Event ビールの科学と文化を学ぶ「コエドビール学校」2018年2月開校

2018/02/07

日本を代表するクラフトブルワリーの一つ、埼玉県川越市のコエドブルワリーが、2018年2月24日(土)から「COEDOクラフトビール醸造所」見学ツアーを開催することを発表しました。ビールの科学と文化を学ぶ、まさに "ビールの学校" です。




コンセプトは「学校」。ビールを丸ごと体感!

100年後も醸造を続けることができる環境づくりのため、昭和50年代に建てられ企業の研修所だった建築をリノベーションして、2016年9月1日、東松山に新たに拠点を置いた「COEDOクラフトビール醸造所」。



2018年2月から「COEDOクラフトビール醸造所」見学ツアーを開催することを発表しました。コンセプトは「学校」。コエドブルワリー代表の朝霧重治さんが1日校長を務め、ビール工場を案内します。



ツアーでは、麦、ホップ、酵母などの素材から、発酵、ろ過、充填にいたるビールづくりを、科学的、文化的要素とともに紐解き、レクチャーしてくれるとのこと。醸造を丸ごと覗くツアーを体験した後には、ビールの試飲を楽しめます。さらに、最後には「学校」ならではの小テストも実施。ビールの魅力を見て学んで体感して、まさに "ビールの学校" です。


コエドビール 持ち寄りパーティー テーブルコーディネート


さらに醸造所の直売所では、おみやげのビールが販売されます。駅近辺で東松山名物の「やきとり」をいただきながら、復習して帰るのも乙ですね。ツアーの定員は20名。ご予約はお早めに!


編集部一言コメント

2016年の冬に新しい醸造所を訪れる機会がありましたが、広大な土地とそこに建つ立派な建築に圧巻。施設内ではビールの醸造の様子をたっぷりと覗くことができました。クラフトビールを丸ごと体感できる「コエドビール学校」、入校してみる価値大アリです!

「COEDOクラフトビール醸造所」見学ツアー

◯開催日:2018年2月24日(土)、3月10日(土)、3月24日(土)

 それ以降は順次ウェブサイトで案内されます。

◯定員:20名/回

◯参加費:1800円/1名(税込)

◯予約:https://coedobrewery.peatix.com/
◯時間割
 13:30 受付開始
 14:00 講義開始(醸造所見学含め、1時間20分)
 15:20 試飲(40分)
 16:00 終了、下校
◯アクセス

 「COEDOクラフトビール醸造所」

最寄りコミュニティバス停留所「網張戸」
往路 東松山駅東口13:15発~網張戸13:34着 復路 網張戸16:30発~東松山駅東口16:59着をご利用いただくか、タクシーにて登下校ください。
※プログラムは予告なく変更する場合がございます。予めご了承ください。


<2018年全国ビールイベント一覧カレンダー>

\楽しいビール情報が届く/

LINE@

ライターの紹介

アイコン

93年三重県生まれのビアソムリエ。大学ではビールの嗜好とマッチョカルチャー(男性的概念)の因果関係について研究。ビール女子編集長として、ビールの多様性を世の女性に伝えるべく日々活動しています。

関連キーワード

人気ランキング

こちらの記事もおすすめ