〜ん、別々に食べてビール飲んだ方が良かったかも、、ですw。[/caption]

ここでは、ネットの販売やそのボトルを買って帰るといった事は、スウェーデンの法律禁じられており、購入後もその敷内で消費しなければならないそうです。


また、9月29日〜10月1日、10月6日〜8日の間に

ストックホルム・ビール&ウイスキー・フェスティバルが行われるそうで、これはヨーロッパ最大で、ウイスキーの祭典としては世界最大だそうです!

秋のビール旅行を考えられている方、スウェーデンへちょこっと足を運ばれてはいかがでしょうか?(回し者ではありませんっw)


ビール好きでわざわざ日本からここに来ました!とビール女子読者様のような皆様が、お店の方か、カウンターに座っている常連さんにお話をすると親切に色々と教えてくれる事間違いなしだと思います!

(そんな私もお店の雰囲気といい、なんとも親切な元の方々と飲むことでだいぶ私もいい気分になっていましたw)

 

 

はっ!ノルウェーに住んでいながら、ノルウェーのブリュワリーをまだ紹介していないなんて、、、!!


スウェーデン行ったついでにノルウェーにもぜひ!!


 

次はオスロにある、流行のヒップスターが集まる(見た目はヒゲ+ハンチング+黒ぶち眼鏡)なバー&レストランをご紹介していきたいと思います!もうそろそろ、ビール好きにはたまらないオクトーバーフェスの時期がやってきますね!日本では時期問わずやっているかもしれませんが(笑)

 

今日も皆様にとって素敵なビールと出会える日でありますように☆

 

ライターの紹介

アイコン

ビール女子の編集部アカウント。イベントやリリース情報をご紹介していきます。

新着記事

今週の人気ランキング

もっと見る

SNSソーシャルアカウント

フォローしてね

ビール女子